« パキスタンの学生 | メイン | 点滴 »

2005年10月19日

募金

今日、大学で仕事をしていたら秘書さんが募金袋を持ってきた。そう、パキスタンで起きた地震からの復興を支援するための募金。なんか、パキスタンネタが続くなぁ。

僕は、こういう募金、あまりやらないタイプなのです。もちろん、全ての募金が怪しいとは言わないけど、募金の中にはネコババ系とかもあったりするし、どう使われているか良くわからないことが多いから。募金を集めておいて、オーバーヘッドが取られていたりして、なんだよ、オーバーヘッドの分も募金しろよとかって思っちゃうわけで。それなら、募金を広く集めるよりも、国ががばっと支援する方が効率がいいと思っているのです。だから僕は募金をしないのです。国が災害国を支援するために増税しまーすっていうなら僕はそれでもかまわないと思うし、増税しなくてもやりくりで何とかできるでしょ?とか思ってる。ま、僕はすごい募金の一面しか見ていないような気がするけど、気分の問題としてそう思っているのだ。

なんだけど、目の前に募金よろしくーと袋を置かれたら、なんだか入れないわけにもいかない気がしてきて、僕にしては珍しく募金してしまった…。願わくば、募金が正しく使われますように…。

投稿者 tsuchy : 2005年10月19日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tsuchimoto.org/cgi/mt/mt-tb.cgi/375

コメント

つっちぃ、国からの支援って、大きく分けて①日本政府から日本の援助機関経由でお金が流れる場合、そして②日本政府から国連・NGO経由でお金が流れる場合、とあると思う。①の場合は、支援額と援助機関の人件費等は別勘定だから、オーバーヘッド等の問題はないんだけど(コンサル雇用をする場合も「支援額」には直接カウントされてないと思う)、②の場合は、例えば日本からのお金が国連機関経由で使われるときも、国連機関はそれぞれいくらかオーバーヘッド取るの。それから、新しくコンサルタントを雇用して云々するから、結局最終的な被災者にいきわたるお金は半分以下になるし、日本のお金のはずなのに、担当機関のプロジェクトとして扱われるから、結局お金を拠出した人たちが、最終的にどういう風にお金が使われているのか分からないままになってしまうことが多いと思う。あとは①も②も時間がかかってしまうから、今必要な支援というのが届き難くなってしまう。

確かに怪しい募金ってすごいたくさんあるから、私も嫌なのだけど、赤十字とか、Save the Childrenとか、Worldvisionとかだったらきちんとした仕事を迅速にしている印象があるので、私はこういったところにお金を入れるようにしています。

投稿者 yt2008 : 2005年11月04日 09:25

そうですよねえ。
そこん所はつちもこさんと僕は激しく似てるのです。
国、もしくは、国連みたいな、国際組織がやるべきだろうなあと思うのです。
(最近は国連にもちょっと不満がありますが)
それは単に、効率の問題も激しくありますからね。
人の善意や、やさしさに付け込む、さもしい人間を作る土壌にも成ってますものね。

投稿者 雄三 : 2005年11月04日 09:32

yt2008さん。なるほど。貴重な情報、ありがとうございます。しかし、半分もオーバーヘッドを取るところがあるんですか…。それ、すごい話ですね。ちゃんと使ってくれればいいんだけど、寄付する側は、それを信じるしかないですもんね。

雄三さんと僕は、世の中のこの点が嫌いなんですけども、人間関係をお金に変えちゃえる人がいるように、人の善意をお金に変える仕組みを持っている人たちもかなり多いですからね。

あと、国連の友人から聞いたのは、国同士の支援の場合、政治的な駆け引きで援助がなされないことも多いらしいです。例えば津波の被害国には政治的に緊密なので支援をしたが、パキスタンは政治的な関係から援助を控える、もしくは少なめになるみたいなところがあるんだそうです。そうすると純粋に民間の支援ってのも必要になるのかもしれませんね。

何はともあれパキスタンの人々の生活が一日も早く落ち着きますように。

投稿者 tsuchy : 2005年11月06日 17:58