« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月31日

バンコクでの年越し

もう大晦日がやってまいりました。

今年を振り返ってみると、いろいろと周囲に特に上司に迷惑をかけた一年であったと思います。自己評価をするにあたり、やらなければならないことが100%出来たかと言われると、全然駄目ですね。ジョブディスクリプションが与えられていないので、自分でやらなければならないことを考えて定義し、それを達成していかなければならないんだけども、その定義も達成具合も今ひとつであったと言わざるをえないなぁ。来年はそのあたりのことを注意しつつ仕事をしようと思っています。

さて、結局、新年を海外で迎えることになりましたが、僕の人生の中で二回目。初めての海外での年越しは17歳の頃、交換留学生でアメリカで迎えました。オハイオ州の州都であるコロンバス市にいました。当時はインターネットもなかったので、アメリカの生活にどっぷり使っていた頃。ある意味良い時代であったなぁ。というわけで、今回が二回目。親元に戻らなかった正月は34年の人生で5回ぐらいあるかな。卒論の時、修論の時、2000年問題の時、博士号の追い込みの時期(2回ぐらいあったか?)と思うともう少し多いか。あぁ、親不孝者だな。結局のところ、自分がてんぱってしまうと自分のことを優先してしまうので親は後回しになる。つか、帰省している場合じゃないだろう?!と思うとすべてのことより仕事が優先となる。仕事より家庭や他の大切なものを優先している人たちは、その人たちの中での葛藤はあるんだろうけど、最終的に仕事を後回しにしている様を見ると、その判断をできるのがうらやましいと思う。結局のところ、うらやましいと思うってことは、僕もそうしたいんだろうなぁ。だけど、僕の精神構造がそれを許さない。まぁ、つらいなぁと思いつつ、こんな性格も嫌じゃないと思ったり。

さて、バンコクでの年明け。除夜の鐘はなるんだろうか…。と思いつつバンコクの年明けで有名なポイントはワールドトレードセンター(現、セントラルワールドプラザ)とかルンピニ公園がにぎやかでいいよ~と聞いていたので、ルンピニ公園に向かってみる。タイの新年のお祝いは花火で祝うと聞いていたので公園に行くほうが花火が多く見れるだろうと思ったのです。ですが、うーむ。花火を見るベストポイントはラチャダムリ駅周辺なんじゃないかと思った次第です。ラチャダムリ駅脇のスポーツセンター(競馬場?)にて花火が大量にあげられていました。あー。しくじったな…。一方、ルンピニ公園では花火は上がっていない感じ(怒)遠くのほうで上がっている別の花火を小さく見る感じ。んー。しくじった。来年は(来年もバンコクで年明け?)花火が見えるポイントに行くぞー。

あ、そうそう。日本とバンコクでは2時間の時差があるため、日本の方が2時間ほど早く年があけるのです。紅白歌合戦も5時過ぎぐらいから始まったりして、行く年来る年が始まるのも9時45分ぐらいから。粛々と厳かに初詣に出かける人々の列を見つつ「寒そうだなぁ…。こっちは30度近くあるぞ~。」と思ってお正月気分も微妙にそがれる。10時には「あけましておめでとうございました」とニュースが始まるがこっちはまだあけていないんだけどなーと妙な気分になる。やっぱり自分は日本で育ったってこともあり日本のお正月文化がやっぱり好きなんだろうなぁ。海外での年越しはある意味新鮮ではあるけど、日本で年を越したいもんだと思ったのでした。しかし、帰国するのにもお金がかかるからね。うーん。残念だ。

投稿者 tsuchy : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月30日

12345km走破

12345km走破ええ、やってきましたとも。予想通りの展開が(笑)12月19日に、11111kmに到達してからわずか11日間で新たな切番ゲット。ついに12345kmまで到達です。次の切番は20000kmか。あと半年ぐらいかかりそうだなぁ。

11111kmに続いて12345kmをネタにするのはかなり無理がある感じ。でもまぁ、こういうネタはタイムリーに出さなきゃいけないからね。他のネタをネタ帳に入れておいて、このネタを出させてもらいます。この年の瀬に(笑)

投稿者 tsuchy : 22:42 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月29日

怪しい人?

デパートにいたサンタ気が付けばクリスマスも過ぎておりました。クリスマス時期のネタを公開し忘れたまま、気が付けば年末…。うーむ。というわけで、クリスマス前のネタをクリスマス後に出します。すみません。タイムリーじゃなくて。

ワールドトレードセンター(現、セントラルワールドプラザ)無いにロープにぶら下がっている人がいるぞ!と思いよく見てみると人形。これが良くできてて遠めから見ると人形じゃないみたいなのだ。これが上手にひょこひょこ上を目指して登っていき、上まで到達すると徐々に下に降り始める。それを何度も繰り返すのだ。これが良くできているのです。

仏教国のタイもこんな感じですっかりクリスマスムード満点だったのでした(^-^)

投稿者 tsuchy : 21:32 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月28日

2Gbps?!

2Gbpsの広告!町を歩いていて劇写。インターネットカフェの写真なんだけど、入り口に2Gbpsって書いてある~。なわけないだろー。バンコク市内のインターネットカフェにはいまだに「High Speed 1.5Mbps」とか書いてある。場所によっては「夢のスピード256Kbps」とか書いてあるのに、2Gbpsってないだろー(笑)

ちなみに、いまどきのバンコクのADSL事情は4Mbpsが最高なぐらい。今はもう少し早いのが出てるのかなぁ。もちろん光ファイバや専用線のサービスだともっと広帯域にできるけど、普通にISPからサービスを購入するという意味では限界がある。町のインターネットカフェ屋が2Gbpsなんてありえないでしょう。

単なる間違いなのにここまで絡む僕って…。ネタ切れ?!

投稿者 tsuchy : 21:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月27日

運転免許証

タイ運転免許証じゃじゃーん。ついに取りました。運転免許証です。実は今までは日本で発行してもらった国際免許証を使って運転していたんですが、それが来年1月4日に切れてしまうので、今年中になんとかしないと無免許運転になってしまうというそういう状態。日本大使館に行って書類をそろえたのも、健康診断を受けたのも全てこの日のためでした。バンコク都のパトゥムワン区に住む僕は管轄の陸運局(タイにおける正式名称は忘れた)に行くこと二回。いや、本当は二回も行く必要はないんだけど、書類不備とかで門前払いを食らっちゃったんだよね。

さて、免許取得の詳細。日本の運転免許を持っている僕はタイの運転免許に書き換えをおこなえるので必要な書類を持って該当地区の陸運局に行きます。ルンピニ区はチャトチャックにある陸運局。かなり大きな陸運局なんだけど、入って右奥の白い建物に行く。5階建てか6階建てぐらいの建物。そこの2階に行くとインフォメーションカウンターが並んでいて英語をしゃべるタイ人スタッフが僕らの相手をしてくれる。そこでは書類を確認し整理してくれて、書類を提出する該当する窓口を伝えられるだけ。伝えるといっても歩いて15歩ぐらいの見えるところ。窓口では書類を確認され番号の書いた札を手渡された。

その後、3階に行けと言われたので3階に行く。3階では視覚と運動能力の検査がおこなわれていました。まず色盲検査。監督が指し示す色を英語で読み上げていく。次も色盲検査。これは日本でよくあるやつ。さまざまな色で構成される小さな丸が描き出す数字を読み上げていくもの。これで色盲検査は終了。次は運動能力検査。これは日本にはない面白いもの。椅子に座ると右足のところにアクセルペダルとブレーキペダルが置いてあり、ちゃんとアクセルからブレーキに足を動かせるか確認するのだ。アクセルを踏んでいると前方に光のライトが上に伸びてくる。その瞬間、右足をブレーキに踏み替えるのだ。それが一定の時間内じゃなければNG。これを二回ほどやる。あー、まだ視覚検査が残っていたなぁ。二つの棒が並んでいるんだけど、一つの棒が手前へ奥へと移動する。二つの棒が並んだときに手を上げて監督に伝えるものだ。これ、棒を自分で動かすもんだから視覚に頼らなくてもだいたいの感で何とかなるんだよね。こんなんで良いんだろうか。最後も視覚検査。ある機械に顔を当てて真正面を向く。監督が右とか左とか言うので、そこに見える色を答えるわけだ。つまり、真正面を見た常態で左右が視野に入っているかということ。視覚試験は運転に必要な身体能力を確認するのに十分すぎるほど合理的なテスト。なるほどなぁ。

以上でテストは終了。二階に戻って105バーツを支払い(安い!)、出来立ての免許をもらったのだ。驚いたのはここから。免許は紙にレーザプリンタで必要な情報を印刷しただけのもの。財布に入れてたらボロボロになりそう。と思ったら同じフロアに免許証をラミネートする場所が用意されていたのだ。20バーツを渡してラミネートしてもらう。免許が完成!しかし、簡単に偽造できそうな免許だなぁ。

投稿者 tsuchy : 21:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月26日

バレーパーキング

バムルンラード病院バレーパーキングチケット久々にバムルンラード病院に行ってみました。っても、しばらく前の話なんだけど。健康診断を受けに行かなければならなかったのです。最近、体の調子が悪いときにはバンコク病院に行ってるんだけども、バムルンラード病院健康診断が安くみてもらえるよ~って話だったので久々にバムルンラード病院に。安いという意味では職場にある病院にて健康診断をしてもらうのが一番安い。なんてったって50バーツだそうです。それは安すぎないか?!もっともお医者さんが年末ということもあり来年年明けまで不在ってこともあったので民間の病院に行くことにしたのです。

で、バムルンラード病院に車で行ってびっくり!なんとバレーパーキングサービスを提供しているではないですか。バレーっても、去年は大宮にいて今年は甲府にいて点を取りまくったバレーじゃない(当たり前!)。はたまた、バレーっても「そーれっ!」ってボールを相手のコートに入れるわけでも、白鳥の衣装を着て踊るわけでもない(爆)車と車の鍵を入り口で預けると、駐車場に車を停めておいてくれるバレーパーキングです。当然、用事が終わって申告すると車を持ってきてくれるのです。うーむ。バムルンラード、侮れない。

いつも、バンコク病院では駐車場に車を停めなきゃいけなくて苦労してるんだけど、これは良い。フラフラになって病院にたどり着いて駐車場を探すのは大変なのです。うーむ。フラフラの時にはバムルンラードに行くべきか?!

投稿者 tsuchy : 23:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月25日

寒いワン!

Tシャツを着た犬日本はなにやら極寒で豪雪だとか。その原因の寒気が関係あるのかなぁ、タイも寒いのです!もちろん雪が降るなんてことはまったくないんだけど、朝の出勤時には凍えるような感じ。ドアを開けると野外の寒気を感じてしまうほど。やば、寒いなぁ今日と思いつつ車に乗り込む。まぁ、でも寒いといいつつも半袖なんだけど。そういう意味ではすごしやすい季節とも言えるね。ちなみに、タイ人も寒い寒いって言っている。

そういうわけでうちのコンドミニアムに住みついている野良犬もTシャツを着せられてしまうしまつ。いったいぜんたい、誰がこのTシャツをわんちゃんに着せたのか謎なのですが、動物に優しいタイ人のこと、自分が寒いので犬も寒かろうと思い着せたのでしょう。

いやぁ、本当に寒いわ~。日本と比べると暖かいんだろうけど。日本が冬の時期に僕が帰国したとすると、僕は日本の寒さに耐えられるんだろうか。スノーボードをやっていた僕としてはスノーボードをしに行きたいんだけど、その寒さに耐えられるんだろうか(笑)

投稿者 tsuchy : 21:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月24日

ハイテクタクシー

ハイテクタクシータイのタクシーといえば、あちこちをぶつけてボロボロになってたり、車内ではシートが破れまくってたりと悲惨なものが多いんだけど、最近はきれいな車両も目立ってきた。新しい車が事故ってないってことはないだろうから、ちゃんと修理してるのかなぁ。日本だとどうなっているんだろう。やっぱり事故った車はちゃんと治してから営業しているのかな。何はともあれタイのタクシーは一般的にぼろい。

なんだけど、たまたま乗ったタクシーがハイテクタクシーだったのです。この手のタクシーに乗るのは実は二回目。車を運転するようになってタクシーに乗る機会が極端に減ったんだけど、またこの手のハイテクタクシーに乗るとは。珍しい。増えてきているのかな。

で、ハイテクタクシー、ちょうど助手席のサンバイザーのところに液晶テレビがついているのです。その液晶テレビには広告が映っていたりして乗客が広告を見るようになっているのです。とはいえ、位置的に激しく見難い。新しいものだから興味津々で見てしまうけど、当たり前のように設置されたりすると、見なくなっちゃいそうな予感。

タイ在住の皆様、こういうタクシーに乗ったことはありますか?

投稿者 tsuchy : 22:51 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月23日

天皇誕生日

本日は天皇誕生日。だけど、タイでは普通の日なので今日が天皇誕生日だって気が付かないはずでした。だけど、日本大使館に行ってびっくり。なんと日本大使館は天皇誕生日はお休みなんだそうです。おいおい。マジですか…。

ある書類をタイ政府機関に出さなきゃいけなくて(大げさな話ではない)、書類を提出したら有効期限が切れていると一蹴。発行後、3ヶ月以内のものじゃないと書類として認めないんだそうです。あぁ、そうですか。というわけで、書類を再度取りにいくことに。

駐車場に車を入れて、大使館総領事部に行くエレベータに乗ろうと思ったら警備員に止められた。おろ?と思うと警備員が英語で"King's birthday"と叫んでる。そこで、今日が天皇誕生日であるとはっと気づく。ええと、厳密に言えば天皇は"King"じゃなくて"Emperor"なんだけどな。いや、そんなことはどうでもいいんだけど。ううむ。閉まっているならしょうがない。書類を申請できないじゃない。とすると次の平日にまた大使館に行って申請し、翌日に取らなきゃいけないのね。

はぁ、なんだよ日本大使館は日本の休日とタイの休日の両方で休むのか!(怒)と思ったものの、ちゃんと調べてみると天皇誕生日と三が日以外はタイのカレンダーで開いているようでした。やっぱり親方日の丸(?)だから天皇誕生日はお休みなのかな。どちらかといえば、建国記念日に休むべきだと思ったり。

投稿者 tsuchy : 23:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月22日

遅ればせながらIPv6

IPv6化いろんな理由があって、こんなにのびのびになってしまったんだけど、自分のオフィスのネットワークがIPv6化された。もう、なにサボってんだよと怒られてしまうほど、のびのびに。いや、本当、怒られなくて良かった…。

結果的には、AIT全体のIPv6化はひとまずあきらめました。なにせAITにお金がない。IPv6化を進めるための予算がないのだ。キャンパスネットワークを構築している機材をIPv6化するには機材の置き換えが必要なんだけど、その置き換えが出来ないのだ。仮にお金があったとしたら回線帯域を太くするために予算が使われそうで、結局のところIPv4のネットワークですら(日本と比べると)貧弱なのでIPv6どころではないって感じなんだよなぁ。

なにはともあれ、機材もそろい、NECTECの協力を仰ぎトンネル接続をすることでintELRabのIPv6化に成功。ホップ数もRTTも少なくて嬉しい。100msだよ、100ms。日本とタイとのRTTが100msって夢のようです。

さて、とりあえずつながったもののトンネルが60秒ごとに切れることが判明。この障害原因はNECTEC側にあるらしく、NECTEC側でトラブルシューティング中…。うーん。早くなおらないかな。

投稿者 tsuchy : 22:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月21日

SOI-ASIA中継

本日は、SOI-ASIAプロジェクトでやっている津波シリーズの最終回。ここ一年で10回以上、プーケットを訪問しているチュラロンコン大学のアナット先生の講義です。アナット先生は日本で博士号をとられたってこともあり、日本語もペラペラ。とてもやさしく真面目な良い方です。

で、そのアナット先生が授業をやってくださったのですが、聴講者がほとんどいない…。うーむ。なんだか申し訳ないなぁ。AITは、そもそも津波の授業シリーズに興味を持っている人が多くなかった(いなかった?)ので、結果的に聴講者がいない。しかも、遠隔サイトにもほとんど聴講者がいない。年の瀬過ぎたのがまずかったか。アナット先生には、アーカイブで授業を聞く人も多いので…と言い訳しつつお詫びしました。本当に受講者は後で出てくるのだろうか。ちょっと心配。

AITでは、SOI-ASIAを利用して授業を受講している人たちの数が少ない。おそらくかなりの原因で僕らの宣伝活動が少ないからなんだけど、AITのローカルスタッフにSOI-ASIAプロジェクトを進めるモチベーションが低いところにも問題がありそうだ。AITでは、単純に授業を受けてハッピーになるという人は多くなく、授業を受けるコスト(準備)にたいして得られる利益(研究成果)のバランスが取れていないんだろうなぁ。遠隔授業プロジェクトに参加するメリットってなんなんだろう。こちらから授業発信をするって言ってもなぁ。そこのところを考えないと、積極的な参加につながらいような気がする。技術的なチャレンジを見つけなければ駄目だなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月20日

トラブル続き

明日の遠隔授業のために本日は忙しく準備。なんだけど、いろいろとトラブル発生…。中継用の機材である普通のコンピュータの調子が悪くなってしまった。あーでもないこうでもないと、いろいろと作業をして、何とか復旧。やっぱりこういう日常的に使う機材を他で使う機材と混用しちゃいかんよなぁ。以前から準備していたのに、他で使われたのが原因なのかは不明だけど出来てたことができなくなるとは。

で、ずいぶん対地国である日本にいるスタッフを待たせてしまったので、実際のテストを始めようと思ったらネットワークの障害が発生。日本にいるスタッフ(なぜかタイ人 ^^;)と一緒にトラブルシューティング。持っていた情報とネットワークの現状が異なったりした関係で、トラブルシューティングに時間がかかる。結局のところ、原因は衛星からの信号を正しく受けていなかったところにあった。一緒に仕事をしているフランス人のオリビエに協力してもらい障害から復旧。

よかった…。一時は明日の中継が出来ないんじゃないかと思ってあせったよ。さぁ、明日は本番だ。

投稿者 tsuchy : 21:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月19日

切番ゲット?!

11111km走破自分は縁起をかついだり、何か偶発的に起きた事象に意味づけをしたりしない人間のつもりなんだけど、なんとなく、気になって写真撮影。先日、10000km走行を達成したばかりだけど、ちょっと走れば、そう切番ゲット(謎)

ついに、11111kmを走破したのでした。ネタが切れているわけじゃないけど(いや、切れただけか?)、なんとなくブログのネタにしてしまいました。わはは。そこのカンの良いあなた!近いうちに、また同じネタを使うと思っているでしょう?正解(^-^)

投稿者 tsuchy : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月18日

ヘルスランドはもう駄目?

ヘルスランドに行ってきました。いつものように2時間の古式マッサージ。最近は予約を入れないとずいぶん待たされるので、予約して指定した時間に向かう。予約はVIPルームしか受け付けつけてくれないので、マッサージはVIPルームになります。VIPルームは最大3人の人が同時にマッサージを受けられる部屋なのですが、テレビがついていたり、空調が個別なので寒いのでエアコンを止めてくれといえたりします。3人同時とはいえ、他のお客さんと一緒になることはありません。つまり個室を占有できるのです。VIPルームを使うには、つまり予約を入れると、100バーツほどの追加料金が取られるんだけども、まぁ周囲を気にせずマッサージしてもらえたり、待たなくていいなら100バーツは高くないかと自分に言い聞かせ、本日もVIPルームに。

が、しかし、なんか今回利用した部屋は掃除がされていなかったり、髪の毛が大量に落ちてたりシーツに口紅の跡とか付いていたりしてゲンナリ。掃除が行き届かなくなっているのかなぁ。はやりすぎなのが良くないのか…。まぁ、たまたまそうだったんだろうと自分に言いきかせてマッサージを終え帰宅したのでした。ま、たまにはそういうこともあろうか。

投稿者 tsuchy : 23:45 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月17日

高級カステラ

特撰 加壽天羅しばらく前の話になるんだけど、NICTの仕事でWIDEの仲間がタイに来たときに、つっちぃはカステラ好きだからカステラを持っていこう!の号令のもと、みんながカステラを持ってきてくれたのです。多謝、多謝。

そんな中、加藤さんが超高級カステラを買ってきてくださったのです!今まで見たこともないようなカステラ。皇室御用達系の高級カステラなのです。その名も「特撰 五三加壽天羅」です。カステラの漢字を見たのも初めてだし、木の箱に入っているカステラを見るのも初めてのこと。しかも、焼いた人の名前も記されているのだ。製造職人は野崎潤さん、検品職人は森幸四郎さん。この森さんは食の人間国宝らしい。そんなカステラ食べたことない!

食べてみた感想は「美味しい!」以外の言葉が出てこない!名前が書いてあろうがなかろうが、木の箱に入ってようが入っていまいが、美味しいのだ。多分、食材にこだわりがあるんだろうなぁ。また食べる機会があるかどうかわかりませんが、非常に美味しかったです(^-^)

投稿者 tsuchy : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月16日

ランディ講演会

AINTECは終わったものの本日は場所を変えてTHNIC主催のランディブッシュさんの講演会。この講演会の司会をすることになったのでアマリウォーターゲートホテルに集合。

AINTECを通じてランディとはいろいろな話をする機会があり、技術的な話だけでなくいろんな話をさせてもらいました。本人は意識していないと思いますが、いろいろな考え方を学ばせていただきました。ありがとうございます。僕の尊敬できるエンジニアが、また一人増えました。

さて、ランディの講演が、また素晴らしい。インターネットがなぜここまで世の中に受け入れられたのかを技術的な視点から論じていく。キーワードは"Simplicity(シンプルさ)"でした。ともあれ、我々エンジニアは新しいものを作っていくときにごちゃごちゃとした複雑なシステムを構築しがち。なんでだろうと冷静に考えてみると、新規性だとか目新しいところを作らなきゃいけないので、余計な機能をつけたり複雑な仕組みを導入したりしてしまうところにあるんじゃないかと思う。インターネット(==IP)は、シンプルがゆえに美しく、もう機能美を感じてしまうぐらい感動できる技術だと思う。我々エンジニアが忘れてしまいがちなこの重要なインターネットの根源を再確認させてもらいました。

講演会終了後、ToTのゴチ飯。アマリウォーターゲートホテルの中華料理屋さんにて中華を楽しむ。美味しかったんだけど、それよりもランディとの話が楽しくてしょうがなかった。体の調子が悪いと聞いているので、気をつけてもらいたいものです。

みなさんへ、このランディの講演会、インターネットで公開する予定になっております。SOIじゃないよ!公開したらまたご連絡いたしまーす。

投稿者 tsuchy : 22:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月15日

2バーツコイン

2バーツコインつい最近、タイでは新しいコインが発行されました。2バーツコイン。タイ政府の思惑によると1バーツコインの流通量を減らすことが目的だとか。確かに、1バーツコインって気が付くと財布の中に大量にあることが多い。コンビニとかで水を買うときに積極的に1バーツコインを使うようにしないと、あっという間にジャラジャラになってしまうのだ。

だけど、2バーツコイン、なかなか僕の財布の中に入ってこないのです。なので、持っている人がいたので、写真撮影させてもらいました(笑)

しかし、2バーツコイン。微妙に1バーツより大きいんだけど、ボーっとしてると1バーツコインと間違えてしまいそう。しかも、流通していないとなると、慣れることもないだろうし、間違える人が続出しそうだなぁ。現に、友人は屋台での受け取りを拒否されたらしい(笑)そらそうだわな、いろんなコインを籠にがさっと入れていると1バーツと2バーツを区別しておつりを出すとかって無理そうだわ。

なんだか、2000円札と同じ運命をたどるんだろうか。あ、ちなみにタイでは20バーツ札、普通に流通しております。

投稿者 tsuchy : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月14日

車の鍵

AINTECは続いているのです。学会は18時ぐらいに終わるんだけど、その後、ソーシャルイベントとしてパーティが開催されたりして、実質的な終了はずいぶんと先になるのです。その後、飲みに出かけたりということもあって帰宅は実質午前さま状態。昨日もそうだったのですが、ラマガーデンホテル(バンコク郊外)からバンコクに出るときに荷物があると邪魔だろうということで荷物と車を捨ててバンコクに向かい、そのまま家に帰ったのでした。

で、本日、ラマガーデンホテルにタクシーで向かったのです。そして、ホテルについて気が付きました。車の鍵、家に忘れてるやんけ。ど、どうしよう。コンピュータも書類もぜーんぶ車の中。会議への参加はまったく問題ないんだけど、メールを処理したりという点において、問題ありまくり。そこでお昼休みを使って自宅に鍵をとりに帰ることにしたのでした。

お昼休みは90分。この時間内に往復しなければならないのです。午前中の会議が終わったらダッシュでタクシーに乗り、タクシーの運転手さんに急いで~と伝え自宅に向かう。道路は意外にもすいていて、30分強ぐらいで自宅に到着、鍵をゲットし、同じタクシーで会場へ向かう。所要時間はトータル70分ぐらい。お昼ごはんを食べる時間もぎりぎり残った。

無事に、鍵をゲットして車から鞄もゲット。あぁ、よかった。出勤時にぼーっとしてたのかな。

投稿者 tsuchy : 22:58 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月13日

勇気凛々

勇気凛々 しばらく前の話になるんだけども(別にネタ切れというわけではない、と思う)、長谷部さんが仕事でバンコクにいらしたときに、本を一冊持ってきてくださいました。それが高杉良さんの勇気凛々という本。こういう本はずいぶん久しぶりに読みました。多分、単なる言い訳なんだろうけども、海外に住んでいると気軽に本が読めないのです。僕は本屋の息子だったということもあり、本は嫌いなほうじゃないはず。だけど、気軽に本屋さんに寄って、そのときに気に入った本を買って読んでみるというような本との接し方が出来なくなってしまいました。なぜなら本が高いから。アフリカや中東にいる人たちに言わしてみたら、本が手に入るだけましだよーって感じだとは思うのですが、やっぱり日本で1000円で買える本が、例えば1500円とか2000円とかだったら、ちょっと買うのに躊躇してしまうのです。というわけで、長谷部さんが持ってきてくださった本、活字に飢えていたのかあっという間に読みきってしまいました。長谷部さん、ありがとうございました。

というわけで、この本。いやぁ、鬱気味の僕にはいろいろ考えさせられる本でした。わはは。もういろいろと勘ぐってしまうほどです。落ち込み傾向にある僕に対して、上司がこれでも読んで土本は元気を出せ!と考えて、長谷部さんに本を託したんじゃないかと考えてしまうほど。仕事に対して、人生に対して、色々と考えさせられる内容。人生は前向きに勇気を出して生きたいものだと思わせる。優秀な文化放送営業マンから一転、自転車会社を立ち上げ、大きくしていく過程を主人公(実在する人物)の情熱あふれる生き方を中心にリズム良く描いているのです。人との出会いや人間関係を大切にしていくさま、挫けそうになったときにも前向きに前向きに…という人生は学ぶべきところが多く、小説ながら勉強になりました。しかし、人間関係を大切にしていくところは「そうだよなぁ」と思えたのですが、はたして彼のような生き方が僕に出来るか、僕がしたいか、と考えると、またちょっと違うような気もしたり。人生は難しい。

投稿者 tsuchy : 23:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月12日

かずくん初訪タイ

12月13日よりカンチャナ先生を中心にAINTECという学会が開催される関係で多くのWIDEプロジェクトメンバーが訪タイすることになっているので、本日は空港までお出迎え~。幸いにもみんな全日空の昼間便で飛んでくるので、まとめてお出迎えできるのでした。

いつものことなのかと最近は思い始めたんだけども、午後3時前後(±1時間ぐらい)のドンムアン空港は激しく混んでいるような気がする。イミグレーションに時間がかかるみたいで着陸後、一時間が経過しても出てこないという状況。うーん。待てども待てども出てこない。最初、長さんが出てきて、ずいぶんたってからかずくん登場。いっぱいお土産を持ってきてくれいたのでした。多謝、多謝。

その後、学会会場でもありみんなの宿泊場所でもあるラマガーデンホテルに向かう。が、ここで問題発生、僕が道を間違えてしまい延々とさまよう事になってしまいました。お疲れのところ、ぐるっと遠回りさせてしまったので申し訳なかったです。

投稿者 tsuchy : 23:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月11日

バーゲン

本日もやることがあって忙しい中、なんとなく足が向かってしまったジムトンプソンバーゲン。年に何回ぐらいやっているんだろう。気が付くとバーゲンをやっているような気がする。今回もいつもと同じBITECっていう会場で実施。ジャパンフードフェアが開催されているシリキットコンベンションセンターよりも幕張メッセ度は高いかな。

で、ジムトンプソンのバーゲン。奇しくも、初めて行ったのがちょうど一年前であった。初めて行ったときは場違い感を持ちつつも、あぁ、あれ欲しいなぁとか女性陣に負けずに購入したりしたんだけど、やっぱり駄目だね。目の前の山のバーゲン品を目の前に、別に欲しいものはないよなぁと欲しいものがまったく出てこない。しゃーないTシャツでも買うか?!みたいな気分になるものの、欲しいデザインのTシャツはとりあえず買ってあるので新たに買う必要もない。やっぱりバーゲンは駄目だわ。僕の消費行動にあわないということを再認識。

たぶん、あれを買ってきてーって誰かに頼まれないと、僕からジムトンプソンバーゲンに行くことはないだろうなぁと思った瞬間でした。女性陣はあのバーゲン品の中でいったい何を買っているのでしょうか(^^;)同じものを買ってたりするのかなぁ。それとも、例えば同じテーブルクロスでもいろいろな種類を買い増していくように、すでに持っているものの違うデザインのものを買い増すんだろうか。僕は必要最低限数しか買わないからなぁ。ある中で一番気に入ったものを買ってしまえば、別の物を買おうって言う気にならないんだよなぁ。

投稿者 tsuchy : 20:17 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月10日

ジャパンフードフェア

ジャパンフードフェアどこでこの情報を得たんだけなぁ。今週末、シリキットコンベンションセンターにてJETRO主催のジャパンフードフェアが開催されると聞きつけたので行ってみました。シリキットコンベンションセンターは初めて行くところ。日本で言うところの幕張メッセみたいな会場になるのかな。そんなに立派な建物でもないか。

ま、何はともあれ、そこにタイに進出しようと思っている日本食品を取り扱っている会社が一堂に会し、それぞれの商品を紹介しているのです。最初に目に入ってきたのはリンゴ。おおお、農産物もいっぱい扱っているのか!と思って期待したものの、農産物はやはり少なく、加工品が中心でした。だけど、どの会社も頑張っているようで、「あっこれ欲しい!(値段によっては…)」と思う品物がたくさんあって、方々で「バンコクで手に入りますか?」と聞いて回る。ほとんどの会社から、「これから販路を開拓していくのでもうしばらくお待ちください」という回答を得ました。残念。彼らの仕事が上手くいって日本食品が少しでも安く簡単に手に入るバンコクになるといいなぁと思ったのでした。

そうそう。色々と話をして回っておりますと、いくつかのブースにて「試供品なんです。どうぞお持ち帰りください!」と試供品をいただきました。中には展示している品物をこっそり提供してくださったブースもありました。たくさんありすぎてリストアップが出来ないのですが、この場をお借りしましてお礼を申し上げます。どれも美味しかったです~。

あ、ちなみに写真はジャパンフードフェアのマスコットキャラクタのようです。かなり怪しいキャラですがなんとなく写真撮影。会場内には着物を着たお姉さんがたくさんいらっしゃいました。対の人?って思ってたんだけど、皆さん、流暢な日本語を操られる…。勘違い、失礼いたしました。

投稿者 tsuchy : 22:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月09日

10000km点検

フューチャーパーク近くのホンダディーラー先日、無事に走行距離が10000kmを突破したので車の点検を実施。車の点検はホンダのディーラーにておこなうのです。前回の5000km点検と同じフューチャーパーク近くのホンダにて実施。

実は職場の近くに新しいホンダのディーラがオープンしたので、そこで点検が出来ないかどうかオリックスオートリースさんに聞いてみた。だって、近いからね。ちょっと辛いけど、何とか歩いて帰れる距離。だけど、新規にオープンしたばかりで受け入れてもらえなかったらしい。残念。次の20000km点検時にはここで出来るといいな。

というわけで、フューチャーパーク付近のホンダディーラに行ってきました。前回はタイ語もまったくしゃべれなかったってこともあり、かなりヘドモドしながら検査してもらったんだけど、今回は片言ではあるけどタイ語がしゃべれるようになっているので、思ったよりスムースに車を引き渡せた。

お昼過ぎに車を取りに行く。おお。車がきれいになっている!前回の点検時は、汚れた車は汚れたままだったんだけど、今回はホンダさんがきれいに洗ってくれているじゃないですか。ありがとうございます。ええと、前にも書きましたが、次回は車をきれいにしてからお持ちいたします。はい。

投稿者 tsuchy : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月08日

男の味

男の味しばらく前の話になります。トンローには、日本人が喜びそうなレストランや品物を取り扱ったりする店が並んでいるJアベニューと呼ばれるところがあるのですが、そこに入っているスーパーマーケット、ヴィラマーケットにて面白いものを見つけたのです。その名も「男の味」というお惣菜。名前を見て衝撃を受けて中身がどんなもんなのか確認しないまま写真撮影。店内でおおっぴらに写真撮影をするのもまずいかなぁと思い、こっそりと隠し撮り。サイズは日本のコンビニで売っているようなお惣菜と同じようなサイズ。15cm四方ぐらいの大きさにお惣菜が入ってるのだ。だけど、中身がなんだか確認してこなかった…。チラッと写っている物体を見る限りでは、何かの煮物、それか佃煮みたいな感じがするんだけども、何か判別できない。やっぱり、男の…ということであれば、やっぱり食べると元気になる!とかあるのでしょうか。う、変な方向に想像しすぎ?!

40バーツとそんなに高くもないので、今度はちゃんと買ってみます(笑)

投稿者 tsuchy : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月07日

日本食パーティ

日本食パーティ栗田さんの送別会の場で、学生から普段お世話になっている友達や先生たちに和食を作っておもてなしをしたいのでご協力願えませんか?という話をもらったので協力することに。そのパーティが本日開催されました。僕は自宅から炊飯器を2台ほど持って参加。もっとも調理や買出しは手伝えなかったので物だけの協力。

みんなで協力して作ったものは、カレーライス、味噌汁、炊き込みご飯、あと豚肉のサラダと鶏肉のサラダ。あと他にもあったかなぁ。もう忘れてしまいました(笑)

参加してくれた人たちは、いろんな国籍の人たちばかりで、みんな楽しそうに、そして美味しそうに和食を食べてくれておりました。美味しかったようで何より。こういう草の根の交流が国際平和を実現するんだよなぁ。なんか良い感じ。

投稿者 tsuchy : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月06日

キャプテン翼

キャプテン翼ふとテレビをつけてチャンネルをぐるぐる回していると、なんとキャプテン翼をやっているではないか。思わず写真撮影をして、しばらく見とれてしまう。懐かしいなぁ。中学生のころを思い出すよ。少年ジャンプを読んでいたあの頃。それなりの憂いもあったが、振り返ってみれば楽しい日々をすごしていたんだろうなぁ。

で、キャプテン翼。ケーブルテレビのひとつのチャンネルにANIMAXがあったりして、キャプテン翼以外のアニメーションもやってるみたい。ちなみに、翼くんや岬くんがしゃべっている言葉は日本語でした。タイ人はこれを見て何をやっているのか理解できているんだろうか。

投稿者 tsuchy : 22:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月05日

国王誕生日

国王マークつきのバス本日はタイ王国国王のお誕生日ということで休日。暦上は連休ってことになります。というわけで、タイではクリスマス気分に入る前に王様の誕生日をお祝いするのです。しばらく前から街中のいたるところに王様の誕生日を祝う黄色い旗が掲揚されており、国を挙げて国王の誕生日をお祝いしている感じ。

しかし、バスのフロントガラスには、国王のマークが貼り付けてあったりして、危険極まりない(笑)運転手から外を見ようとしても見えない死角が出来ちゃうんじゃないかなぁ。あぁ、写真を見ると意外と高いところに張ってあるから、あの位置が見えなくても問題ないのかもなぁ。いやいや、やっぱり危険でしょう。雨が降ったらどうするんでしょう。ワイパーの邪魔にならないのかな。内側に貼ってあるんだろうかと思ったものの、ワイパーでぼろぼろになった国王マークも見かけた。外側に張ってあるんじゃん。しかもぼろぼろになっている。それでいいのだろうか、バス会社さん。

投稿者 tsuchy : 22:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月04日

ビアガーデン

周りからビアガーデンの噂を色々聞いていたんだけど、ビアガーデンに行ってみました。ワールドトレードセンターのビアガーデン。いくつかのビール会社がそれぞれ区間を区切ってビールを提供し、食べ物はビアガーデンに併設されている屋台から頼むという仕組み。とりあえず、ビアガーデンエリアに行ってみると、それぞれのビール会社のお兄さん、お姉さんが必死に客を呼び込んでいる。今年はアサヒビールのエリアが出来ているみたいなので、なんとなくアサヒビールエリアに行ってみることにしました。

ビアガーデンでは、みんなが大量のビールを消費している。約1mの高さのビアサーバーがビアガーデン内にいくつもならんでいて、どれだけのビールがここで消費されているんだろうと少し驚かされました。で、注文の仕方がいまいちわからなかったので着席する前にビアガーデン内をうろうろ。なにやらクーポンを買わなきゃいけないのか。自分で買ってテーブルに持っていくんじゃなくて、お兄さんが持ってきてくれるらしい。

ということで、着席してビールをピッチャーで頼み、いくつかのつまみを頼んだら買っておいた500Bのクーポンが全部消えた。んー。意外と高いな…。しかも、出てきたご飯があまり美味しくない。みんなの言ってることがわかった感じ。やっぱりビアガーデンは、こういうところに来ちゃいかんな。タイ語のメニューしかないような怪しい屋台に行くのが一番だ。ビアガーデンとしてオープンしているところじゃなく、普通に屋台の拡張版みたいな形でオープンしているところが一番だと思ったのでした。

投稿者 tsuchy : 22:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月03日

道路状況案内表示

道路状況案内表示 最近、車でバンコク市内を走っていると写真のような道路状況案内表示を見かけるようになりました。行き先が全てタイ語で書いてあるものの、地名は音で覚えているので文字が少しだけでも読めればどこが混んでいるかわかるので便利。日本の道路状況案内とは違って、渋滞情報の左側に何かの宣伝が出たり、道路の状況を移した映像が出たりするのです。何キロメートル先かはわからないけど、渋滞している道路の映像を見たりがらがらにすいている道路の映像を見たり。渋滞にはまるとイライラすることが多いから、少しでも状況がわかって渋滞に対して諦めがつくとイライラも減るものかな。

バンコクの渋滞はひどいっていうけど、バンコクで運転をし始めて、さほどひどいなぁと思わないんだよなぁ。昔は市内から空港まで行くのに数時間かかったとか、100m進むのに一時間かかったというような話を聞いたり聞いたんだけど、今はそんなことはない。そんな状況にははまっていないんだよね。他の在バンコクの皆さんは今でもそんな渋滞にはまってるんだろうか。東京で渋滞ってことになると、こんぐらいの混み方にはなるだろって思う。そう思うとバンコクの渋滞はそんなにひどくないんじゃないの?汚名を着せられているよなぁと思うのでした。

投稿者 tsuchy : 21:28 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月02日

10000km達成

10000km達成 車の納車日が6月23日で、5000kmに到達したのが9月6日かな。それで10000kmに到達したのが昨日の12月1日でした。だいたい3ヶ月で5000kmを走るペースになっております。一日の通勤が約90kmぐらいだから、一ヶ月に20日通勤したとして、一ヶ月1800km。三ヶ月で5400kmですな。バンコクで働くこともあったりするから、5400kmには少し足らない感じかな。事故もなく順調に走行距離が伸びております。一年間で20000kmペースですな。20000kmに到達するまで事故もなく行きたいものです。

投稿者 tsuchy : 22:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月01日

ポールポジション

王様ブロック全車グリッドに付きました。まさにそんな感じの状態。

実は、タイ王室の関係者が高速道路を走るときには警察が高速道路を封鎖し、彼らの専用道路にしてしまうのです。日本でもそうなのかな?皇居から葉山の御用邸に皇族の皆様が向かうときは、横浜横須賀道路とかは封鎖されちゃうのでしょうか。もとい、僕は、その状態を、不敬罪にならないよね?と思いつつ、敬愛を込めてあえて表現するのですが、「王様ブロック」「皇族ブロック」と呼んでおります。そんな僕ですが、車を運転し始めて6ヶ月たつものの、幸か不幸か一度も王様ブロックにあたったことがなかったのです。

ですが本日、初めて王様ブロックを体験。警察が料金所を過ぎたあたりでパトカーや白バイで道路を封鎖して通行できなくなっておりました。幸か不幸か僕は前から2列目の位置。F1に例えるならかなりいいポジションに陣取っていることになるかな。何分ぐらい停まっていたかなぁ。10分ぐらいだろうか。警察が先導する車が左脇からバンバン通過してしばらく経過したあとに、道路を封鎖している警察車両がゆっくりと動き始める。僕はF1とかよく知らないんだけども、レース中に事故が発生するとペースメーカーが先導するんだっけ?まさにそういう状態。しばらくペースメーカ(パトカー)がスピードを調整したあと、別の降り口から降りていく。さぁ、そうなるトレース状態。全車一斉にスタート。猛スピードで先へ先へと急ぐのです。F1のレースってこんな感じなのかな?!

投稿者 tsuchy : 21:40 | コメント (0) | トラックバック