« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月30日

怒濤の帰国

実は久々の帰国中…。高校時代の親友の結婚式が広島である関係でプライベートで帰国することに。広島に帰るのはどのぐらいぶりだろう?あと大変お世話になっている兄貴みたいな人の結婚パーティも東京であったりして日本に戻ることにしたのです。中間テストを終えて家に戻り、荷物をまとめてから飛行機に飛び乗ったでした。偶然にも同じ飛行機にいつものように(?)同じ友達が乗っておりました。偶然ってすごい!

というわけで、9月30日の朝6時半ぐらいに日本に到着したのでした。その後、成田空港で車を借りて一路都内に向かいます。車を借りる理由は、非常に時間が限られている上に複数のところに行かなければならないから。荷物も多いのでタクシーに乗るぐらいなら車でしょ?って感じです。出てきた車は、なんとヒュンダイ。ヒュンダイには初めて乗るよ。どんな感じだろうと思いつつ、乗ってみると、悪いとは言わないけど自家用車としては自分で買わないなぁと言うレベル。ニュートラルに評価した上での評価ですー。

とりあえず、成田から一路、都内へ。まず向かうところはお寿司屋さん。築地のお寿司屋さん。昼間しかやらないお寿司屋さんなんだけど、いつも大混雑。12時ぐらいにのこのこご飯を食べに行くと、すごい行列に返り討ちになるお店。すごいうまいとは思わないけど、安く美味しいお寿司を食べさせてくれるリーズナブルなお店なので通っているのです。さすがに10時に到着すればすっと入れるだろうと思いきや、既に大行列…まじですかおまいら…って感じ。ちゃんと並んで待ってお寿司を食べる。うー。美味しい…。日本に戻ってきて良かった…。その後、車を秋葉原に走らせてヨドバシカメラへ。カンチャナ先生に研究機材用のデジタルビデオカメラを買ってきてくれって言われていたのだ。最近のデジタルビデオカメラって安いんだね。一台、4万円ってのもありました。取り急ぎ、安めのデジタルビデオカメラを買って、自分用のDVDソフトや細々としたものを購入。買い物シリーズ、とりあえず終了。一度ホテルにチェックインしてから、大学に向かったのでした。

大学でも色々やることがあるぞー。生協でMac OS(Tiger)をアカデミックプライスで買い、コンピュータで動作する辞書も一緒に購入。また、いつものように秘書さんにお土産を渡し、学生にはインスタントラーメンを渡し、斉藤先生にご挨拶に行く。その後、前回の健康診断でお世話になったウェルネスセンターの方にもご挨拶。以前、タイに留学されていた方がいらっしゃるらしく、うちに余っているフリーペーパーDACOを持っていってあげたのでした。その後、同僚とさんまを食べて、そうこうしているうちに車を帰す時間がやってきて、慌てて大学を出発。あわただしい滞在であった。

羽田空港に車を返してから、友達と約束していたので晩ご飯を食べに行く。新橋界隈で遅くまで飲み明かし、ホテルに帰って倒れるように寝たのでした…。

うーん。忙しいけど内容の濃い一日であった。

投稿者 tsuchy : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月29日

中間テスト

中間テスト本日は中間テスト。僕が受け持っているコンピュータネットワークのクラスの中間テストの日だ。全部で五問。100点満点のテストを作ってみた。試験時間は約二時間。記述式のテストなので、みんな必死に文章を書いている。一応、テストなのでどこに誰が座っているのかを確認して不正がないかどうかを確認しなければならないので写真を撮ってみた。あとで回収したテストと比べてみようと思って。

ところで、一枚目の写真を撮った後、学生の一部が「もう一つ!」って言ってきた。なんだ、解答用紙が足りないのかなぁと思って解答用紙を渡そうとすると、「違う、写真!」と言ってきた。分けもわからず二枚目の写真を撮ってみる。そしたら、後ろの方でピースをするやつ発見…。おまえらなー。と思いつつ、きっとなめられているんだろうなーと思った(笑)

ちなみに、インド出身の二人がなんだか怪しい動き…。なんだかなぁ。一応警告したら怪しい動きが止まったのでした。むー。

投稿者 tsuchy : 15:17 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月28日

路上凱旋活動

路上凱旋活動

大学に向かって車を走らせていると、理不尽に大渋滞…。先日のように交通事故なのか?!と思っていたところ、今度は違った。なんと分離合流ポイントにて街宣車を止めて人が立ち止まってシュプレヒコールをあげていた!当然、何を言っているかわからないし、持っている看板や段幕に何が書いてあるかを理解するよしもない。道路からビルに向かってみんながいっせいに叫んでいる。きっと会社に対する抗議活動だろう。なにか従業員として会社に言いたいことがあるのかもしれない。

だーけーど、分離した後の、この先に合流のある二車線の道路の右側に街宣車を停めて道をふさぐのはやめてくれ…。まったくもって迷惑じゃ~。と思いつつ、普段は家を出て10分後ぐらいに通過するポイントを30分後ぐらいに通過したのでした。やばい、遅刻しじゃうじゃない…。というわけで、またスピード違反で捕まるのでした(嘘)

投稿者 tsuchy : 21:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月27日

安国寺

誰から聞いた話かもう覚えていないんだけど、タイ人が日本旅行をする時に行きたいところナンバーワンと言えば、皇居でもなく、金閣寺でもなく、宮島でもなく、流行りのスポットである六本木ヒルズでもなく、安国寺なんだそうです。みんな、安国寺ってどこかわかりますか?少なくとも僕は知りません(笑)だけど、タイ人には有名なんだそうです。ちなみに、日本人である僕も、このブログを読んでいるみんなも知っているらしいです。

で、答えなんですが、一休さんが修行していたお寺が安国寺なんだそうです。一体全体、どこにあるんだろう、安国寺。ちなみに、タイではドラえもんに次ぐぐらい一休さんが大人気なんです。仏教国であるタイは、やっぱりお坊さんの漫画が好きなんだろうなぁ。一休さんは可愛い小坊主さんとして扱われているようで。だけど、お坊さんがさよちゃんと手をつないで歩く姿はタイ人にとってかなり変にうつるようで、僕自身も「なんで一休さんはお坊さんなのに女性に触れているんだ?」と聞かれたことがあります。タイのお坊さんは女性に触れちゃいけないのだ。

Googleで調べたら、安国寺がどこにあるかとか出てくるかな?

投稿者 tsuchy : 20:40 | コメント (9) | トラックバック

2005年09月26日

交通事故

昨日の夜から交通事故の目撃が多い。昨日の夜中に自宅に向かって車を走らせていると、ミニバンが道路の真ん中で停まっている。事故かな?と思うと案の定、ミニバンの右前にバイクが倒れており、その傍らに人も倒れていた…。運転手が所在なく立ちつくしている…。うーん。状況から見てご愁傷様というか何というか…。明日は我が身と思って気をつけねば…。

でもって、今朝の通勤時、目の前を走るタクシーが左車線に車線変更しようとしたところ、後ろからバスもつっこんできており、軽くこすっていた。僕が見る限りあたっていないように見えたんだけど、あたっていたらしい。客をのせたままタクシーから運転手が降りてきてバス運転手に猛烈抗議…。僕はその脇をすり抜けつつ通勤。

それに加えて高速道路を走っていると、普段は絶対に混まないところで渋滞。こういう時はたいてい事故なんだ。案の定、三車線ある高速道路の真ん中に後ろがぐちゃぐちゃになったスポーティな車が一台。運転手は若い男の子でどこかに電話をしてました。女の子も横で呆然と立っておりました。高速道路中に車の破片が散らばっていて、パンクするんじゃないかと冷や冷やしつつ脇を通過。

続く時には続くもんだ。うーん、運転、気をつけなきゃ。

投稿者 tsuchy : 20:22 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月25日

整列乗車

整列乗車用案内
タイにおける電車の乗車マナーは日本のそれと大きく異なるのです。タイでは、みんな目標乗車位置にわらわらと集まっており、ドアが開くと一目散に乗車しようとするので、大きな駅では降りる人と乗る人で大混雑。常に大混雑の電車になってしまう日本では常に整列乗車をしているけども、タイではそうじゃないのだ。電車に限らず、バスもそう。バス停にはわらわらと人が集まっており、バスがきたら列も関係なく一目散にバスに駆け込むのだ。

そんなタイにも整列乗車の文化が導入されました。BTSのサイアム駅で整列乗車をしましょうと伝えるための線がプラットホームに引かれたのです。黄色く網状に線が引かれたところには並んでは駄目、矢印が書いてあるところに並びましょうという感じ。ちなみに、何故か乗り込む側は二列と一列に別れているのです。どうして二列と二列じゃないんだろうなぁと思いつつ、何はともあれ整列乗車がなされるのは快適に電車を乗り降りするために必要なので、良い方向に変わったなぁと喜んでいるのでした。

たまーに、その線の意味がわからずに誰も並んでいないところにぽつんと立っている人もいて、だだだーっと降りてくる人の波に押し出されちゃうのでした。微妙にかわいそう(^^;

投稿者 tsuchy : 23:54 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月24日

車線変更

またもや警察に捕まってしまった…。先日、スピード違反で捕まったばっかりなのに、今度は何だ?!ええと、車線変更してはいけないところで車線変更をしたのがいけなかったようです…。高速に乗る前にガソリンを入れて、かなり無理矢理の車線変更をしながら高速道路の乗り口に入ったところで御用…。一瞬、前の車が停められたのかなぁと思ったものの、やっぱり自分だった。スピード違反の時と違って、捕まりそうな予感がしていたのだ…。警察官、今回は丁寧に絵を描き始めて、波線では車線変更可能、直線では車線変更不可能と、免許を取っているものであれば知っていて当然のことを僕に伝えてくれた…。うーん。御用か、御用だ…。急いでいたこともあり、某焼き肉屋さんのアドバイスを頭に浮かべつつ、100バーツ札をおもむろに出して、こっそり警察官に渡した。警察官、急に説明をやめて僕への興味を失わせる…。僕も何も言わずに車を発進。何事もなかったかのように時間が流れ始める。

これがこの国の社会システムだとはいえ、なにかやっぱり引っかかりつつも、こういうお金が警察官の家庭を支えている事実があったりして、自分への甘えと社会に対する矛盾に葛藤しつつ、車を走らせたのでした。ふむー。全てを完璧にするのは難しいとはいえ、完璧を目指して世の中を作っていかないと進展というか発展は無いような気もするのだ。

投稿者 tsuchy : 22:26 | コメント (3) | トラックバック

2005年09月23日

バイクタクシー

本日は、先日のTEIN2ワークショップのお礼も兼ねてNTTコミュニケーションタイランド訪問。Squareでファイナルファンタジーを作ってたり、IIJでIIJのバックボーンを運用してたりしていた凄腕エンジニアのTeruさんは、現在、NTTコミュニケーションタイランドにてお仕事をされているのです。そんなTeruさんにTEIN2ワークショップをお手伝い頂いていたのです。そんなこんなで楽しいお話でもしましょうということで本日は大学に行かずにNTTコミュニケーションタイランドに向かうことに。

本来はTEIN2ワークショップのお礼をしなきゃいけないのでご挨拶に伺いますという趣旨だったのですが、お昼ご飯を一緒に食べましょうと言うことになり、何故かご馳走になっちゃったりして、全然お礼をしていないじゃんかと思う次第…。しかも、10時の待ち合わせに対して若干遅れ気味に到着。時間に対する感覚が、だんだんタイ化してきてよくないなぁと思う。

そんなこんなで家から歩いて30分ほどのところにバイクタクシーに乗って出かけるのでした。メインの通りからソイ(小路)の奥の方に入るのにバイクタクシーには以前からよく乗っていたんだけど、その料金は10バーツぐらい。なのに、今回は40バーツも請求してきた。いや、ここでバイクタクシーに乗るのは初めてなので、「今回は」と書くのはおかしいんだが、この距離で40バーツはないだろう?!と思ったのだ。タクシーの初乗りが35バーツなのに…と思ってタクシーに乗ることに決定。高いよーと伝えてタクシーに乗ろうとすると30バーツにディスカウントされた。言い値ベースで値段を決めるこの手法では、適切な価格がわからないのが難点だ。やっぱり都会のバイクタクシーは田舎のバイクタクシーより高いんだろうか?!

投稿者 tsuchy : 23:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月22日

スピード違反

ついにスピード違反で捕まってしまった…。急いで大学に向かっていたところ高速道路で捕まっちゃったのです。ランシットに向かって走行中、ドンムアン空港の先でスピード違反の取り締まりをよくやっているのだ。知っていたのに、気がついていたのに捕まったのです。どのぐらいスピードを出していたんだろう?!いつも、時速120kmぐらいで走っていることが多いんだけども。

料金所の出口で、警察に停まるように指示されて車を停めた。警官が立ち寄ってくる。僕がスピードを出していた証拠を見せるわけでもなく、どうやらスピード違反だから罰金を払うようにと言うことを言ってきているようだ。当然、こんな専門的なタイ語がわかるはずもなく、会話が成立しない。免許を見せて、IDを見せて、んー、前回みたいに少ない金額を渡して解決してしまうか…と思ったものの、しばらく粘っていたら、もう行っていいよと言われた。警察が根負けしたのね(^^;)「ごー、すろーすろー」と言われて、僕はにっこり笑って「おーけー、ごーすろーすろー」といって現場を離れたのでした。

次回も、ちゃんと(?)粘ろう。

投稿者 tsuchy : 21:07 | コメント (5) | トラックバック

2005年09月21日

愛・地球博

本日は、イベント。愛知窮迫とも揶揄された愛・地球博は終わりに近づき大成功だったと言われていますが、タイではあまり取り上げられているような感じはしないなぁ。前からネタにしようと思っていたことがあるんだけど、ネタとして取り上げる前に万博が終わろうとしています(笑)僕がタイで見た唯一の万博の宣伝はBTSのホームで流れる宣伝テレビでした。見たのは、その一度限り。タイの人は万博が行われていることを知っているのだろうか…。

というわけで、万博。本日はWIDEプロジェクトが支援する万博クロージングイベントが実施されると言うことで多くの仲間が名古屋だけじゃなく世界中に散って頑張っています。そのイベントを、我々が日常的に利用しているAI3/SOI環境を使ってアジア諸国の人々とイベントを共有しようという話になっているのです。アムステルダムと北京、万博会場を接続してのジャズセッション。以前、坂本龍一さんがやったイベントに似ているような気がするんだけど、どのあたりが以前の技術と違うのか、恥ずかしながら詳細を知らない…(>_<)ウィンドウズメディアプレイヤーを使ってのマルチキャストストリーム受信。

ここでAITサイトのみ、トラブルが発生していることが判明。大方の受信には問題ないんだけど、極たまに再現性無く映像と音声がとぎれるのだ。受信コンピュータの性能を疑ったりネットワークを疑ったりしてトラブルシューティングをしたんだけど、どうやらネットワークに問題がありそう…。ちょっと本腰入れてトラブルシューティングしなきゃいかんなぁ。頑張らなきゃ。

投稿者 tsuchy : 22:01 | コメント (3) | トラックバック

2005年09月20日

バッテリあがり

朝、普通に起きて出勤しようと思い駐車場に行くと、車のドアを開けるリモコンが動作しない。おろ?と思いつつ何度もボタンを押してみるものの、やはり動作しない。リモコンが壊れたのかなぁと思いつつ、換えのリモコンを部屋に取りに行く。あら?換えのリモコンでも動作しないぞ?!とリモコンに頼らず、手動でドアを開けてみた。こういうときはやはり手動だね。何でも便利になりすぎるのは良くないなと思いつつ、エンジンをかけてみた。しかし、かからない。おーのー!バッテリ上がりか?!昨日点検してもらったばかりなのに!?ランプがついてたり、ハザードがつきっぱなしだった形跡はない。突然のバッテリ上がり。慌ててリース会社さんに連絡し、状況を説明する。リース会社さんの判断ではリモコンでロックした車を手動で開けたため、車のセキュリティシステムが動作し、その結果、エンジンがかからないのではないか?と言っている。そうだよねぇ。昨日、点検したばっかりなのに、バッテリ上がりなんてありえないよなぁ…。急遽、リモコン会社のエンジニアさんがやってくる。しかし、リモコン会社のエンジニアさんは、バッテリ上がりだから俺たちは関係ねぇと言わんばかり。確かに。ハザードランプがつかないもんね。エンジンがかかっていない状態でも、ハザードランプぐらいはつくわな、普通。というわけで、彼らには帰って頂きました(笑)その次に、リース会社さんが送り込んできたのは、オートバックスのような会社のエンジニアさん。新たなバッテリをバイクに積んで登場。手際よくってほどでもないんだけど、もたもたしつつもバッテリを交換。お約束のようにリモコンも聞くようになるし、ハザードランプもつく、当然、エンジンもかかる。ありがとう、エンジニアさん。この時点で、既にお昼1時をまわっておりました…。うーん。半日ほど無駄に過ごしてしまったよ…。

投稿者 tsuchy : 20:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月19日

5000km点検

9月12日にめでたく(?)走行距離が5000kmを越えて、初めての点検がやってきた。車はリース会社の所有なので点検の費用とか修理代とかは全てリース会社持ちなんだけど、車をディーラまで持っていくのは利用者の仕事らしい。というわけで、ランシットのフューチャーパークから少しバンコクよりにホンダのディーラーがあるので、朝早く出勤し車を届けてきた。当然のごとく、そういったディーラーでまともな英語が通じるはずもなく、僕は事前にもらっていた書類を渡してとりあえずにこにこしていた。向こうが言うタイ語を頑張って聞いて、どうやら12時には点検や整備が終わっているから取りにこいという話になっていると想像できた。

タクシーで職場に戻り仕事をしていると、お昼過ぎに電話がかかってきて整備が終わったと言われた(少なくもそう想像できた)。なので、再びタクシーに乗ってディーラーさんへ。なんと、車も綺麗になっているじゃないですか(外だけ)。

ホンダさん、ありがとう。次回の洗車が10000km点検の時にならないように、頑張って洗車方法を見つけておきます(笑)

投稿者 tsuchy : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月18日

高級中華

豚の丸焼き

あー。なんやかんやで激しく忙しく、ブログに載せる文章を書くこともままならない時期が続いてしまった。頑張ってたまった記事を書いていきますので、またしばらくまとめ更新におつきあいください。

さて、本日は、以前に頼んでおいた携帯電話が納品されたという連絡があったので、オフ会なのです。どんなお仕事をされているのか、まったく知らないのですがバンコクと香港、日本をグルグル巡られている方と仲良くさせてもらっております。その方に少し古いんだけどレーザーポインタ内蔵の携帯電話を香港で買ってきてもらったのです。普段、レーザポインタって持ち歩かないじゃないですか、だけど携帯電話になると持ち歩くかなぁと思って購入を決意。授業や講演の時に使えるかなぁと思ったのです。値段もバンコクで市販されている一般的な携帯電話なんかと比べると格安の2500Bぐらい。正確な金額は既に忘却の彼方だ…。いずれにしてもバンコクで新品の携帯電話を買うと少なくとも3000~4000バーツからスタートってこともあり、悪くない買い物だと思ってます。なぜか内蔵着メロに、ガッチャマンとかラリーXとかがあったりして、中国製らしさを醸し出しております。著作権の概念はやっぱりないんだろうなぁ(笑)

ちなみに、本日のオフ会はチャオプラヤ川沿いのシャングリラホテルの中華「シャンパレス」。かなり高級感満載なんだけど、場違い感を感じつつも美味しく食事をいただきました。子豚の丸焼きや北京ダックが出てきたり、もちろん普通の中華料理も出てきたりしたんだけど、値段もすごかったぁ。僕の一週間分ぐらいの食費が吹き飛ぶほどでした(笑)あ、噂通り、デザートのマンゴプリンは濃厚で美味しかったなぁ。

投稿者 tsuchy : 20:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月17日

窓ふきバイト

突然だけど、僕の車は汚い。激しく汚い。リース会社の人がここを読んでいないことを祈るばかりだが、納車以来、一度も洗っていない。洗う場所でも見つかれば自分で洗えば良いんだけど、洗う場所も知らない。ガソリンスタンドで頼めるのかな?言葉もわからない。だけど、さほど困っているわけではないので本を片手に意地でも洗ってくれって伝えるぞ!という状態にもならない。なので、汚いのだ。そんな僕は、車が汚くなると雨が降らないかなーと思う。激しい雨が降ると、あとで車が適度に綺麗になっているのだ(笑)ううむ。なんと適当な性格…。リース会社の中原さん、ごめんなさい。

というわけで、先日、日中に車を走らせていると、ルンピニ公園の横で信号待ち。子どもが寄ってきた。いきなり窓を洗剤で拭き始め、綺麗に汚れを拭き取ってくれた。しかし、運転席側だけ。助手席は汚いまま。おいおい。やるなら全部やれよって感じなんだけど、運転席の窓越しに手を合わせてお金をちょうだい!とアピールしている。こういうの、あげない方が良いんだけど、せっかく綺麗したのにお金をくれないとは何事だ!と逆ギレして車を傷つけられることもあるらしいのでおとなしくあげることにした。いくらあげればいいのかわからなかったんだけど、財布の中に5バーツコインしかなかったので、5バーツコインを渡してあげた。にっこり笑って子どもは立ち去っていった…。

んー。車が汚いとこういうことに巻き込まれちゃうこともあるのね…。車を綺麗にする方法を何とか見つけ出さなければ。

投稿者 tsuchy : 21:16 | コメント (5) | トラックバック

2005年09月16日

タイ人?死人?

久々にタイ語ネタを披露。

先日、タイ人と話をしていたときである。僕の発音が間違っていると指摘された。「タイ人」はタイ語で、「コンタイ」っていうのです。「コン」は「人」っていう意味なので、「コンタイ」で、タイ人となるのです。なんだけど、僕は「タイ」っていうのを「ターイ」と若干ながめに発音してしまう癖があるのだ。なので、「コンターイ」と言ってしまう。これ、落とし穴。「ターイ」って「死ぬ」っていう意味があり、「コンターイ」っていうと死んだ人、死人っていう意味になってしまうらしい。おお、やばい。「僕にはタイ人の友達がいる。」って言っているつもりが、「僕には死人の友達がいる」と言っていたらしい(笑)

しかも、「タイ語」は「パーサータイ」。これを「パーサーターイ」って言っちゃうと、タイ語ではなく死者の言葉っていう意味になっちゃうのだ。僕は「タイ語をしゃべりたい!」って言っているつもりが、「死者の言葉をしゃべりたい!」って言っていることになるらしい…。

おおお。僕はいたこじゃないんだから、発音、気をつけねば…。

投稿者 tsuchy : 23:05 | コメント (5) | トラックバック

2005年09月15日

研究ミーティング

最近、毎週木曜日の15時からは研究ミーティングをしているのです。昨日も書いたけど、カンチャナ先生がDVTS関係の研究をしたいらしく、それに関する研究ミーティングを週に一度しているのです。集められた人は、僕、テレコミュニケーション学科(?)のTeerapat助教授とPoompat講師。カンチャナ先生は、こんなことがやりたいのよねといって、僕らが延々と議論する…。カンチャナ先生、ほとんど議論に参加せず…。発言したかと思うと、かなりトンチンカンなことを言う。うーむ。なんだかなぁ。詳しい研究内容は書けないんだけども、まぁ、彼女のやりたいことは理解できなくもないので、Poompat博士と一緒に議論を進める。

Poompat博士は、マサチューセッツ工科大学だかカーネギーメロン大学だかを卒業した優秀な研究者。つか、僕も適当だな(^^;) だけど、Poompat博士は本当にスマートなのだ。内容はどうであれ、Poompat博士との議論は楽しい。こういう時間がもっとあればいいのになぁと思いつつ、なかなかそういう時間が取れていないことに対して反省…。久々の研究関係の議論は楽しい。と、同時に最近は論文が読めていないことに対しても反省。学会にお金も払っていないし(!)、退会されちゃっているんだろうか?!論文を読む機会と時間を作らなきゃ。学会費、クレジットカードで支払えれば良いんだが…。あ、アメリカの学会はとも書くとして、日本の学会は海外まで論文を送ってもらえるんだろうか。

投稿者 tsuchy : 20:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月14日

洪水

しばらく雨が降り続いてます。東南アジア独特のばっと降って、すぐ止むタイプの雨だけでなく、そういった雨の合間もしとしと雨が降り続けているのです。これだけ雨が降ると治水が悪い地区では洪水が発生することが多々あるようなんだけども、実際にバンコク北部の工業地帯では、水があふれ車が故障したり、浸水したりと大変だったと聞いてます。うちの自宅や職場あたりは水が軽くあふれているものの、浸水したりって言うほどではなかったのは不幸中の幸い。

そんな中、水をかきわけつつ、コンピュータのパーツを買いにZEER RANGSITっていうITモールに行くことになりました。カンチャナ先生がDVTS関連の研究をintERLabで始めたいらしく、まず機材から購入らしいです。今更?と思わなくもないけど、今後、タイにも超広帯域なネットワークが来たときにDVTSのノウハウがあるのとないのとでは帯域の埋められ方が違うので(謎)、その準備って言うのもあるんだろう。カンチャナ先生、するどいというか、鼻がきいているのかな…。その買い出しに元学生であり今は同僚(部下?)のアワルと出かけたのです。

道中、いろんな話をしながら行ったんだけど、雨が降っているってこともあり、洪水の話題に。アワルはバングラディシュ出身なんだけども、彼に言わせてみたらこんなのは洪水のうちに入らないと豪語しておりました。床下、床上浸水なんて当たり前なんだそうです。バングラディッシュにはサイクロンがやってくるのですが、サイクロンがやってきたらあっという間に大洪水になるんだそうです。しかも、一階がまるまる水没するぐらい。なので、彼に言わせてみたら、ニューオリンズでの大洪水は災害のうちに入らないぐらいの勢いのよう。まぢですか。しかし、そんなに頻繁に洪水になるのであれば、1階には住めないし、電気製品なんて置けないよね、と聞くと、いやいや、そんなことはないと軽く言ってのける。水が増してきたらいっせいに荷物を2階に動かすんだそうです。きっと慣れたもんなんだろうね…。また、洪水になるのはわかっているので、避難施設もあらかじめ作ってあるんだそうです。その避難施設はなんもないボロのビルらしいんだけど、そこにみんながぎゅーぎゅーにつまって難を避けるんだそうな。アメリカ人は、いや日本人でもそういう場所には避難できないよなぁと思ったり、そんな状態になったら行政は非難されるんだろうなぁと思ったり。裕福な環境になれると元に戻れないとはよく言ったもので、バングラディシュ人にとって普通のことがアメリカ人や日本人にとっては普通じゃないんだよね。ふむ。テレビ映像で見るアメリカ人の姿、街の惨状を思い浮かべつつ、アワルの話を聞いて色々考えさせられたのでした。

投稿者 tsuchy : 23:45 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月13日

野菜サラダ

夜はライトなご飯を食べる方が良いというアドバイスがある。まぁ、そうなのかもしれないが、一般的に消費カロリー(基礎代謝)-摂取カロリー以上には太らないという大原則があると信じているので、基本的に気にしていないのだが、夜の摂取カロリーを抑えるのは一日トータルの摂取カロリーを減らす上でも重要であり、夜にライトな食事を摂る方法を見つけることは重要だ。しかも、最近、夜食べる方が太りやすいという研究結果も発表された(笑)

野菜サラダというわけで、摂取カロリーを抑えるための買い物方法を発見した。一人暮らしってこともあり、いろんな野菜を買って食べたいんだけど限界がある。その結果、数多くのトマトやタマネギ、にんじんが腐らせてしまった。農家の皆さん、ごめんなさい。どうにかして効率よく野菜をたくさん食べられないかなぁと思っていたところ、袋に野菜が入ったパックが売っているのを見つけた。まぁ、これでもいいんだけど、種類は葉ものだけだったりしてちょっと寂しい。そこで、スーパーでよく見かけていた野菜を袋に詰めて帰るコーナーにチャレンジしてみた。数種類の葉もの、タマネギ、トマト、きゅうり、茹でたトウモロコシなど、いろんな野菜をちょこちょこ袋に入れて量り売り。お店によっても値段が違うんだけど、100gあたり15バーツぐらいかな。野菜の新鮮さについては、生野菜を大量に買っていく人たちがいるお店(つまり、西洋人が多いお店)では、十分期待できると思う。自炊をしようと思ったときに、ちょこちょこ野菜を食べられるようになるのは良いかもね!

投稿者 tsuchy : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月12日

5000km

走行距離5000km到達! 9月6日に到達していたんだけど、書くタイミングを逸していたので、ここまで延び延びになってしまいました。遂に走行距離が5000kmになってしまいました。6月末から乗り始めたので、約2ヶ月半で5000km。毎日の通勤が約80km~90kmぐらいなので、やっぱりこのぐらいの走行距離になるんだろうなぁ。さぁ、5000kmの点検に車を持って行かなきゃ。しかし、時間はあるんだろうか…。

ちなみに、写真は走行中に激写したものです(笑)場所は職場から家に戻っている最中。どのあたりだったかな、地名は思い出せないけど、左手にPENSONICという、いかにもパナソニックをパクったかのような怪しい看板がでているあたりですね。5000kmになるあたりで、一番左の車線に車を寄せてスピードを80km/hぐらいまで落として安全に激写。いや、安全じゃないんだけども(笑)

投稿者 tsuchy : 22:10 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月11日

Wine Connection

本日、日本では第44回衆議院議員選挙。僕は在外選挙人登録をしているので、先日、在外投票をしておいた。んなもんで、バンコクにてNHKを観戦。まさに観戦って感じだったなぁ。結果はどうであれ、日本と国民の将来、そして世界も輝かしいものになることを願うばかりです。

WineConnectionテレビで選挙速報を見るために、その準備をしなければならない(謎)外食をすることは考えられなかったので、とりあえず自炊をするために食材を買いに出かけてみました。そんな凝った料理を作れるはずもないので、シンプルな料理を作らにゃならないのです。テレビを見るのにシラフって言うわけにもいかんだろうし、お酒を何にするか考えてみました。前回のゆったりした休日は8月12日だったなぁ。その日に買ったワインがあることを思い出すものの、どうせ飲むなら別のワインにしようと思い、前から気になっていたワイン屋さんに行ってみたのです。その名も、Wine Connection。場所は、Nana駅とPhloenchit駅のちょうど間ぐらい。クルンタイ銀行本店の隣ね。スクンビット通りの北側です。車で通るたびに気になっていたのです。

お店に入ってみると意外と狭い…。ワインの種類も少ない…。なんだけど、その時に力を入れて売っているワインを試飲させてくれるのが良かったね。店員のお姉さんも全くのワイン素人って言うわけでもなく、色々と話をしつつワインを買えるのがいいかな~。別段、すごいワインがずらりと並んでいるわけじゃないけど、アットホームなワイン屋さんなのでした。あと、ワインだけじゃなくてグラスも売っていたりして、決してエレガントな品物じゃないけど、だけど日常使いできるような気軽に使えるグラスがリーズナブルな値段で売っているのです。夜も遅くまで営業しているようです(24時か26時ぐらいまで)。あ、グラスワインで飲ませてくれるのもポイントかな。ちなみに、このお店、4000バーツだったか、6000バーツ買うと配達もしてくれるらしい。お気に入りのワインを見つけて定番的に買ったり、ちょっと高めのワインを選んで買うときには配達してくれると便利かも。あぁ、このお店の問題点が一つあった。直射日光が当たるような位置にワインが並べてあるんだよね…。ガラスは特殊なものなのかなぁ。あれだとワインが傷んじゃうんじゃないかと思ったのでした。

そんなもんで、試飲した結果、3本も買ってしまった。KiNG FiSHっていうブランドのカリフォルニアワイン、SyrahとMerlotを一本ずつ。一本480バーツ。あと、試飲はできなかったんだけど、ラブレロワ(Laboure-roi)の白ワインを買ってみました。ここのお店はラブレロワのワインが色々とおいてあったのです。その中から、アリゴテ(Aligote)の白ワインを買ってみた。ブルゴーニュだと普通はシャルドネなんだけどね。あっさりと飲めそうな気がしたので、あっさりめのご飯を食べながら飲むと良さそう。暑い日に昼真っから飲むのにちょうど良いかな?値段忘れちゃったけど1200バーツぐらい。

で、前回のお休みの日と同じように鶏肉を塩で焼いて、付け合わせに粉ふきいもとタマネギを炒めたものを付けたのでした。芋、作りすぎた(X_X)選挙速報もはじまってるや。ワインをあけてご飯を食べつつ日本の将来を考えた、そんなのんびりした一日でした。

投稿者 tsuchy : 21:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月10日

パネルディスカッション

本日はお休みかと思いきや、そんなことはない。怒濤の一週間は土曜日まで浸食しているのです。本日はTEIN2ワークショップの最終日。全てのワークショップを終えて、General
Discussion。朝から会議。僕自身はTEIN2ネットワークの運用には関わらないと思うので、なんで僕がここにいるんだ?!という雰囲気ではあるんだけど、R&Eネットワークの運用というトピックでパネルディスカッションに参加しなければならなかったのです。AARNET、GEANT、JGN2、CERNET、WIDEの人が一堂に会してパネルディスカッションを行う。色々な話ができて楽しいひとときでした。一番驚いたのが中国のR&Dネットワークは巨大なので中国の商用ISPから経路を買うことなく普通にピアを張ってもらっているっていうこと。やっぱり数は力だな…。

お昼ご飯を終えて、TEIN2ネットワークのオペレーションについての具体的な話に。TEIN2ネットワークの運用は基本的にCERNETが行うことになっているらしい。DANTEがCERNETに発注したということになっているようだ。技術レベル的にはCERNETを中心に運用することに対して問題はないんだろうけど、それぞれの国がどのようにTEIN2ネットワークの運用に関わってくるのか、まったく見えないまま終了。その点においてのみ一抹の不安を覚えるが、もっとも僕はTEIN2ネットワーク的には部外者なので、いかんともしがたいなぁ。

ふー。やっと怒濤の一週間が終了。明日は久々にお休みだぁ。

投稿者 tsuchy : 22:27 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月09日

ThaiSarn Seminor

本日は、伊勢丹が入っているセントラルワールドプラザ(昔で言うワールドトレードセンター)にて講演。巨大デパートで何故講演?!という感じなんだけど、建物6階に元ICT相のスラポンさんが作った巨大ICT施設がある。そこにセミナールームがあり、タイのR&E(Research & Education)ネットワークについてのセミナーが開催されたのだ。主催は科学技術省管下のNECTEC。そのNECTECがToward Global Research Network"と称してセミナーを開いたのです。僕はそこに招待されて話をすることに。日本からもNICTから豊田さんやNIIの松方さんなど、そうそうたるメンバーがいたりして…こんなところで話をして良いのかと…。皆さんの話を聞かないわけには行かないだろうと思い、午前中から参加した。

会はつつがなく進み、自分の順番が来た。いつものようにタイ語で簡単な挨拶をして、実際の話は英語で…というとみんなが笑ってくれる。なんかタイの人に向けての講演の定番挨拶となってしまった。話の内容は基本的にWIDEプロジェクトの紹介。技術的なことよりもWIDEプロジェクトの哲学や考え方、国際的な活動範囲について色々と紹介しました。時間は短かったんだけど、WIDEプロジェクトがどんな組織なのかはわかってもらえたんじゃないかな。講演中、そうだそうだと頷いて聞いてくれていた人もいたりして共感してくれているようだった。講演後、講演のお礼としてベンジャロン焼きの器をもらう。なかなか自分ではこういうのを買わないので、なんか良い感じ。職場のちょっとした小物入れとかに使おうかな。

講演後に、スタッフや講演者と一緒にセントラルワールドプラザ内にあるタイ料理チェーン店シーファーにいってタイ料理を食べる。昨日のマンゴツリーとは違って普通のタイ料理であった。普通に美味しく食べられました。あはは。やっぱり西洋人向けにアレンジされたタイ料理より普通のタイ料理の方が美味しいね。

一応、プログラムとか、何となく貼り付けておくか、と思ったけど上手に貼り付けられないので、URLだけはっときます。ThaiSarn Seminorのプログラムはこんな感じでした。そのうちリンクが切れるんだろうな。

投稿者 tsuchy : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月08日

マンゴツリー

TEIN2ワークショップも4日目。教える義務から解放されたのだが本日は授業。頑張っていつものように熱弁をふるう。約一ヶ月がすぎ、学生の顔はだいたい覚えた。名前は…日本人の名前でも覚えられないからなぁ、おいおい頑張って覚えていきます。

本日は、TEIN2ワークショップ主催のディナー。ずーっとバンコク北側にあるランシットに閉じこめられているインストラクターと参加者をバンコクに連れて行こうという思いもあり、スリウォンにあるマンゴツリーに行くことになっていた。実際のところ、先にも書いたけど参加者はみんな毎晩バンコクに出てきてたらしい。ずーっとおとなしく(?)ランシットにいたのはインストラクターだけだったようだ。なんのこっちゃ。

マンゴツリーは西洋人に人気があるタイ料理屋さんらしいです。ワインリストとかもちゃんとあったりして驚きました。フランス人と同席したんだけど、やっぱりフランス人はワインに対してやっぱり色々と思い入れがあるらしい。偏見かもしれないけど、飲んだワインは美味しかったです。一本目はボジョレー(ただしヌーボーではない)、二本目はラベルを見れなかったのでどこか解らないけど、ブルゴーニュ。どちらも美味しくいただきました。でも、白は注文しないのね。何でだろう。単なる偶然かな。

タイ料理は…美味しくないとは言わないけど、こりゃタイ料理じゃないだろう~?!って感じ。西洋人向けにアレンジしたタイ料理。トムヤムクン、ちっと塩辛かったなぁ。良い値段するレストランのようだし、自分の財布じゃきっと行かないと思う。

あと、同席したテルさんとテルさんの同僚Borpitさんとタイの文化について色々と話をする。やっぱりタイの人と話すのは楽しい。自分のタイ語のトレーニングにもなるしね。

みんなはバスに乗ってランシットに戻っていきましたが自分はBTSで自宅に戻りました。途中でたこ焼きをゲット。なんか物足りなかったからね。食べ過ぎ?

投稿者 tsuchy : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月07日

初購入@iTMS

本日でワークショップ前半戦が終了。ルーティングのセッションが終わる。とりあえず僕のお役目も終了。ここまで三日間、よく頑張ってきた!あとは明日の授業の準備だ…。本日はワークショップの関係で、やむなく休講に。明日は休講にする理由がないので授業をしなきゃいけない。なので今晩も徹夜まではいかないけど授業の準備を頑張る…。

iTMSにて音楽購入帰宅後、家で頑張って仕事。気分転換に音楽をかける。そうこうしていると、iTMSの日本版に接続できないっていう理由で、iTunesをいじってたらiTunesが削除もインストールもできなくなってしまい、Mac OS Xを再インストールしたのを思い出した。前からオンラインで音楽を買うって言うものがどんなものなのか体験したいなぁと思っていたので本日試すことに。ちょうどメールマガジンにてBOOMの宮沢さんのiTMSだけで販売する未発表曲が発売されたと書いてあった。よし、購入を決意。

ちなみに、タイにいると日本の音楽をどんどん聴かなくなる。もともと流行り廃りに関係ない音楽を聴いたり、買ったりしていたので大きな問題ではないのだが、アメリカに住んでいたときにはインターネットなど使えなかったので一年間、まるまる情報が欠落してしまっていた。バンコクでは日本のCDが安く買えたりするので、新作系だったら日本で買うよりバンコクで買った方が安い。

最初、音楽を検索するときに何故か「宮本」と入力、全然出てこない。「なんだよ、まだ売ってないのか?」と呆れるものの、広島に住む友人、そにたんと話をしてると「やすおさん、宮本じゃなくて宮沢じゃないすか?」とつっこまれた。「宮沢」で検索すると、出てきましたよ(笑)普段は一曲150円、五曲なので750円なんだが、セットで買うと600円らしい。アルバムを購入ボタンを押して、五曲がダウンロードされました。一曲あたり1分ぐらいかな?日本で買ったらもっと早い??

いやー、簡単に音楽が買えるのね。思いの外、簡単。ラジオとか聞いてて、「あっ、この曲繰り返して聞きたいな!」っていうのがあれば、そのままクリックして購入とかできると良いのに。ラジオだと曲名や歌手名がわからんことが多いので、そのままでは購入にいたらない。ラジオとインターネットは、まだまだ別の世界だから。そのうち、オンラインラジオ局とかが曲紹介をしつつ、iTMSにリンクが張ってあったりする時代が来ると、僕も曲をバンバン買うようになるのかな。オンラインラジオ局がアフィリエイトとかやればラジオ局的には新たな収入源になったりするのかな?良い曲を選んで配信するだけで稼げる可能性があるなんて、ラジオ局の持つ力の新たな可能性を感じたりして。

しかし、一曲が150円って安いんだろうか、高いんだろうか。アルバムなんかになると10曲入ってると仮定して1500円。そうしたらCDを買った方が良いじゃんとか思ったりする。タイで買うことを前提とすればiTMSで買うよりCDを買った方が安いんじゃないかな。レコード時代に生きてきた人がCD時代が来たときに、やっぱりレコードだよ!って言っていたように、CD時代に生きてきた僕は、やっぱりCDだよなーって思う。オンラインで買うとジャケットとかもないし。だけど、ぽっと聴いた曲をしばらく聴き続けたい!と思った場合には150円は安いと思う。シングルCDが今まで700円だったとしたら、それが150円で買えるとなれば激安感がある。多分、以前より一曲ずつ音楽を買うっていう消費パターンが増えるんだろうなぁ。気に入った曲をぽいぽい150円で買って飽きたら聞かなくなる。何年かごにシャッフルでよみがえって懐かしさと共に聞く。iTMSって、そんな音楽の消費の仕方には適しているように思えた。システムが人間の音楽の聴き方を変えちゃうのか。僕はこれからどうやって音楽とつきあっていくんだろうなぁ。

投稿者 tsuchy : 22:42 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月06日

ナイトライフ

普段はどんなに忙しくても家に帰って寝るようにしてたんだけど、今回ばかりはギブアップ。また明け方まで準備をする関係で昨日の夜は大学に泊まったのだ。かなり広いが中途半端な部屋に宿泊。900バーツなり。高いな。こんな田舎のこの部屋のクオリティで900バーツって。しかも、税金をちゃんと取るから963バーツ。なるべく泊まらないようにしたいものだ。泊まるなら研究室で寝るな。うん。

ワークショップの運営側である我々は、日々身を削るような思いをしつつ運営をしているんだけど、参加者側はそうではない。東南アジアから参加している彼らは人生を楽しむ術を知っている。特にフィリピンからの参加者。ランチタイムにスケベな話をしてくる。よなよなパッポンとかに行っているらしい…。まぢですか。彼らはナイトライフを楽しんでいるのです。まさか買春とかしてないよなー。こういう話をすると、フィリピンの人が全員そうだという雰囲気になってくるんだが、実際にはそうではない。まじめな人もたくさんいる。だけど、人生を楽しむ術を知っている陽気な人が多いってことは言えると思う。

ぎりぎりまで頑張る性格を持った自分を誇りに思うものの、人生を上手に謳歌していない自分をもどかしくも思い、まぁ、それも個性だろうとほどよく諦めていたりして。本当、下手な性格だなぁ…。

投稿者 tsuchy : 23:58 | コメント (4) | トラックバック

2005年09月05日

TEIN2ワークショップ初日

TEIN2ワークショップ集合写真
朝7時過ぎのバンコクは、それなりに車が走っている。こんな時間に出勤することもそんなに無いので、これが渋滞しているのかどうか良くわからない。何はともあれ、朝9時開始には間に合った…。

会場に到着して、一緒に講師をするパートナーと出会う。KT(コリアテレコム)のIJ。アメリカに留学していたのか、かなり流ちょうな英語を操るナイスガイ。これからの3日間に光が差した思いだ。ワークショップ前半戦は僕の担当、後半戦はIJの担当。とりあえず二人で頑張って3日間を乗り切ることにした。

9時10分、15分、20分。フィリピンからの参加者が来ない…。仕方がないので始める。フィリピンからの参加者、遅れて登場。大物だ。しかも、知り合い。今回のワークショップはいつもの東南アジアってこともあり、知っている顔がちらほら…。"Good to see you again!!"とお互いい言いつつ再会を喜ぶ。ワークショップそのものは、機材が足りない!という問題はあるものの、なんとか無事に進行している。あ、フィリピンからの参加者以外、みんな一生懸命聞いてくれている(笑)

そもそもこのワークショップは、DANTEからの依頼で実施されている。DANTEはヨーロッパにおける教育研究用のネットワークの運用を行っている組織。EUがヨーロッパとアジアとを接続するネットワークをEUの予算でひくことになっており、EUの支援により東南アジアにネットワークを構築しましょうというプロジェクトがTEIN2。その関係で、東南アジアのTEIN2ネットワークのオペレータをちゃんと育成しないとネットワーク運用がままならないということで実施しているのだ。BGPを運用したことのないような人達ばっかりの中、いきなりBGPを運用するようにしろってのが無理な話で、少しは話がわかるようになっておかないと困るのでワークショップを開催することに。

コースは、BGPをばりばりつっこんでやるシニアコースと、シニアエンジニアを支える人材を育成するジュニアコース。僕とIJはジュニアコースを担当。シニアコースはNTTコムタイランドのテルさんとAARNETのBruceにお願いすることに。テルさんはIIJでBGPオペレータをやってらっしゃったエンジニア、今回は本当に助けられました。ありがとうございます。

しかし、ワークショップの設計も適当、発注元のポリシーも適当、こんな内容で良いのか?と思いつつ、僕らが想像できる範囲での最大限の努力を実施。参加者がまじめに聞いてくれているのがせめてもの救いか。ワークショップの方向性が間違っていないことを信じつつ、怒濤の一週間の初日が終了…。

とはいえ、まだまだ翌日の準備もあったりして、この日も徹夜状態…。そろそろ徹夜が体に響く年齢なんだけど、頑張るしかない。

投稿者 tsuchy : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月04日

怒濤の一週間の始まり

明日からTEIN2 Kick-off Workshopが始まる。その準備をするために休日出勤。明日から始まるというのに自分が担当するぶんの準備も完全に終わっていない。しかも、自分だけのことならまだしも全体の準備も終わっていない。本当に間に合うのか?!と半ば投げやり気味になりつつも、やるしかないので頑張る。

頑張る。頑張る…。ひたすら頑張る…。

明日の朝9時からワークショップが始まるというのに、当日朝5時前の段階で短パンにTシャツ。一度着替えに家に帰らねば。ほとんど車が走っていないタイの高速道路をひたすら爆走。30分もかからないうちに帰宅。ほんのちょっとだけ…と思ってソファーに横になったのが失敗だ。気がつくと寝ていた。やばいっ遅刻!?っと思って時計を見ると7時。慌てて着替えて車に飛び乗ったのでした。あぁ、怒濤の一週間が幕開けするのか。

投稿者 tsuchy : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月03日

在外投票

投票所案内の立て看板 先日、無事に在外選挙人証をゲットしたので海外で投票できる権利を得たよ。本日は家でお仕事なんだけども、週末を逃すと選挙に行けないので投票に行ってきました。日本にいる時も選挙は必ず参加していたので無事に参加できて良かったよ。

バンコクにおける在外選挙は、アソックにある在タイ日本大使館総領事部にて行うのだ。SERMITタワーの9階。エレベータの前には、第44回衆議院議員総選挙投票会場は9階ですっていう看板が立っている。さっそく、9階までエレベータで上る。普段はビザ取得や各種書類を取るために人でごった返しているんだけど、今日は心なしか静かだなぁ。

会場に入ると、まず「投票用紙等請求書」という書類に名前と在外選挙人証の登録番号を記入する。この書類を提出することで投票用紙がもらえるようだ。投票用紙は日本で投票する用紙とまったく同じ形式。あと、投票用紙を入れる封筒があり、その封筒を入れる更に大きめの封筒をもらう。投票用紙を入れる袋は、外から見て何を書いたかわからないような封筒になってる。それを入れる封筒は普通の郵便の封筒。宛先は在外選挙人証を発行してくれた選挙管理委員会宛になる。なるほど、大使館はこの封筒を日本まで送り、日本に着いてから郵送でそれぞれの選挙管理委員会に送るんだね。道理で投票日である9月11日より早く投票を締め切るわけだ。ちなみに、在外選挙人証は以前に住民票があった地区の選挙管理委員会によって発行されるのだ。僕はバンコクに来る前は神奈川県藤沢市に住んでいたので藤沢市選挙管理委員会が在外選挙人証を発行してくれている。僕の投票用紙は藤沢市選挙管理委員会に送られることになった。

投票用紙記入場所 さて、投票用紙に政党名を書き入れるブースは日本とまったく同じ。かなりちゃちいついたてに間仕切られた場所にて鉛筆で政党名を書き入れる。在外選挙人が投票できるのは比例だけ。ブースには日本にはない冊子が置いてあって、それを見ると地域ごとに書き入れられる政党名が書いてあった。本当だ。北海道には鈴木宗男候補の政党が書いてある。新党大地だっけ?もとい、ええと、神奈川県藤沢市は南関東地区になるので、南関東地区で投票できる政党6つの中から一つを投票用紙に書き入れました。そして、その投票用紙を小さい封筒に入れて封をする。それをまた大きめの封筒に入れて封をする。今度はそれを立会人のところに持っていく。立会人は僕がちゃんと投票したことを示すサインをする。これにて投票終了。立会人がサインをしないと投票そのものが無効になるようだ。

外側の封筒には僕の名前が書いてあり僕が投票したという事実はわかる。藤沢市選挙管理委員会は、その外側の封筒を破り、中の内袋を投票用紙に入れるのであろう。この時点で、誰がどこに投票したのかわからなくなるんだね。なるほど。

初めての在外選挙、選挙なので箱の中に投票用紙をポイッっと入れるものを想像していたのだが、全然違うシステムになっていた。まぁ、色々つっこみたいところはあるけど、海外にいても投票できるのは嬉しいもんだ。しかし、どこの選挙区で誰が立候補しているのかさえわかれば、理論的には地方区にも投票できそうなもんだけど、数が多すぎてスケールしないんだろうな。

しかし、在外選挙、お金がかかってるなぁ。あのちゃちいブース、大使館にずっと置いてあるのかな?それとも選挙の度に日本から送って選挙が終わったら日本に持って帰るんだろうか。どのみちコストがかかってるし、投票用紙、タイから日本に郵送ってことはないだろうなぁ。大使館職員がハンドキャリーするんだろうなぁ。当然、ビジネスクラスで(苦笑)

ま、なんにせよ一票を投じた身としては、日本が住みよい国になってくれることを願うばかりです。

投稿者 tsuchy : 21:30 | コメント (7) | トラックバック

2005年09月02日

当て逃げ

当て逃げの傷

えーと、しばらく前に気がついたのですが、当て逃げされました。厳密に言うと、駐車場に車を止めてたところぶつけられたようです。左前のフェンダー部分。傷の付き方からすると、後ろからあてて引っかかれたような感じ。僕はぶつけた記憶もぶつけられた記憶もないので、どこかの駐車場に止めているときにぶつけられたのでしょう。つか、当てられてそれに気がついていないとしたら、そっちの方がヤバイ。というわけで、当て逃げ確定。とほほ。

リース会社からは、事故したらすぐに連絡くださいね!と言われていたので写真を撮ってさっそく報告。幸い傷がたいしたことがないし、当て逃げだってことでおとがめなし。ただし、当て逃げについては免責として2000Bほど出費しなければならない可能性があるようです。5000kmの点検が近いので、その時に治しましょうか?!という話になるものの、傷が気にならないのであれば、とりあえずそのまま乗り続けてもOKと言われました。確かにバンパーなので錆びたりしないから、ほっといても良いのかも。いつ傷つけられたのかもわからないぐらいなので、本人は気にしていないのだ。いやー、自分の車だったらショックだろうなぁ…。リースだと思うから、もちろん丁寧に乗っているんだけど、ショック度が低いのかもしれない。とりあえず、事故をしないように、再び当てられないように気をつけなければ。

投稿者 tsuchy : 23:34 | コメント (2) | トラックバック

2005年09月01日

BTSにテレビ

BTS内のテレビ本日は千葉商科大学時代の教え子が夫婦でバンコクに遊びに来るというので一緒にご飯を食べることに。夫婦共に教え子さんで二人ともICT関連の仕事をしているので、卒業後もつながりがあるのです。ご飯はランナム通りのティダイサーン。なんか定番化している気もするけど、気楽に連れていける、しかも普通に美味しいお店なので、そうなっちゃうのだ。

さて、ご飯を食べに行くので車を家に捨ててBTSでビクトリーモニュメントまで移動する。たまたまかもしれないけど、乗り込んだBTSになんとテレビが設置されているじゃないか。山手線にテレビが入っていてCMやニュースが流れるように、BTSの中でもテレビが設置されCMが流れていた。画面の下側には次の停車駅とかも書いてあったりする。思わず周囲の目を気にせず激写。テレビの画面をしげしげとのぞき込んでみると液晶っぽい感じの画面だった。バンコク、どんどん発展していってるなぁ。そのうち、BTSでWiFi接続出来たりする時代が来るのだろうか。

ご飯を食べた後は、勢いでナイトマーケットに行くことに。しばらくうろうろした後、タクシーに二人を乗せて見送ったのでした。重いのにお土産どうもありがとう。ありがたく頂戴いたします~。

投稿者 tsuchy : 21:26 | コメント (2) | トラックバック