« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月31日

抱きつきサンチェ

抱きつきサンチェ引越時に持ってきた炊飯器問題は未だに解決せず。というわけで、引越の荷物シリーズとしてへんてこな荷物を紹介することにした。今、僕のベッドの上には「抱きつきサンチェ」が転がっている。まぁ、枕みたいなもんなんだが、僕が応援しているサンフレッチェ広島のグッズ。楽天のポイントが切れるっていう話しだったのでギャグで買ってみたぬいぐるみだ。この抱きつきサンチェ。相方がいて「抱きつきフレッチェ」という商品として売ってる。残念ながら、うちにはサンチェしかいない。誰かフレッチェを持ってきてください(笑)

しかし、これを送るために14万円もつぎ込んだと思うとおいおいって感じだなぁ。

あ、正式名称はサンチェ抱き枕だった。楽天で買えるので皆様も是非どうぞ。ちなみに相方のフレッチェ抱き枕はこっち。違いが良くわからんぞ。

投稿者 tsuchy : 22:33 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月30日

ホームパーティ

お友達の家でホームパーティ本日はさーやさんの家でパーティ。うちにあった森伊蔵を持って参戦。さーやさんが準備されていたご飯はどれも大変美味しく、セコちゃんが持ってきたワインにも良くあい美味しくいただきました。それもあってか、ビールに始まり、ワイン、焼酎とありとあらゆるお酒を飲んで完全に酩酊状態。酒豪のはずのセコちゃんも倒れ床に寝ており、さーやさんもグロッキー。こんな状況は初めてだなぁ…。かなりヤバイ状態だった。ユッキーとみきさんはお酒が飲めないのでしらふだったのですが、タクシーに乗るのは危ない時間って事もあり僕が送っていくことに。気が付くと僕も家で寝ていたのでした…。う、頭痛い…。

家で飲むと際限なく飲んじゃうので駄目ですなぁ。やっぱりお店で限界を考えつつ飲むべきか?!でもホームパーティはホームパーティの良さがあり、準備してくださったさーやさんには感謝なのでした。さて、次回は誰の家で?!

投稿者 tsuchy : 21:10 | コメント (3) | トラックバック

2005年07月29日

学生の行動は同じ

ええと、実は明日がSpecial Study Reportの最終提出日。Special Study Reportってのは、修士論文を書く前段階として、興味のあるエリアの勉強をして修論に備えるって感じのレポート。まぁ、関連領域のサーベイみたいなもんかな。なんだけど、ちゃんと事の本質をわかって持ってくる優秀な学生がいる一方、なーんの相談もなしに出来ました見てくださいって持ってくる学生もいる。自分がこの子の受け持ちであることすら気が付かされないで本日気が付いたって感じだ。で、ちゃんとしたレポートを持ってくれば良いんだが、かなーり適当なレポートを持ってくるのです。なんか、どっかからか切り貼りしただろう?みたいなレポート。見た目はちゃんとしているんだが、内容が全然駄目なレポート。見た目には騙されないのだ。というわけで、しめ切りが今日でどないせいっちゅうねん。とりあえず、しめ切りは気にせずに治させることにした。その代わり全力で治せと伝える…。

んー。しかし、どこの国の学生も一緒なんだなぁ、と遠い目をしながら金曜日を終えたのでした。あはは。

投稿者 tsuchy : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月28日

鰻リベンジ!

去年の土用の鰻の日はいつだっただろうか…。一年前のこの時期は日本とバンコクを行ったり来たりしていた時期で、その狭間、バンコクにいた時に土用の鰻の日を迎えたのでした。鰻を食べたかった僕は、たまたま店先に出ていた宣伝を見て、ここで鰻を食べようと決意して入ったのが、今はもうつぶれてなくなったスクンビット31/1の霧島…。もう店はない。だろうなぁ。マジ切れしそうになったんだもんな。美味しくなかった、あの鰻…。

伯楽の鰻というわけで、今年はリベンジ!美味しくない鰻は食べないぞー。ってことで美味しい鰻を食べに行ってきましたよ、伯楽へ。僕は広島出身だからかもしれないけど、関東の調理法より関西の調理法の方が好き。僕の妄想かもしれないけど、伯楽の鰻は関西の調理法で調理されているような気がする(笑)着席したら迷わず鰻丼を頼んだ。がつがつと食べる。普通に美味しい(^-^)どうやら去年のリベンジは果たしたようだ。来年もお世話になります~。って、僕、来年もバンコクにいるのかな?!

なにやら、親父さんの報告によれば、いつもの三倍の鰻が売れたんだそうです。僕と同じように土用には鰻を食べなきゃ!っていう人はかなりいるってことなんだね。

投稿者 tsuchy : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月27日

伯楽

本日は朝からワークショップ。早起きしてAITに向かう。午前中のワークショップ1コマ分を終えて本日のお役目終了。本当は2コマだったんだけど、準備不足ってこともあり体調が良くなかったので、1コマに減らしてもらった。昨日の内容が終わりきらなかったんだそうな。それを代わりに入れてもらって解決。良かった。ほっとしました。

しかし、体調を壊してから4日目にして徐々に体調が良くなってきた。やっと食欲が出てきたよ。でも、いきなりがつんと食べるのも無理なので徐々に食べることに。だけど自分で作る気が起きなかったので、どうしたものかと思っていたところ、うどんが美味しい伯楽を思い出した。なぜか日本在住の荒井さんに紹介して頂いた、関西弁を巧みに操る親父さんがオーナーのお店。美味しいご飯と美味しいお酒が出てくる。場所がスリウォンから少し入ったところなので、BTSの駅から歩くか、タクシーで行くことになる。ちなみに、僕にとってBTSの駅から歩くなんて、足がタイ化してるから無理なのです。ちなみに、普通の人なら歩ける距離です(笑)

で、今は車があることに気が付いたので職場から直行してみました。駐車場もあるしね。お店の近くに車をすっと停めてお店に入る。親父さんカウンターでちびちびやってらっしゃいました。体が元気だったらお相伴に預かるのに…おとなしくご飯を食べて帰宅。

だけど、これ、かなり便利であることに気が付いた。車で行くのでお酒が飲めないんだけど、ご飯を食べるってことだけ考えると最高かも。帰るのも楽だしね。車を持ったらすぐ気が付くべきだった…。というわけで親父さん。これからは飲めませんが晩ご飯を食べに寄らせてもらいます~。

投稿者 tsuchy : 22:51 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月26日

セキュリティワークショップ

というわけで、本日、ワークショップ二日目。昨日は一日何も食べられなかった。本日も朝から何も食べないままワークショップの講師。午前中はNECTECの方がPGPのワークショップをしてくれた。なので僕は午後から3時間分だけ話せばいい。昨日の夜も寝られるはずもなく準備が出来るわけもなく、朝から頑張って準備した。無茶だっつうの…。もう、ここ数年で一番悪い授業であった。本当、聴講者のみなさん、ごめんなさい。

しかし、ワークショップを一人で切り盛りするのってリスクがあるなぁ。上司のカンチャナ先生はコストがかかるのを嫌って講師を二人用意することを基本的にしないので、こういう事態になっちゃうんだよね。あぁ、でもインタロップとかのワークショップも講師は一人だよなぁ…。あれって講師が事故や病気になったらどうなるんだろう…。キャンセルされるのかな?代講が立つのかな?

明日は朝9時から僕が担当することになっている部分。体調、良くないのにこのまま頑張って準備をしなきゃ…。果たして間に合うのか?!

投稿者 tsuchy : 21:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月25日

食中毒疑惑

実は7月24日の夜から体調が劇的に悪くなった。英さん、でらーんさん、多喜君、福田さんの5人で晩ご飯を食べに行ったんだけど、そこで食べたものが悪かったのか、その前のスパが寒すぎて体調を壊しちゃったのか、原因はどちらかだと思うけど急激に体調を壊した。食べる量も圧倒的に少なく、僕の食べっぷりが良いのを知っている福田さんが心配するぐらい食べられなかった。で、昨日の夜から吐き続け、下痢も止まらず体中の悪いものがどんどん出ていく感じ。もうほとんど寝られなかった。

だが、本日からセキュリティワークショップが開催。またワークショップだ。今回はまったく関係なかったはずなのに、急遽講師をやらなきゃいけなくなった。もう、講師のあてがないのにワークショップを開催するなよなぁ。英さんの基調講演や他の人の話の合間に話す準備をする。もうなんだか、体調的にボロボロなので精神的にもボロボロになってる…。

投稿者 tsuchy : 23:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月24日

警察に捕まる

実は、昨日の夜から英さんと英さんのお友達(といっても僕も仲良しの方)がバンコクに来ている。そんなもんで本日は一緒にうろうろすることに。

朝、昨日のADSL問題にカタを付けるべくADSLを再契約しにロータスのTrueオフィスに向かい、その後、コンラッドホテルに泊まっているすぐるさん達を迎えに行った。その道中である。ナショナルスタジアムからスクンビット通りを東にずんどこ走っていると、ワイヤレス通りで右折できないことに気が付き、Uターンを出来る場所を探してスクンビット通りを更に直進していたのだ。そうすると、警察が僕を停めるではないか!やばい捕まった!ブログのネタが増える!!と正常とは思えない反応を僕はしつつ車を左に寄せて停めた。

どうやら僕は乗用車で入ってはいけないところに入り込んだらしい。看板がタイ語で書いてあるんだからわかんないよなぁと思いつつ、ネタに出来る反則切符をもらえることを内心喜んでいた。ところが警察は「罰金は500バーツだから500バーツを今払え!」って言ってきた。高いなぁと思いつつ、とりあえず500バーツを財布から出し渡す。「行って良いぞ~」って言うので、「領収書をくれ」と言ってみた。警官は「そんなものはない」って答える。「そんなはずはない、世界中どこでも何かのドキュメントはくれるもんだろう?」って再度伝える。そうすると、「ここはタイだ。」って答えられた。想像できた回答がそのまま帰ってきたので呆れる。警官は「ルンピニ警察署に行けばドキュメントはもらえる」と言ってきた。僕は「ルンピニ警察署に行くよ」と伝えたら、警官が「わかった!200バーツで良いよ。だから、200バーツ払って行ってくれ」って言ってきたのだ。なんと罰金のディスカウント…。

いやー。なんか最初からおかしかったんだよね。きっと500バーツを渡してたら500バーツが彼のポケットに入っていたんだろうな。だから罰金のディスカウントをしてきたわけだ。

結局、たいした金額じゃないし、違反をしたならちゃんと払おうと思ったので、僕は意地でもルンピニ警察署に行きますっていう態度を示したものの、警察官は半ば切れ気味に「200バーツで良いんだから、行ってくれ!」って感じで追い出されてしまった。うーむ。いいのか、こんなんで。

ちなみに、この話をワサカにすると200バーツは多すぎる。100バーツで良いですって言われた。次回は、最初から正規の金額を払おうとせず、100バーツに値切ってみよう。カンチャナ先生にはMofaカードを見せれば払わなくて良いわよとか言われた。本当だろうか。変な話だが、次に捕まるのが楽しみだ。

投稿者 tsuchy : 21:29 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月23日

Trueとのバトル

実は7月21日ぐらいから自宅のADSLが使えなくなっている。しかたがないのでダイアルアップ接続中。So-netと契約してて良かった。とりあえず接続し放題の状態を維持中。ブログの更新が出来ないのはADSLがないからだ(嘘)

で、ADSL会社のTrueに乗り込んで使えなくなっている理由を確認しにいった。18時頃に、いつも行っているTrueのシーロムオフィスに行ってみると、閉まっているではないか…。5時30分までだったんだって…。しかも、明日は休みらしい。何日も使えなくて困っているのでエマージェンシーだ!と叫んで半開きのシャッターをくぐり、中に入り込んだ。申し訳なく思ったのかお姉さんが対応してくれた。状況をいろいろ確認してみると、ADSLをひいた当初の契約のもつれからかなり特殊な状況になっていることがおぼろげにわかってきた。お姉さんが帰らなきゃいけなくなったので撤退することに。状況は改善しなかったものの親切な対応に感動。

お姉さんのアドバイスによりSiam DiscoveryのOrangeオフィスに行ってみることに。ここのオフィスは20時まで開いているらしい。Orangeのオフィスに間借りするようにTrueのカウンターがあった。ここのお姉さんにシーロムオフィスで話したことを再度伝える。ここのお姉さん、かなり理解度が高く、かなりややこしい問題であることをすぐ理解してくれた。そして、ここのオフィスは出店なので、どうにも判断が出来ないからナショナルスタジアム近くのロータスにあるオフィスに行ってくれと言う話になった。ううむ。たらい回し感が満載…。だけど、このお姉さんの言うことは信じてみようと思い、20時までやっているそちらのオフィスに向かう。

ロータスにあるオフィス到着。これで状況を伝えるのも三度目。ここまでの情報収集と分析から、僕も問題の本質がおぼろげに見えてきた。このオフィスのお兄さんとお姉さん、ややこしい案件ながら最後までちゃんとつきあってくれた。素晴らしい。もう半ば切れ気味であきらめがちになっていたのだが、このTrueのみんなの対応には感謝。いや、そもそもミスをしたのはTrueなので、この対応は当たり前なんだけども。

だけど、お兄さん。英語が苦手だったらしく外国人対応カウンターに電話して電話での対応になった。この窓口が最悪。電話口の欧米人と思われるお姉さん、もう最初から僕が悪いとばかりに決めつけて、僕が伝えている状況説明に耳を貸さない。親身なタイ人スタッフの対応と比べてあまりにも最悪だったので、マジ切れしてしまいFで始まる言葉混じりに罵倒してしまった。しばらく反省。そうしたら、別の英語をしゃべるスタッフにお姉さんが電話で取り次いでくれた。この人、ちゃんと技術がわかってる!まともに話が通じるよ。で、この人のアドバイスと裏技(?!)により、再度、ADSLを契約できるようになった。ちなみに、このお兄さん、すごい綺麗な英語をしゃべるのだ。欧米人なんだろうなぁと思っていたのだが、なんとタイ人らしい。正直、綺麗な英語に驚いた。しかも、今はTrueじゃない業種も違う別の会社に勤めているんだそうな…。って、社外の人がデータベースを触っているよ(笑)

もう、げっそり。だけど木曜日にはADSLが開通するらしい。それまではダイアルアップ接続か。

投稿者 tsuchy : 23:25 | コメント (6) | トラックバック

2005年07月22日

ブレーカー

家のブレーカー

本日も休日。カーオパンサーの日。この日を境に雨期があけるまでお坊さんが家の外に出ずに修行をするんだそうな。二日連続で仏教関連の休日。連休ですよ。仏教、バンザイ(?)

さて、変圧器を購入しようと思ったものの冷静に考え始めてみた。給湯器の電力をまともに供給できないうちで、1100Wもの電力を提供できるんだろうか…。変圧器を買ってきたはいいものの、使ったらブレーカーが常に落ちるでは使い物にならないじゃないか。ってことで、変圧器の購入は足踏み中。とりあえず大家さんに相談してみるかなぁ。水シャワーしかでないのも嫌だし。

ブレーカーをしげしげ見ても、何アンペアまでいけるか書いてないなぁ。なけなしの電気の知識では、電圧が220Vなので、5アンペアで1100Wになるのか。偉い効率が良いなぁ。日本も効率を考えて220~230Vにするっていう話があったけど、結局、100Vのままだ。全ての家電製品が100~230Vまで対応してくれるといいんだけどなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:33 | コメント (2) | トラックバック

2005年07月21日

変圧器

本日はタイの休日。アーサーンハブーチャーの日。お釈迦様が悟りを開き弟子に説法をしたのを記念した祝日らしい。タイはやっぱり仏教国なんだと確認する。

さて、引越の荷物の中に入れていた炊飯器。早速使ってみようと思うものの、100Vで動作する炊飯器なのでそのままでは使えないのだ。220Vの電気が供給されているタイでは変圧器を使わないと炊飯器が壊れてしまう。そんなわけで炊飯器が何ワットで動作するのかを調べてみると…1100W…。すごい電気食うのね。炊飯器って。自宅にある変圧器は400Wまでの対応なので使えないじゃない。そういうわけで、東急デパートに変圧器を買いに行ってみた。なんで東急かって?400Wの変圧器を東急で買ったからです。ただ、それだけ(^^;)

しかし、東急に行って変圧器を確認してみると1000Wまで対応したのしかないじゃないか!!1100Wで使えるかなぁと思いつつ、安くはない買い物なので、購入というばくちはできないよなぁと小市民の僕は思ってしまう。というわけで、あっさり撤退。1000Wの次のワット数っていくらなんだろう。1500Wとかってあるのかなぁ。2000Wの変圧器って、そもそも高そうだし、激しく大きくて重そうだ。しかし、どこに行けば売っているのでしょう。1100Wを許容できる変圧器…。どこかで中古が売ってないかなぁ?!

投稿者 tsuchy : 22:43 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月20日

カオマンガイ

たまにコメントを残してくださるshimagaeruさんのサイトでモンティエンホテルのカオマンガイ屋さんが紹介されておりました。それに感化されて行ってみました。モンティエンホテルのカオマンガイ屋さん。カオマンガイなんて、普通は20バーツぐらいだろう?!と思うとぼったくりとも言える195B++。タイのレストランで値段の後ろに「++」が付いていたら、サービス料と税金がプラスされますよっていう意味です。サービス料は10%で、税金は7%。つまり、約230Bのカオマンガイになるのです。屋台の10倍以上の値段のカオマンガイっていったいどんなの?と思いつつカオマンガイの到着を待つ…。

蒸し鶏はてんこ盛り半身ぐらいはあるんじゃないかと思うぐらいの量。血で作ったプリンも二切れ付いてきています。定番の冬瓜の鶏ガラスープも付いてきます。鳥のダシで炊いたご飯もお茶碗に一杯。ソースはとうがらしとショウガが混ざっている辛いソースと、甘いソース、ショウガのきいた金色の透明なソースの三種類が付いてくる。

蒸し鶏を辛いソースにつけてお茶碗の鳥飯にのせてレンゲで一緒にすくって食べる。うまいじゃん。決して屋台と比べて10倍うまいとは思わないけど、それでも美味しいと思った。上品なカオマンガイだわ。

しかし、230Bのカオマンガイってすごいなぁ。よっぽどのことがないと、なかなか行けないね。ここのカオマンガイ屋さん。一度は食べてみるのは確かにありかも。

投稿者 tsuchy : 23:27 | コメント (5) | トラックバック

2005年07月19日

Nangさん、送別会

Nangさん送別会
6月30日が勤務の最終日であったNangさん。久々に昨日と今日とAITに遊びに来ていたんだけど、昨日の新学長を迎えての会議では、勤務は関係ないのに甲斐甲斐しく働いてくれていた。そのNangさんを送るパーティがお昼時に開催されたのです。AITから南の方向に15分ぐらい走ったところにフューチャーパークっていう巨大ショッピングモールがあり、そこのベトナム料理屋さんにてスタッフ全員が全員集合しました。みんな、ベトナム料理を楽しんで、宴もたけなわ、挨拶タイムがやってきました。Nangさん、「優しい先生野本で働けて…」といった瞬間に、カンチャナ先生、「本当に?」ってつっこみを入れる。みんな大爆笑。カンチャナ先生は瞬間湯沸かし器なのです。いや、挨拶だからねぇ。そう言わざるを得ないだろう(笑)

この日は忙しくって早々にAITを離れなきゃいけなかったのですが、まともに挨拶をできなかったのが残念。何かの折りにラオスに行くことがあれば、ベーカリーにパンを買いに行こうと思っております。

投稿者 tsuchy : 22:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月18日

新学長

新学長がAITに就任した。新学長が来ることはずいぶん前から決まっていたことなのですが、何かの都合によって7月中旬まで先延ばしにされていたようです。その新学長が先週からAITで勤務し始めたのですが、僕のいるintERLabでintERLabの活動について話をするという機会が本日設けられたのです。ミーティングの趣旨は、我々が新学長に自分たちが何をしているのかを伝え、新学長はintERLabが何をしているのか、今後、AITにとってどういう使い方ができるのか、を理解することにありました。重要なミーティングなので、ちゃんと準備をして望んだのですが、僕的には40点ぐらいの出来。もう少し上手に出来たんじゃないの?!と反省しきり。だけど、カンチャナ先生はご機嫌とまではいかないけど、満足している感じだった。良い会議になったわ、これからに期待しましょうってな感じの感想を述べていたのでした。

自分の評価が低すぎるのか、カンチャナ先生の評価が甘いのか、どちらなのかわからないのだけど、まぁ、新学長さんも満足して帰って行ったので、まぁ、よしとするか…。

あ、今日は海の日なのね。海の日って7月20日だと思っていました。

投稿者 tsuchy : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月17日

引越の荷物到着

引越荷物
6月16日に出した引越の荷物がついに到着した!(実際に到着したのは先週)

全部で9箱ですね~。と聞かれたのだが、そんなこと覚えてないよ…とも言えず、「多分、9個です」と答える。業者酸も困っただろうなぁ。あとで伝票を探し出して確認しなきゃ。何はともあれ、綺麗に段ボール箱に詰められている荷物を、箱からどんどん取り出していく。あぁ、こんなもんも入れたなぁと思いつつ、また、なんでこんなもんを持ってきたんだろうと不思議に思う自分がいる。本当に、自分は引越が苦手だ…。本当、なるべく引っ越さずに生活したいものだ。

さて、引越の荷物の中から、ついに炊飯器登場!これで美味しいご飯が炊けるよ!!タイの炊飯器は日本でいうと20年ぐらい前の炊飯器で、ご飯は炊けるけど美味しく炊けない。日本のハイテク炊飯器は本当にすごいんだよ。あと、サッカーボールも登場。今度、サッカーするときに持っていくことにしよう。って、いつ行けるんだろう…。

投稿者 tsuchy : 22:34 | コメント (2) | トラックバック

2005年07月16日

千客万来

7月は日本からのお客さんが本当に多い。毎週末、誰かが来ているような気がする。振り返ってみると、7月2日の週末には英さんが来てくれた。9日の週末には、レオ夫妻。でもって、今回の週末にはぶやが…。23日の週末には再び、英さん。ええと、30日には誰か来たっけな…。

とういわけで、ぶやがバンコクに来るってことなので、ぶやとぶやの旧来の親友であるゆっきー、それからセコちゃんと4人でご飯を食べに行った。最初は焼き肉にしようよ~って話だったんだけど、僕のわがままでイタリア料理に変更してもらったのです。わがままを聞いてくれてありがとう。で、行ったお店は、スクンビットのベラナポリ。ピザとパスタをシェアして食べた。セコちゃん曰く、ここは言うほど美味しくないらしい。僕的にはこういうピザもありなんじゃない?と思うので、そこまで否定はしないけど、機会があれば近くのトスカーナにも行ってみたいものだ。うん。

あー。このあと、どこに行ったんだっけ…。まったく思い出せないなぁ。三歩歩けば全てを忘れる鳥頭を持つ僕の記憶は、かなり怪しいなぁ。

投稿者 tsuchy : 21:32 | コメント (14) | トラックバック

2005年07月15日

給湯器の限界

同じくバンコクに住む友達から湯船にお湯をはってお風呂に入るんだという話を聞いたので自分も試してみることにした。メイドさんがお風呂を綺麗にしてくれているので、お湯をはってみようと言う気になったのもある。さて、お湯をダバダバ出して、そろそろ溜まったかなー?と思ってみてみたら、水だった(涙) 給湯器のブレーカーが飛んでいたのだ。改めてお湯を貼り始めるもののブレーカーがすぐ飛ぶ…以前からお湯を使いまくったらお湯が出なくなっていたのを思い出す。うちではお風呂に入れないのか…。ブレーカーを大きい容量のものに変えればいいのかなぁ?!給湯器の能力も今ひとつだし…。残すは鍋でお湯を沸かしてそれを湯船に入れるぐらいしかお風呂に入る方法はないのか?!

投稿者 tsuchy : 21:32 | コメント (3) | トラックバック

2005年07月14日

水:SIAMビールシリーズに続いてお水シリーズ。タイでは水道の水を飲まないので飲み水用にペットボトルの水を買う。しかも激安。6リットルの水が40バーツ前後。一リットル20円ぐらいなのだ。で、僕の良く買う水を紹介することにした。

僕がバンコクに来たばかりの頃から飲んでいるお水が、このSIAMだ。白とブルーから作られるラベルがさわやかだ。特にミネラルウォータってわけじゃないんだけど、なんだか僕にとって飲みやすい。以前、福田さんから、SIAMは成分的にも一番良いんだと誰かの先生が言っていたと聞いたこともある。飲み水としてもお茶としても、まぁ及第点。日本の美味しい水と比べるとやっぱり日本人の口にはあわないけど、そんな仲でも美味しいと思えるお水なのでした。

投稿者 tsuchy : 22:30 | コメント (2) | トラックバック

2005年07月13日

7人乗り

車の保険に関する書類や車検証の準備ができたというので、オリックスオートリースの中原さんが職場を訪れてくれた。保険の説明を改めて受ける。その書類を見ながら目を疑った。なんと僕のジャス(日本名フィット)は、7人乗りなんだそうな。7人乗り?!シートはどう考えても5人分しかないんだけど、7人乗りなんだって。タイの法律ではこの手の車は一律7人乗りとしているらしい。つか、乗れないだろう、7人。だけど、タクシーに6人で乗ったことを思い出す。そういえば、7人ぐらいの人がタクシーから出てきたことも見かけたことがあるなぁ。ピックアップトラックの荷台に人がぎっしりつまっているのを見たこともある。そうか。僕の車は7人乗りなのか。どうりで搭乗者への保険も6人までかけられているわ。でも、僕の車に僕を含めて7人もの人が乗ることはあるんだろうか?!

投稿者 tsuchy : 21:21 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月12日

IP電話

CiscoIP電話実は前回の帰国時に日本から面白いオモチャを持ってきた。CiscoのIP電話だ。日本にコールマネージャを設置して、インターネットを利用した内線網を構築しているのだ。というわけで、日本の同僚や仲間とIP電話を使って気軽に電話できるようになりました。内線電話だから電話代もかからないし、これからテレコンを気軽におこなえます。ファイアウォールの設定でAITのネットワーク管理者といろいろ交渉が必要ではあったものの、とりあえず使えるようになりました。えっへん。日本からの電話も自由に受け取れるようになったので、自由に連絡を取りたい場合はいつでも電話してください。え、どうやって連絡を取るかって?それは個別に問い合わせてくださいね。

投稿者 tsuchy : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月11日

風邪引いた

なんだか体調が悪い。喉がヒリヒリして熱っぽく体がだるい。学生とのミーティングをキャンセルしてバンコク病院に向かう。バンコク病院はいつも僕を見てくれている日本語をしゃべる先生がいる病院。サミティベ、バムルンラードと共にバンコクでは有名な病院だ。方々の掲示板でどこそこの病院は藪だといろいろ書き込みを見かけるけど、僕は意に介せずバンコク病院に行くことにした。なんだかあそこが僕に一番あっているように思えるから。

医療費を保険で支払うための書類に記入しつつ、この部位を前にも治療したことがあるか?という問いに自信満々に「なし」と答えておいたんだけど、先生に診察してもらって過去のカルテを見てみると、あー半年前にも同じ症状になってますね…って言われた。自分の記憶なんてあてにならないなぁ。

まだ、症状もひどくないのでとりあえず薬をもらって帰る。注射や点滴はしなくても良いでしょうってことでした。注射や点滴、嫌いだし、素直に従っておきました。早く治らないかなぁ。

投稿者 tsuchy : 21:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月10日

再ヘルスランド

本日は女性陣が女性陣だけで動きたいっていうことだったので、後輩をヘルスランドに連れていくことにした。彼は女性陣におつきあいをしてスパには行ったものの古式マッサージはやっていないんだそうな。タイに来て古式マッサージを受けずに帰るとは何事だ!ってことで、僕がいつも行っているヘルスランドっていうマッサージ屋さんに行く。名前は怪しいがちゃんとしたお店。ここで2時間ほどもんでもらう。いつもと違う人にもんでもらったが、今回の人も上手であった。ちゃんと番号を覚えておいたので次回からこの人にもお願いすることにしよう。

その後、一緒にパンティッププラザに行ってDVD-Rを購入。彼を女性陣の元に送り届けたのであった。後輩夫婦は本日で帰国。短い滞在であった。また来てくださいな。

投稿者 tsuchy : 23:54 | コメント (2) | トラックバック

2005年07月09日

ビエンチャンキッチン

実は昨日から大学時代の後輩が夫婦で遊びに来ている。夫婦とも僕の後輩。結婚式では突然スピーチを振られ、あることあることを暴露して大変なことになった記憶がある(汗)彼のお父さんからは「秘密同盟は大切なのでこれからもよろしく」とご挨拶され赤面したことを思い出す。また、偶然にもその二人は僕と一緒に働いている福田さんと大学一年生からの仲良しさんでベストフレンドとお互いに称す仲。そんなもんだから、みんなでご飯を食べに行くことになったのだ。

昨日は、クロントゥーイのル・カフェ・サヤームに行ってタイ料理を食べました。ここも素敵なレストランだったが、店のあるクロントゥーイはなかなかすごい場所であった。で、本日はイサーン料理の定番ともいえるトンローのビエンチャンキッチンに。ここは以前、楠本さんを連れて行ったところだったのだがオーダーに失敗してしまい僕的には(きっと楠本さん的にも)あまり良いイメージを持っていなかったのだ。だけど、福田さんが注文をするとなんだか美味しい料理が並ぶんだよなぁ…。ちょっと僕は奇をてらいすぎたのかな…。そんなこんなで楽しく時間を過ごしました。

ちなみに本日は、慶応大学の同僚である中根も出張でタイに来ているので中根も交えての食事となったのでした。まさに7月はお客さんラッシュだな…。

投稿者 tsuchy : 23:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月08日

続・地道に更新

あぁ、なんだかある理由でコンピュータに向かう時間が減ってから更新しにくくなってしまったよ。だけど、頑張って地道に更新します。マメだなぁとか言われるけど、なんだか、もう意地だな。うん。

というわけで、お暇な方はお読みください・・・。今回は重要なイベントがあります(笑)

※このエントリはあとで削除されますので、コメントはつけても消されちゃいます。

6月17日 ワイン大宴会
6月18日 たまご密輸(?!)
6月19日 久々のバンコク
6月20日 落とし物
6月21日 僕の住んでるところ
6月22日 携帯電話復活(!?)
6月23日 納車
6月24日 メイドさん登場
6月25日 初給油
6月26日 タイの地図
6月27日 食い逃げ
6月28日 スピード違反未遂?!
6月29日 スコールの洗礼
6月30日 Nangさん最終日

投稿者 tsuchy : 05:57 | コメント (5) | トラックバック

2005年07月07日

ロンドンでテロ

うーむ。また、悲惨な事件が発生した。亡くなられた方には申し訳なく思うと共に、思想や行動背景の詳細はともかくとして、暴力を行使することそのものに憤りを感じる。僕の友人も数名ロンドンに在住しているのだが、彼らの身に何もなかったのは僕にとって不幸中の幸いであった。新聞報道によると日系の会社では外出禁止令が出たりしたらしい。

さて、タイでも深南部ではテロが発生しており、いつかはバンコクでテロがあるだろうと言われて久しい。人の多く集まるところには行かないようにと言う外務省のお達しはあるものの、それを気にしていたら生活も出来ないだろう。在タイ日本大使館職員も普通に人の集まるところに行っているはずだ。しかし、バンコクでテロが発生した場合、僕はどう行動すれば良いんだろうか。自分の行動を律する上司は日本にいるわけで、一緒に仕事をしている福田さんはいるものの、この立場でバンコクにいるのは僕一人。その行動を決めるのは僕自身になることだろう。安全サイドに倒すことは重要だとは思うけど、必要以上に事件にとらわれて行動が制限されるのもなんだしね。その場の状況に応じて行動するしかないか。

しかし、何も起こらないことを祈るよ~。

投稿者 tsuchy : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月06日

ビアシン

ビアシンネタがなくなって来た感じもするが、何かをシリーズ化すれば無尽蔵にネタは増えていくものだ。全てのシリーズが中途半端な感じはしなくはないけど、新しいシリーズを立ち上げてみる。その名も、シリーズ「タイのビール」。

一番手は、やっぱりこれでしょう。タイでビールを飲むとなったらこいつ。ビアシン。日本ではシンハービールの名で親しまれているけど、タイでシンハービールくださいって言ってても伝わらない(と思う)。エアコンのない屋外のレストランで汗をかきながら飲むビアシンは最高。日本人のみんなはぎょっとするかもしれないけど、ビアシンに氷を入れて冷たくして飲むのです。当然、お店では冷えたビールを出してくれるんだけど、外においていたら自然と温くなっていくのだ。だから最初から氷を入れて飲むのです。当然、ビールらしさは失われるんだけどアルコールを水のような感覚で飲めるのは新鮮な気分です。皆さんもタイに来たら氷入りのビール、試してみませんか?

投稿者 tsuchy : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月05日

UNIXワークショップ

UNIXワークショップ参加者本日から4日間連続のワークショップ。なんだか本業そっちのけでワークショップばっかりやっている感じだなぁ…。今回のワークショップはUNIXの管理者になるためのワークショップ。なんだけど、参加者はUNIXのユーザですらない人が中心なので、基本的なUNIXの使い方から入る。なかなか本質的な話に到達しない予感。タッチタイピングすら怪しい人がいる。ううむ。大丈夫なのかな。このワークショップ。

ただ、今回は人数が7人と少ないので何とかなるかな。いつものようにアットホームなワークショップ運営を心がけ、何とか最低限のレベルにまでは到達したいと思います。

しかし、参加者の身内っぷりったるものやすごいものがあるなぁ。AIT内部組織のITservから2名。THNICから1名、ToTから2名(しかも、AITの卒業生)、AITの学生さん1名、intERLabのスタッフ1名…。

ううむ。いいのか。こんなワークショップで…。

投稿者 tsuchy : 21:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月04日

ドライバーの合図

スピード違反に対する罰則については未だに何もわかっていないものの、出勤を急ぐあまり制限速度の80km/hを越えて走行しているのはいつものことだ。いつ捕まってもおかしくないだろうなぁ…。

そんな状況で通勤してるんだけども、高速道路を走っていると対向車線の車がライトをチカチカさせているのだ。それも一台ではなく、数台が。なんなんだろう?と思いつつ、自分のライトが消えていることを確認。日本でもライトが点いてたら、点いていることを伝えるためにチカチカさせることがある。それかな?と思ったのだ。でも、ライトは消えている。と、残すところは警察の取り締まりを伝える合図か?と感じたのでスピードを緩めてしばらく走行してみた。そうすると、なんとスピード違反の取り締まりをやっているではないか!日本もタイも、運転手は協力し合っているのね。しかも、同じ合図で取り締まりを伝えるとは。僕も次回から協力しようと思ったのでした。見ず知らずの運転手の皆様、ありがとう。おかげで捕まりませんでした。

投稿者 tsuchy : 22:17 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月03日

バスタブ

バスルームの排水溝問題は、大家さんの強酸攻撃により解決したが、バスタブの排水問題は実は解決していなかったのだ。少し髪の毛が溜まるとすぐ水が流れなくなる。困ったものだ。強酸を流すべきか?とも思ったけどバスタブが変色したり解けたりしたら嫌なのでやめておいた。

しかし、一念発起、問題解決に乗り出した。うちのバスタブの排水溝、ドライバを使ってカバーを外すのです。なんつうか説明下手だな…。まぁ、要するにつまりの根本となる物体を取るためにドライバーを使わなきゃいけなかったってことだ。その後、先の尖った爪楊枝みたいなものを使ったりして異物と格闘すること数十分。綺麗になった!しかも水もじゃんじゃん流れる!いやぁ、少しずつ生活が快適になっていくよ。

投稿者 tsuchy : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月02日

初スパとジャンニ

古式マッサージが大好きだ。機会があれば行きたいと思っている。あと、タイには古式マッサージではなく、スパと呼ばれるマッサージも存在する。今更、僕がその存在について書くほどのことではないけども。だけど、このスパ、セラピストさんの前で裸になるのが嫌だなぁと思って避けて通ってきた。だけど、年貢の納め時。英さんとスパに行こう!って話になり、福田さんのお導きによりトンローのBUA SPAに行きました。僕がやったのは普通のアロママッサージじゃなくてスウェディッシュマッサージ。ちょっと強めにぐいぐい押してくれる感じで心地よかったです。わずか90分の出来事だったんだけどリラックスできました。

英さんも同じスウェディッシュマッサージをしたのですが、5才ぐらい若返った感じで部屋から出てきました…。なんだか憑き物が落ちた感じ。人間、ここまで変われるのか!というぐらいすっきりしてました。

その後、福田さんお奨めのイタリア料理屋さん「ジャンニ」で晩ご飯。ここも上品なイタリア料理屋さんなんだけど、気楽に食べられる、そんな雰囲気。周りもイタリア料理を楽しんでいる。また行ってみたいなぁと思わせるお店でした。一人で夕食をふらり食べに来るのもありな感じ。パッポン2のフランス料理屋さん「ロブション」よりも上品ではあるけど、ロブションのように気楽に通えそう。機会があれば、また行きたいなぁ。

投稿者 tsuchy : 22:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月01日

バーンカニータ&ギャラリー

本日、英さんがシンガポールからの帰りにバンコクに寄ってくださいました。英さんは無類のタイ好き。僕がタイに赴任して以来、最もバンコクを訪問してくださっているお方です。感謝。感謝。

その英さんと福田さんと、コンラッド裏にあるバーンカニータ&ギャラリーに行ってきた。このレストラン、前から行こうとしていたんだけど、諸般の事情にて縁がなくなっていた。それで初めて行ってみたんだけど、これがなかなか美味しい。店構えも上品でお客さんを連れて行くにはぴったりのタイ料理屋さん。サービスも上品だし店内も上品。お皿、食器の類もすごい綺麗。価格帯は当然普通のタイ料理よりも高いけども、同じ上品な感じのブルーエレファントとは違って伝統的なタイ料理を出す感じで非常に美味しかったです。屋台や食堂のタイ料理を食べ慣れている僕は、なんだかタイ料理を食べている感じがしませんでした(^^;)

投稿者 tsuchy : 21:52 | コメント (0) | トラックバック