« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月31日

雨期なのね

日曜日から三日連続で雷雨。しかも同じようなパターンで雨が降る。昼間は晴れているのだが、夕方になると黒い雲がどこからか出てきて空を覆う。ぼーっとしていると一気に雨が降ってくる。バケツをひっくり返したような雨とはまさにこのこと。雷も激しく鳴っている。子どもの頃、光ってから音が鳴るまでの時間を数えて雷が鳴った地点までの距離を計算したもんだが、バンコクでは次から次へと光るので、どの音がどの光に対応しているのかわからない。衛星放送は"Low signal"と悲鳴を上げ、そのうち映らなくなる。この雨は10時ぐらいにはやむのかなぁ。それまで、みんな、雨宿り。

きっと、明日も明後日もにたような天気なんだろうなぁ。これが雨期なんだ。タイの雨期の始まりは初めての経験。でも、乾期が待ち遠しい。

投稿者 tsuchy : 18:54 | コメント (7) | トラックバック

2005年05月30日

停電、再び

昨晩のことである。夜20時頃仕事をしてたら急にバツンという音と共に停電になった。まじかよ!と思いつつ、自分が料金を支払ったかどうかを思い出す。今回はまじめに払ってたことを再確認。懐中電灯など用意していないので、携帯電話とノートコンピュータの液晶ディスプレイの明かりをもとに足下を確認しつつ外に出てみると、停電時の非常灯がついてた。今回ばかりは建物全体の停電だったようだ。原因は雷雨。激しい雨と雷で停電になってしまったようだ。あと少しで晩ご飯を作ろうと思っていたところの停電。ガスコンロがないうちではご飯を食べることすらできなくなった。

待つこと30分。何ができるわけでもない。マンション住人が手持ちぶさた状態で通路に出てくる。エアコンも効かない。常夏のバンコクでエアコンが効かないのは非常に辛い。みんなドアと窓を開けて風邪を遠そうとする。しかし、雷雨だからか、風がそんなに吹いてくるわけでもない。

自炊するのをあきらめかけて外に出ようと着替えた矢先に復旧。慌てて自炊する前に洗い物からはじめてしまった。さぁ、最後、フライパンを洗うぞ~、終わったら料理だ~と思ってたところで再び停電。もう、おとなしくそのまま外食することにした。外食、できるだけゆっくり食べてみた。戻って復旧していなかったら嫌だからね。

しかし、願いかなわず、まだ復旧していなかった。この時点で10時ぐらいだっただろうか。もう電気はしばらく通らないだろうなぁと覚悟を決め、寝ることにした。その分、朝早く起きて仕事すりゃいいやと思ったからだ。

ベッドに横たわって、ふと気がついた。先の電気代支払い忘れ停電の時の惨事を。冷凍庫では全ての物が解け、冷蔵庫も悲惨なことになっていた。早く電気が戻りますようにと願いつつ、とりあえずアイスクリームだけは食べることにした。セコっ。

朝3時に目を覚ましたときには無事に電気が復旧しておりました。よかった。よかった。しかし、これからの雨期。こういうことは多々あるんだろうか。とりあえず懐中電灯、買っておかなきゃ。

投稿者 tsuchy : 22:20 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月29日

カード不正利用

日曜日の朝、少しゆっくり目に起きたんだけど、とんでもない情報にいっきに目が覚めた。どうやら僕のカードが不正利用されているらしい。5月28日にカナダで買い物をされてますか?って、してるわけがない(笑)犯罪者の行動は、まずパン屋でパンを買ったんだそうな。400円分ぐらい。その後、パソコン系の買い物を3回ぐらい。計15万円ぐらいの品物を買ったようです。おーのー。まさか自分の身にカードの不正利用が降りかかるだなんて!対岸の火事だと思ってたのに、足下が燃えてるなんて!!おそらく犯罪者はパン屋でカードが使えることを確認したんだろうなぁ…。その後、15万円分のパソコングッズの買い物。なんだか、僕の行動を予想しているかのようだ。カナダに旅行して、パン屋でパンを買う。カードで支払う。あり得る話だ。その後、パソコンショップで買い物。あり得る話だ。それなのに、カード会社は、「おや、おかしいかも?」って思うとはすごい話。昔、日本のテレビ番組でその辺の事情を特集して報道していたが、確かにすごかった。うん。

新しいカードは7日~10日ぐらいで到着するようです。当然、カードの番号も変更されるし、ANAのお客様番号も変わる。カードを利用しての自動引き落としは、カード会社で手続きをしてくれるんだそうな。助かった。あ、So-netだけはNGみたい。これは自分でやらなきゃいけないようだ。あと、僕が持っているANAカードにはEdy機能が内蔵されているんだけど、これ、使い切ってからカードを送り返してくださいだって(笑)こういうことがあるとなるとEdyをクレジットカードに内蔵するのは考え物だなぁ。

投稿者 tsuchy : 10:52 | コメント (10) | トラックバック

2005年05月28日

卒業式

昨日の夜の出来事(GoGoバー)が強烈すぎて、本来書こうと思っていた卒業式の話が書けなかった。5月27日はAITの卒業式の日であった。AITは一般的なタイの大学と違うので、これがタイのスタンダードってことはないと思うんだけど、アジアの大学は似たり寄ったり、同じようなものなのかもしれない。ミャンマーで見た卒業式もにたような感じだった。卒業生はみんなガウンを着るのだ。帽子は四角い板がのっているようないわゆる博士帽子みたいなやつ。それを着てみんな式に出席する。あれ、これってアメリカ式なのか?ヨーロッパの大学の卒業式ってどうなっているんだろう。

式はつつがなく終わったようで(僕は仕事してて出席してない)、式を終えた学生がキャンパス内で写真撮影しあってる。両手に花束をいっぱい抱えてる。いずれにしても、こういう式はいいよね。うん。博士課程に進学するもの、他大学に進学するもの、国に戻って大学に勤めなきゃいけないもの、様々あるけども、みんなそれぞれの分野で頑張って欲しいものです。

投稿者 tsuchy : 23:16 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月27日

GoGoデビュー

兄貴分の荒井さんの紹介にて、伯楽という和食屋さんに連れていってもらったのは、もう半年以上前のことだろうか。その伯楽の親父さんから、飲み会をするから飲みにおいでよと誘われていた。親父さんの友達がタイに来ているから、みんなでワイワイと楽しむらしい。というわけで、ご一緒させてもらうことに。メニューにあるんだろうかないんだろうか良くわからないけど、鳥鍋をご馳走になりました~。美味しかった~。ゆず胡椒で鍋をいただいたんだけど、これがまた美味しい。ビールに始まり、焼酎に進み、美味しいご飯と楽しい話題で痛飲。

その後、親父さんから大胆な提案が。「せっかくなのでGoGoバーでも行きましょう。」おー。なるべく避けて通っていたのだが、まぁ、誘われることでもないと行かないだろうし、話のネタとしてついて行くことにした。行ってみてびっくり。すごい所であった。大音響で音楽が鳴り響き、部屋中央にあるカウンターの上で女性がきわどい水着を着て踊っている。テーブルの上に立って踊るだなんて、なんとお行儀の悪い…というつっこみをしたくなるんだが、それがお行儀の悪いことだと思わせない勢いで大量の女性が踊っているのだ。正直、目のやり場に困りつつ、ビール一本を飲んで退場(笑)こういうところもあるんだなぁと驚いたのでした。ちなみに、親父さん曰く、「ここのお店はおかまちゃんばかりです。」だそうです(笑)そういわれてみれば男っぽい人もたくさんいたなぁ。だけど、女性っぽい人もたくさんいた。そういう意味で、何が正しくて何が正しくないのか、良くわからない状況になってしまったよ。あぁ、写真でも撮っておけば良かったなぁ。

投稿者 tsuchy : 22:09 | コメント (6) | トラックバック

2005年05月26日

NTTコムタイランド

本日はお昼ご飯を食べながらミーティングをしましょうとNTTコムタイランドの小森園さんと伊東さんに誘われておりました。というわけで11時30分を目標に会社を訪問。社長の木村さんも交えてミーティング開始。いろいろ有意義な情報交換ができました。場所を変えお昼でも食べながらということで、ルンピニ公園南にあるデュシットホテルのイタリア料理屋さんイル・チエロに。ランチセットメニューをいただいたのですが、これがまた美味しい。前菜の盛り合わせがいけてる!ビュッフェスタイルなんだけど、どれも美味しかったです。美味しいワインと美味しいパンとともに食べれば優雅なお昼ご飯になっただろうに…。木村さんにはワインでもいかがですか?と誘われたのですが、平日の真っ昼間だったので丁重にお断りさせて頂きました(^^;)

ご飯も話もしっかり堪能し、有意義な数時間を送れました。今後、良い活動が共同でできると良いと思います。

投稿者 tsuchy : 23:07 | コメント (5) | トラックバック

2005年05月25日

うなぎ

うなぎ 本日はウナギ丼を作って食べた。ウナギ丼を作るったって、暖めたウナギをご飯にのせて食べるだけ。別段、僕が何か特別なことをするわけではない。以前に買っておいたウナギを半分だけパックから取り出す。残りの半分は後日の晩ご飯に。フライパンに日本酒を少し入れ、冷蔵されていて冷えてしまっていたウナギを暖める。ほくほくになるウナギ。ご飯を温めておいて、その上に書けるのだ。美味しそうにできた!早速、頬張る。ちょっとウナギがへにゃへにゃしてる。関東と関西といったスタイルの違いか、蒸しすぎで身が柔らかすぎるのだ。もっと、ぱりっとしておいて欲しいよなぁと思う。でも、タイでウナギを食べるんだったら我慢できる範囲かな~。意外と安く手軽にできたので、次回も再度チャレンジしてみよう。問題は、ウナギのタレの値段だな(笑)

投稿者 tsuchy : 22:57 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月24日

Mac 1GB化

Mac mini 1GBfunyaに買ってきてもらったメモリを使って、Mac miniの1GB化をおこなう。金属製の薄いヘラを使ってケースを上手に外すのがポイント。ホームセンターなんかでうってるヘラを使うのが良いらしいんだが、僕の周囲では見つけられなかった。なので、金属製のフライ返しを見つけて、それを購入。

フライ返し、ぐいっと押し込むと入った。ここまでは簡単であった。外側にぐいっと起こすようにフライ返しを動かす。やばい!壊れそう。どのぐらいの力を入れれば良いのかわからない。いろいろ慎重に試行錯誤しつつ力を入れてみる。外れた!逆側も同じようにして外す。おお、ついにケースが外れたMac miniが見えた!早速、標準でついている256MBのメモリを取り外す。あれ、なんかメモリをロックするプラスチックのパーツがケース裏側のインターフェースの部分に接触するな…。これ大丈夫?と思いつつ、えいやっと外して、えいやっと差し込み、メモリをロック。ふたを閉めない状態で電源を入れてみる。じゃじゃーん。1GB化に成功。256MBの時には動作にもっさり感があったけど1GBにしてからきびきび動くようになりました。これでいろいろ遊べるぞ~。

って、遊ぶ時間はないのですが…。まだ、Xも入れてないよ…。やっぱり、ノートコンピュータがMacにならないと駄目だなぁ。

投稿者 tsuchy : 21:39 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月23日

仏誕節

本日は休日。5月22日がヴィサーカブーチャーという休日なので、その振り替え休日なのだ。なので、出勤する必要はなし~。バンザイ。日本語で書くと仏誕節のようだ。これってお釈迦様の誕生日?あれ。日本はこんな頃じゃなかったようなーと思いつつ、調べてみた。日本や中国のお釈迦様は4月8日に生まれたとされているようだ。タイでは5月前後の満月の日をお釈迦様の誕生日としているらしい。というわけで、毎年、誕生日が変わるようなのです。早くも来年の仏誕節はいつなんだろうと思い始めました。今年みたいに連休になるなら、来年はどこかに遊びに行きたいなーと思っております。

投稿者 tsuchy : 22:38 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月22日

うなぎのたれ

うなぎのタレ本日も家で仕事。というわけで、ネタ帳からネタを出す。日系のフジスーパーに買い出しに出かけ、自炊用の材料をいろいろ買ったときの感想である。以前、一緒に仕事をしている福田さんからウナギは手軽で良いよ~って聞いていたので、ウナギを買うことにした。ウナギを買うならウナギのたれも買わなきゃ。そういう人は多いと思うけど、ウナギのタレはウナギにご飯にいっぱいかけたいものだ。ぼくはそういうタイプ。というわけでウナギのタレを買ってみた。だけど、値段付けをみてびっくり。こんなちいさなパックのウナギのタレが22バーツ!約60円もする。二つ三つはかけたいなぁと思ってたのに、こんな値段じゃ一つしかかけられないよ。というわけで、ウナギ一尾に対して2パックのウナギのタレを買ったのでした。これで2回分のウナギを確保。

あ、お土産、何が良い?と良く聞かれるけど、ウナギのタレって、言えばいいのか(笑)軽いしかさばらないし、そんなに傷まなさそうなので、悪くないよね(笑)って、タレを自分で作ればいいのか。後でレシピを探してみよう。

投稿者 tsuchy : 22:46 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月21日

カビだらけ

パンのカビおー。マグカップに入れておいたオレンジジュースがバイオハザードレベル4状態になったのに反省し、流し周りはなるべく綺麗にしておこうと思っていたのだが、またもやってしまった。今度は食パン…。ワークショップあけ、久々に朝ご飯でもちゃんと食べるか…と思ってパンを買っておいたのだ。そのパンが、そのパンが…。まだら状にカビに冒され一枚も食べることなくゴミ箱行きになったのであった。何日ぐらい前に買ったんだろう…そんなに昔じゃないはず。ほんの4、5日前だろうか。それなのに、それなのに…。普通に食卓の上に置いておいたらカビてしまった。なんということだ。水分を少しでも含んでいるものは、少しでも早く冷蔵庫に入れておかなきゃ駄目だね。あぁ、鬱だ。

投稿者 tsuchy : 21:42 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月20日

ネスカフェ

山盛りネスカフェ本日でワークショップも終了。一日中話し続けるのも今日で終わり。準備も含めてげっそりの一週間であった。こちらでは、会議やこういったワークショップ、勉強会の合間の休憩時にお茶やお茶菓子を出す文化があるようで、休憩時間毎に何かしらの食べ物が出てくる。ちなみに本日は午前のお菓子がロールケーキで午後のお菓子がアップルパイであった。そういう甘いものが出てくるとコーヒーが飲みたくなるのだが、普通のコーヒーがない!全てがネスカフェなのだ…。ネスカフェ…。最初はこんなもの飲めるか!と思ってたんだけど、飲み物、それしかないんだもん。仕方なくネスカフェを飲むことに。久々にネスカフェを飲んでしまった。こんな山盛りのネスカフェを見るなんて日本じゃありえないよなぁ。今ひとつ、いやみっつぐらいのコーヒーを飲みつつ、いや、コーヒーもどきを飲みつつ、東南アジアではネスカフェ、流行ってるんだよなぁと再確認したのでした。

投稿者 tsuchy : 22:43 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月19日

友人訪タイ

サンフレッチェ広島つながりのトモエさんがタイにやってきた。少し早めの夏休みを取って、どうやらプーケットに行くらしい。話を聞くと今回の休みは10日間ほどで(すごっ!)、そのうち4日がプーケットなんだそうな。うらやましい話だ。

優しいかな、なんかお土産を買ってきてあげるよと言われたので、漫画の週刊誌モーニングを頼んでおいた。漫画を買ってこいと頼むなんて我ながら馬鹿だなぁと思いつつ、二冊も持ってきてもらった。忙しいので会えていないが、向こうが10日間もいればいつかは会えるだろうし、漫画は腐らないので(笑)のんびり予定を立てることにした。しかし、彼女はプーケットからいつ戻ってくるんだろう?

宿泊先は、パパと呼ばれるところらしい…。駐在さん?ベッドルームがたくさんある家なんだろうなぁ。これまたうらやましい話だ。来週あたりは僕も少しだけ余裕ができると思うので、3人でご飯を食べに行けるかな?

投稿者 tsuchy : 22:41 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月18日

金欠

給料日直前。なぜか激しい金欠に…。インターネットで日本の口座残高を調べると約2000円。バーツにすると600バーツとか700バーツぐらいだろうか。それ以外、縦に振っても横に振ってもちゃりんとも言わない。出勤時の交通費が毎日500バーツぐらいかかっているのが痛い。手元の100バーツ札を数える。なんとか通勤はできそうだ。お昼ご飯は職場で食わせてもらえるので、食費の30バーツは浮かせられる。交通費以外の出費はしないように気をつける。アイスコーヒー飲みたいな…という衝動をぐっと我慢。本日の出費、交通費以外は12リットル分の水を84バーツで買っただけでした。あぁ、素晴らしき倹約生活…。

しかし、なんでこんなにお金がないんだろう…。原因は立て替え払いなんだよね。うん。

投稿者 tsuchy : 23:37 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月17日

ワークショップ

ワークショップ集合写真本日より4日間連続でネットワークの運用に関する基本的な技術を学ぶワークショップをおこなう。その準備で先週末は引きこもりだった。その初日。全部で10人の参加者がいる。ToTから4人。なぜか副社長もいたりする…。いいのか、4日間も会社から離れて…。あと、大学関係者が二人。AITの学生さん二人。AITの職員さん二人。合計で10人だ。どうすればどうなるということを知っている技術者は最近増えてきているものの、インターネットの本質というか基本コンセプトを理解している技術者は多くない。そういったところから入り、インターネットの運用技術を学んでいくワークショップだ。実は、このワークショップ。お金を取ってやるのです。一人あたりの参加費は26000バーツ。タイ人の平均月収を普通に上回るぐらいの価格付け。マヒドン大学に勤めるワサカにも、高くて参加できないよ!と言われてしまった。僕もそう思う。こんな値段を付けたら参加者いないでしょう?と思ってたが、カンチャナ先生他の日頃の営業の成果か10人も集まった。

このワークショップ。タイの技術レベル向上という社会的な意義ってのもなくはないんだろうけど、実際のところ、これは営業だわな(笑)なんだか僕はダシに使われて4日間話をし、報酬は4回の昼ご飯だけ(笑)正味お金を払う参加者は8人だろうか。学生は払わないだろうからね。26000バーツ×8人=208000バーツ。日本円に換算して60万円弱。人件費がかからないからぼろい商売だ…(涙)まぁ、これも研究室を維持するための必要な活動だと思うと、仕方がないのかなと思う。日本の大学もこういうビジネスに手を出すべきなのかな?。あはは。

投稿者 tsuchy : 21:33 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月16日

商用と学術

IEEAF関連のテレフォンカンファレンスをやる。アメリカと日本とタイを使っての会議。村井さんが多忙のため参加が危ぶまれていたが、とりあえず参加できる人で会議を開始。村井さんは授業が終わり次第参加することになった。この会議の招集に関して、もうカンチャナ先生はプリプリ怒りまくり。全員の参加確認が前日の夜まで取れていなくって、その怒りの矛先がなぜか僕に来ていた。僕にそんなことを言われてもと思いつつ、昨日はなだめすかしていたのだ。

会議そのものは順調に進む。こういった電話を使った国際会議は時差が一番の問題となる。タイ時間の午前10時に開始する会議は、日本時間で正午、アメリカ時間で夜11時の開始であり、アメリカから参加するEdがかなり大変な思いをしている。明らかにタイサイドに偏った時間調整だ(笑)

しかし、インターネット屋として悔しいなぁと思うのがテレフォンカンファレンスをする時に普通の電話を使わなければならないと言うこと。アメリカの会議コールのサービスを利用して高い国際電話を支払い、三地点でコミュニケーションを取る。こんなのインターネットでやればいいじゃんって思うけど、タイ側の事情でそれが実現できない。場所にもよるのだが、タイでそういったテレコンをするのはネットワークの帯域的に厳しいことが多いのだ。仮にIEEAFがタイに到達したとして、スーパーブロードバンド状態になったとしても、日本側やアメリカ側で商用ISPを利用している場合、IEEAF線を使えないので会議などでは使えない。日本やアメリカでは学術と商用の相互接続が上手に高速におこなわれており、どこにつないでいてもそれなりの質でコミュニケーションが取れるが、タイでは商用ISPと学術ISPとの間に隔たりがあるのだ。経済主導で行っているため、力関係が明らかに商用ISP>学術ISPなのだ。タイ人はお寺にタイする寄付(タンブン)を良くするのだが、研究教育系に対して企業がタンブンするってことはしてくれないのだ。

しかし、会議そのものは無事に終了し、カンチャナ先生はご満悦。一日中、今日は良いことがあったわ!と鼻歌交じりで仕事をしておりました。

投稿者 tsuchy : 22:31 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月15日

まずいチャーハン

明らかに仕事の仕方が悪いんだが、仕事が溜まっており本日も引きこもり…。朝から晩まで翌週のワークショップの資料を作成する。4日分のパワーポイントスライドを作らなければならない。その上、6月上旬に幕張メッセで開かれるInteropの講演資料を二本作らねばならない。もうずっとサッカーにも行けてない。体重も微妙に右肩上がり…。ご飯ぐらいはまともに作ろうと思いつつ、オムレツの素(卵を混ぜて焼くと和風オムレツができる)を使って晩ご飯にしようとした。パッケージを見るとご飯と一緒に炒めると卵チャーハンになりますって書いてある。おお、今日はチャーハンにしよう。早速、作ってみるものの劇的にまずい…。我慢しながら食べた。家畜の餌状態…。いや、オムレツの素に罪はないのです。オムレツの素を使ったオムレツは何度も作っていて、それこそ普通に感謝しております。何がいけなかったって、ご米。一度炊いたご飯を冷凍庫で凍らせておいた、そのご飯に問題があったのです。電子レンジで解凍し、いざフライパンに投入。お米はダマダマのまま上手にほぐれてくれない。必死でばらけさせるものの、ある一定以上はばらけないのだ(涙)あとはフライパンかな。フライパンというか火力か。うち、ガスコンロじゃなくて電熱コンロなんだよね。火力が弱くってフライドライスにならないのです。

実はただいま激しい金欠中で、なるべく自炊を…と思っているのですが、自炊する方が高かったりして、一食30バーツぐらいで屋台飯を食べる方がうまくて安いかも…。とほほ。

投稿者 tsuchy : 22:28 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月14日

行徳プリン

行徳プリン当たり前だが、バンコクで普通に売っているタイ人向けのパンは日本のパンとは違う。味も違うから僕の口にはあわない。というわけで日常的なパンの購入は日系のパン屋さんに行くことになるのだ。よく行くパン屋さんは、スクンビットSoi33/1にあるカスタード中村。本店がなぜか千葉県市川市行徳にあるパン屋さん。どういう経緯でバンコクに支店を出すことになったのかわからないけど、日本人の口にあうパンを売ってくれている。すっげーうまいとは思わないけど、普通に日本のパン。味が読めるから嬉しい。

そのカスタード中村。名前のとおりのプリンを売っているのだ。その名も行徳プリン。パッケージにも行徳プリンと書いてある。ちょっと濃厚なカスタードがプリンのおいしさの中心にある。もはや日本人のみを対象にした商売(笑)美味しいのでたまに食べたくなるのだ。カラメルは別についてくる。食べる直前にかけるのだ。タイの伝統的な甘いものって、素朴ではあるが今ひとつだし、西洋系のお菓子の味は今ひとつ。そう思うと行徳プリンは美味しい方だ。バンコクに滞在し始めて10ヶ月になろうとしているが、3回目の行徳プリンなのであった。

投稿者 tsuchy : 22:14 | コメント (5) | トラックバック

2005年05月13日

選考業務会議

日本に留学し大学を卒業したり博士号を取りたいと思っている人は世界中におり、それを支援するための文部科学省の奨学金が存在する。海外で勉強を…という人の多くはアメリカに行っちゃうので、日本で勉強したいと思っている人がいてくれるのは嬉しいことだ。そういった文部科学省の奨学金をどのように留学生に行き渡らせるかだが、各国毎に大使館がとりまとめて、各国毎に推薦するということになっているようだ。そういうわけで在タイ日本大使館がタイからの文部科学省留学生を選考することになり、そのお手伝いをAITの日本人教員がさせて頂いているのだ。

そこで今度の選考をどうするべきかという会議がAITで開かれた。かなりまじめに会議は進む(当たり前か…)。しかし、試験問題を見せてもらうものの、どれも解けるかどうか怪しい(笑)大学に入学することを前提にした試験なので、ばりばり現役の高校生が受ける試験である。レベル的にはセンター試験に毛が生えた程度だろうか。数年前までは普通にセンター試験の問題とか解けていたんだが、もうそろそろ無理だなぁ。試験問題を作るか作らないかという話題になった時、おいらにゃ無理だ。ギブアップ。って思っちゃった(笑)試験問題を解くのもだいたい怪しいのに、作る側に回れるわけがない。

ふと思った。大学入試問題って、誰がいったいどうやって作っているんだろう。僕の上司たる先生方が、高校生が悩んで解くような問題を作れるとはとうてい思えないんだが、作れちゃったりするのだろうか(笑)

投稿者 tsuchy : 22:29 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月12日

タクシーに6人

タクシー6人乗り本日もToTでミーティング。NiCTの人々は本日は参加せず。忙しい皆さんは一人抜け、二人抜け…という感じでしたが、最終的にNECTECのチャランポーンさん、加藤さん、長谷部さん、福田さん、僕の5人が残った。さて、みんなでバンコクに戻ろうという話になった時に、ふと気がついた。今、僕らは5人。タクシーの運転手さんを入れると6人。一台のタクシーじゃ移動できないなぁ、仕方ない2台で別れていくか…って思ってたら、チャランポーンさん、1台で行こうと言い出す。タイの道交法がどうなっているのかよく知らないんだけど、タクシーからありえない数の人がぞろぞろと出てくるのをたまに見かける。一体全体、何人乗ってたんだ?!ってぐらい。つまり、乗れるだけ乗って良いのだ(笑)というわけで、福田さんを助手席に乗せ、後部座席にチャランポーンさん、長谷部さん、僕、加藤さんの順番に座る。チャランポーンさん、曰く、後ろの人は前後にずれつつ座れば平気だよ。いやまぁ、そうなんだが、とにかく狭い(笑)しかし、よく見ると微妙にスペースがまだ残ってたりして、あと3人ぐらいは乗れるんじゃないかという勢い。そこまで乗ったら日本の満員電車さながらの混雑ぶりなんだろうなぁ。

僕も初めての体験だったんだけど加藤さんも長谷部さんも良い体験をしたと思う(笑)

投稿者 tsuchy : 21:25 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月11日

お薦めタイ系ブログ(2)

最近、多忙すぎて日常のメモを取り忘れることが多い。というわけで本日もネタ帳からネタを取り出す。shimagaeruさんのサイトであるバンコクご飯日記紹介に次ぐ、他サイト紹介第2弾。

バンコク留学生日記

チュラロンコン大学に留学しているケイイチさんがタイで起こっている出来事を彼の視点で綴ったサイト。タイの文化を色々と研究しているらしい。研究者のたまごさんなのだろうか。ちなみに、彼にとっては当たり前のことなのだろうが、彼のタイという国、そこに住む人に対する視点は僕にとっては目新しいものばかりだ。一時期、彼の発言を巡ってバンコク系の掲示板が荒れたこともあるが、彼の日常生活を基にした体験の多くは興味深く面白い。「今日は家で論文を書いていた。」で終わる日もあるが、彼の周りで起きていることを彼の日記を通じて知るのは新鮮だ。しばらく、デザインを変えたり、ミャンマーに行ってたりして更新が滞っていたが、最近、再開したようだ。良かった。良かった。

投稿者 tsuchy : 22:16 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月10日

タイのインターネット

総務省関連のミッションで、東大の加藤さん、NTTの長谷部さん他、NiCTの人々がタイを訪問している。そんなもんで、一日中ミーティング。朝7時30分に彼らの宿泊先であるJWマリオットに行き、加藤さんに朝食をゴチしてもらいつつ、長谷部さんも含めて3人で軽く打ち合わせ。その後、みんなでランナム通りにあるNECTECを訪問。学術系のIXやR&D系のネットワークを見せてもらう。昼食はランナム通りにあるバーンアジャーン。ここはフィリップと一緒にご飯を食べに来たところ。カンチャナ先生が事故った日だ。うちのコミュニティーには、若いやつは残ったご飯を全部食べなきゃいけないという不文律があり、なぜか僕が一番若いってことが判明…。33歳にして一番若いとは。まぁ、まだまだ実際に若いってことだよなぁ。仕事的にも半人前だし。というわけで、苦しい思いをしつつも平らげた。マンゴをあんなにまずい思いをして食べたのは初めてだ(笑)

午後は、ランナム通りからほど近いUniNetを訪問。NECTECとは別の大学系R&Dネットワークを見学。タイの大学系ネットワークの中心はここなのだ。その後、CATに行き、THIXを見学。CATは日本で言うと昔のKDDみたいなものか。国際通信を担当している組織である。CATはCommunication Authority Thailandの略で、単純に通信を行っているだけでなくその名の通りISPや各種通信会社にタイしてライセンスの供与をしている組織だ。そういう意味では旧KDDに旧郵政省の機能を足したようなものなのかもしれない。CATのエンジニアによるCATとCATの運営するTHIXの説明、その後、見学。手元に得られる資料を基に想像していたとおりのインターネットの構成と運用体制。自分のタイのインターネットの見方が間違っていなかったことを再確認。

ミクロな視点ではわからないことも多数あるが、マクロな視点でのタイインターネット事情は全部わかったぞ。朝から忙しかったが有意義な一日だった。

投稿者 tsuchy : 22:13 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月09日

盗難タクシー?

本日も何があったかメモを取り忘れてるから、普段の生活で気がついた「おやっ?」っと思うことを書く。

バンコクにはたくさんのタクシーやトゥクトゥクが町中を走っているのだが、かなーりぼろい車、日本ではおおよそ車検に通らないであろう車もたくさんある。もちろん綺麗で清潔な車も同様にたくさん走っている。以前に行ったミャンマー、ネパール、バングラディッシュなんかと比べたら圧倒的に綺麗な車ばかりなのだが、日本と比較するとやはり車のボロさが目につく。一緒にバンコクで働いている福田さん曰く、綺麗なタクシーはお金持ちのタクシー運転手さんなので安全度合いがぼろい車より高いと思う、だそうだ。一理ありそうだ。別にだからといってぼろい車の運転手が100%悪い人だって言うわけじゃないが、少しでも安全に移動するために綺麗なタクシーを捕まえたくなる。しかし、すごいスピードで走ってくるタクシーが綺麗か綺麗じゃないかを遠くから見分けるのは難しい。特に夜になると無理だ(笑)この辺は経験がものを言うところなのだろうか。

ところで、タクシーに乗って驚くことがある。日本のタクシーと同様、バンコクのタクシーもメーターがついており、誰が運転しているのかを示す写真と名前が書いてあるのだが、かなりの確率で実際に運転している人と写真に写っている人が違うのだ。どうみても写真はおじーちゃんなのに、若いにーちゃんがサングラスかけて運転していたり、女性ドライバーの写真が貼ってあるのに、運転しているのはおじさん、みたいな。かなり不思議なことになっている。盗難されたタクシーを使って誰かが勝手に営業しているのか?本来の運転手が体調を壊してたりして家族が代理で働いていたりするのだろうか?いろんな事情があるのだろうが、かなり不思議。なんか事故があったときとか事件があったときはどうするんだろうなぁ。自分がこの運転手さんに強盗されたとして、僕は何を頼りにこの人を捕まえればいいのだろうか?!

投稿者 tsuchy : 22:12 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月08日

コピーDVD販売

たまには、何があったかメモを取り忘れたりすることもあったりするので、ネタ帳からネタを披露させてください。そうじゃないとネタ帳に溜まったネタも消費できない(笑)

コピー王国は香港だ!台湾だ!中国だ!アンダーグランドといえば、そういうところだろ!と言われている時代は終わったのかもしれない。いや、依然、これらの国にそういう文化があるのは事実ではあるが、バンコクも後れを取っていない。むしろバンコクの方が先を進んでいるんじゃないかと思うほどだ(笑)

夜、サラデーン駅周辺を歩くと屋台がたくさん建ち並んでいるのですが、そこを歩くといろんなDVDを並べた屋台を何軒も見つけられる。全部、映画のコピー品。DVD-Rを焼いたものらしい。というのは、僕が買ったこと無いから本物を見たことがないのだ。バンコクの秋葉原と呼ばれているパンディッププラザに行くと違法コピーされたソフトウェアを大量に見かける。タクシン首相がこれらの違法コピーを取り締まるぞ!と言って意気込んでいるものの、依然、無くなる気配がないようだ。でも、無理もないよなぁ。WindowsXPが例えば150ドルだったとして、これって大卒公務員の給料の1/3ぐらいの値段なんだもの。日本でいうと6,7万ぐらいの感覚?!買えないよね(笑)って笑い事じゃないんだが(苦笑)

極めつけは警察が制服のまま、どうどうと違法DVDを買っていることがあるのだ。これには驚いた。警官の給料も知れているから、やっぱり違法DVDを買っちゃうんだろうなぁ。取り締まる側がこんなだから、違法コピー製品がタイから無くなるのはずいぶん先のことになりそうだ。

投稿者 tsuchy : 21:09 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月07日

面談

本日は土曜日だけど朝からミーティング。今度、うちの大学院に進学して博士号を取りたい!って言っているプリンスオブソンクラン大の助手さんとryujiが泊まっているホテルで会うことになったのだ。彼女は、CMUで学部と修士を取り、タイに戻ってきて大学の先生をしている。CMUのコンピュータサイエンスの修士を持っているぐらいだから、きっと優秀なんだろうなぁ。実力のほどは良くわからないけど、アメリカで教育を受けてきただけあって話し方や組み立て方がいかにもアメリカ的だった。タイ人なのにタイ人じゃないみたい。なんかやってくれそうな雰囲気はあるものの、自分で論文を書いたことがないというのに引っかかった。そんなことがあるんだろうかと思いつつ、CMUでは卒業論文や修士論文を書かずとも卒業ができるらしい。なんだかプロジェクトをやってプロジェクトリポートをまとめれば、それでOKなんだそうな。ほんまかいな…。共著の論文はあるものの自分で頑張って書いた論文もない。その点にのみ一抹の不安を覚えつつ、日本での再会を誓う。

今日はryujiが帰国する日だ。日中は僕は仕事。ryujiは帰国前のわずかな時間を使ってオイルマッサージを堪能。気持ちいいらしい。本当にほぐされるそうだ。古式よりオイル!これが彼が残していった言葉だった(笑)最後の夕食もタイ料理屋さん。以前にカンチャナ先生の秘書さんとその彼氏(だと思ってたら違った)に連れていってもらったお店。Soi Ariの奥の方にあるベトナムとタイのフュージョン料理屋さん。蟹を使ったプーパッポンカリーっていう有名な料理があるんだけど、これをソフトシェルクラブで出してくれるのだ。プーニムパッポンカリーっていう名前。ニムっていうのは柔らかいっていう形容詞。久々に食べたけど美味しかったです。えへへ。

しかし、またすぐ出張者が来るんだ。これが。休むことなく怒濤の日々が続くのね…。

投稿者 tsuchy : 22:24 | コメント (8) | トラックバック

2005年05月06日

カリプソ

カリプソチケットタイは、ゲイ、レズビアンにとって住みやすい国らしい。とにかく周りに迷惑をかけなければ、周囲がどういう格好をしようが特に気にしないんだそうな。そんなもんで普通にゲイやレズビアンが町中にいるらしい。そんな彼らの一部は、ショービジネスをやっているらしく、ニューハーフショーに出ていたりするようだ。ニューハーフショーは、BTSのパヤタイ駅の目の前にあるアジアホテルのカリプソが有名で、以前から一度は行ってみたいなぁと思っていた。実は、ツアーコンダクターが面白くなかったら私が入場料を払い戻します!っておばさん達を説得し見学させておばさん達が満足して帰った…というエピソードをどこかで読んだことがあるからだ。

ニューハーフさんで、ryujiが来ていることを良いことに、ryujiと一緒に行ってみることに。入場料はワンドリンク込みで1000バーツ。あらかじめ電話予約をしていったので一列目の席が割り当てられた。今後行こうとしている皆様、事前予約がお奨めかも。ショーの内容は、吉本新喜劇みたいに予定調和的笑いの連続なんだけど、ダンスもまぁ上手で、ショーとして普通に楽しめる。で、みんなが聞きたいと思うニューハーフさんたちの美しさであるが、ぱっとみ女性じゃんっていう人もいれば、よく見るとやっぱり男だよなーっていう人もいる。男として女装して出てる場合もある。そんな感じ。ただ、ショーの最中、一体全体どこを見ればいいのか、目のやり場に困り、いろいろ考えながら見てしまったので疲れちゃった。ryujiはお気に入りの女の子を見つけて必死にウィンクしていた。まぁ、楽しいといえば楽しい。一人で二回目のショーを見に行くことは絶対にないが、みんなが遊びに来て行きたいと言えば、つきあっても良いかな?!ぐらいの感じです。機会があれば、皆様も是非。

投稿者 tsuchy : 22:51 | コメント (6) | トラックバック

2005年05月05日

地元屋台

MK:タイスキいつものようにryujiとご飯を食べに行く。今週は明らかに食い過ぎだ。過剰なまでの接待?!(笑)mkというタイスキレストランに行く。有名なチェーン店でバンコク市内の方々にあり、地方への展開も頑張っているようでタイ中で見つけられるらしい。タイスキとは、タイ風すき焼きの略称だと聞いたことがあるのですが、すき焼きとは似て非なるもの。どちらかというと寄せ鍋に近い。野菜をたんまり食べられるので健康的だ。もともとタイ料理は野菜をたくさん食べられると思うけど、野菜を食べれるのは良いことだ。でも、あきらかに食い過ぎ…。

その後、スクンビットのバーに飲みに行く。スコッチ2杯ずつ。

屋台:ノーンカイ

>しかし、また飲んで食うのか…(笑)周りはタイ人ばっかり。メニューもタイ語。片言でもタイ語が喋れないと食べにいけない。久しぶりに行ってみたんだけど、お店で働いている人がずいぶん変わってた。料理も変わってたような気がする。前はもう少し美味しかったんだけどなぁ。だけど、ryujiは喜んでた。こっそり写真も隠し撮り。日本人だけで行って目立つ行動をすると微妙に危ない雰囲気もあったりして、観光客が観光気分で行ける場所ではない殺伐とした感じ(笑)5月4日は、屋台風のレストランに行ったんだけど、きっとこういうところに連れていって欲しかったんだろうなぁと思いつつ、日本人が8人でこういうところに来るのは危険な感じがするので許してくださいな。個別に二人ずつで、汚い格好をしてきてください(>_<)そういう状況で行きましょう~。ソムタムタイ、コームーヤーン、ラープムーとビール2本で200バーツ。あはは。安すぎ。

投稿者 tsuchy : 22:40 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月04日

シズラー

本日は、ワサカ、ピンキー、ryujiと僕で、夕食を食べながらお仕事の話。ピンキーはワサカと同じシステムを使いアメリカに留学し、スタンフォード大を卒業した後、CMUで博士号まで取った才女。現在は、タイの科学技術省の下部組織であるNECTECに勤めている。AITの横にあり、実はワサカに紹介してもらう前からAITとNECTECの仕事の関係でピンキーには会っていたのだ。なんて世界は狭いんだ。

で、ワサカとピンキーの希望により、シズラーに行くことになった。なんでシズラーなの?って聞くと、私たちタイ人はタイ料理を食べ飽きているので他のものが食べたいと返事が返ってきた。そりゃそうだ(笑)実は僕らもずーっとタイ料理ばかりだったので、少し他のものが食べたいなぁと思ってた所でした。シズラーは日本にもあるらしいけど、実は一度も行ったことがなかった。タイのシズラー、普通にファミレスって感じで微妙な懐かしさを覚える。ワサカもピンキーも日本語ができるので、日本語で会話。なんだか普通に日本にいるかのような錯覚に陥る(笑)

タイにいるとなかなか生野菜を食べる機会がない。サラダバーでは、普段食べれない生野菜をもりもりと食べた。いいね、生野菜。たまにシズラーに行くってのもありかも?!

投稿者 tsuchy : 23:15 | コメント (9) | トラックバック

2005年05月03日

10人での宴会

慶応の同僚であるryujiがタイに来ているのは先に書いた。実は、ryuji以外にも奈良先端大や北陸先端大の友人達も休暇でタイに来ている。彼女や奥様を連れて一緒に来ているので、総勢6人。ryujiと僕を含めて8人でご飯を食べることになっていた。リクエストは、ガイドブックに載っていないような地元の人が行くようなお店や屋台。いろいろ悩んだんだが、通常の屋台では食事時に8人同時に入れるようなお店はなかなかない。あったとしたら客の入りが悪い店だろうし、そうすると美味しくないであろう。というわけで、いつも行っている予約可能なタイ東北料理屋のティダイサーンに行くことにした。このお店、Googleで検索してもらえばわかるのだが、あまりヒットしない。つまり、あまり表に出ない店なのだ。だけど、普通に美味しくていつも美味しい料理が食べられる。この宴会に国連に勤める瀬古ちゃんと瀬古ちゃんの友達も合流することになり、総勢10人での宴会となった。

なんだか頑張って仕切るものの、食べ物が出てきた後におかしいなぁ…と気がついた。なにがおかしいって、頼んだ食べ物のサイズがいつもと同じ。人数が多いので複数皿、しかも大きいサイズで注文したはずなのに、同じサイズの料理が出てくる。ここで、はっと気がついた。大きい(ヤイ)と小さい(レック)を間違って言ってたんだろう…。

ビール15本にいろんな料理をたくさん食べて、2000バーツぐらいの支払い。食いも食ったり、飲みも飲んだり。いろいろと楽しい夕食でした。

投稿者 tsuchy : 23:00 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月02日

遠隔授業 by Ryuji

ryujiの授業風景慶応の同僚でもあり大学の後輩でもあるryujiが急遽タイを訪問することになった。5月2日はゴールデンウィークの谷間。日本はカレンダー通りに仕事をする場合、平日なのだ。タイにいながらにしてもryujiは働かなければならない。ゴールデンウィークって何?!っていう世界。その仕事っていうのが慶応大学の村井さんの授業にryujiが遠隔から参加するっていう仕事。実は、このタイミングで、タイのR&Dネットワークの調子が実はおかしくなっていたのだ。そんなもんでポリコムを利用しての遠隔授業に支障をきたすという状態であった。村井さんから完璧にサポートしろよと言われていた僕は日本のsirokumaと調整し、AI3の衛星回線を使って512Kbpsの通信をできる通路を5月1日の夜に設置したのだ。これでなんとか授業をできる環境が整った。無事に90分に授業が終了。良かった、良かった。sirokuma、直前での調整、ありがとう。

その後、カンチャナ先生が一押しのヘルスランドにryujiを連れて行く。ryuji大満足。やっぱり気持ちいいのかも?僕はお気に入りの人にやってもらおうとしたが、いなかったので別の人にやってもらった。でも気持ちよかったよ。ヘルスランドのセラピストのレベルは高いと思う。

投稿者 tsuchy : 22:46 | コメント (2) | トラックバック

2005年05月01日

空港での無線LAN

とある理由で、とある空港にいる僕。どうしても仕事をしなきゃいけなくてインターネット接続を必要とした。背に腹はかえられないので高いお金を出して1時間の接続サービスを買うことにした。まず、ToTのアクセスサービスにチャレンジ。30日間有効な1時間接続できる権利が200B。これを高いと思うか安いと思うかは微妙なところだけど、どうしてもインターネットに接続しなきゃいけなかったので購入を決意。だけど、どのリンクをクリックしてもトップページにリダイレクトされてしまう。どうなっとるんじゃ?!購入を断念。次に、WLANNETっていうサービスを発見、購入を試みる。こっちは1時間250B。ええい、もうしょうがない、買うぞ。住所やらカード番号を入れてみる。やった、購入できたぞ!早速、ユーザ名とパスワードを入れて接続。あれ、繋がらない…。何をやっても繋がらない…。いったいぜんたいどうなっとるんじゃ?あれこれやっているうちに搭乗時間が来てしまった…。あぁ。仕事ができないまま飛行機に乗っちゃった。このツケは大きいかも…(X_X)

投稿者 tsuchy : 23:48 | コメント (4) | トラックバック