« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

人の命

人の命が安いのでこうやって運ばれる

本日、朝からごそごそといろいろやっていたわけです。風を通すために窓全開、ドア全開で。この時期のタイは、日本と比べると暑いのですが、他の時期と比べて涼しいのです。心地よい風が部屋を駆け抜けます。

その窓を開ける瞬間に、外を見てぎょっとしてしまいました。ちょうどうちの横の空き地でマンション建設が始まっているわけですが、そのクレーンが、写真のように単なる鉄の板に人を4人ほど乗っけているではありませんか。あり得ない人の運び方にぎょっとしつつ、思わず写真撮影。もし人が落ちたらどうするんだろう!?決定的瞬間?!と不謹慎なことを考えつつ、ことの成り行きを見守りました。無事にこの4人は目的地へ(どこだ?)到着。いやー。無事で良かった。

僕の住んでいる階が11階。ぱっと見る感じ地上30mぐらいの高さにつられている感じですね。命綱は一応ついているようです。日本の建築現場でこんな人の運び方、しないですよねぇ。万が一、落ちたりしたらもう死亡ですよ。この国は人の命が安いので、こういう運び方をするんでしょうね。

建築現場では、いろんな不思議がありますが(高層ビルの上のクレーンはどうやってあげたんだろう、どうやっておろすんだろうとか)、こういう人の運び方もありなのか?!と不思議に思ったのでした。

投稿者 tsuchy : 15:34 | コメント (6)

2006年11月25日

PS3@バンコク

本日、ご飯を食べに行ったついでに生活用品を買いにエンポリアムに行ってきました。ちょっと仕事で使うものの捜し物とかあったりして、丁寧にぐるぐる回っていたのですが、なんとPS3を発見。空き箱だけだと思ってみていると、なんと実機があるじゃないっすか。思った通り大きい!

値段を聞いてみたところ60GBモデルが45000バーツなんだそうです。高いよー。冗談で、これ円じゃないよね?!って聞いたらバーツに決まってるだろ、みたいな答えが笑顔で返ってきた。そらそうだ。

ちなみに入ってきたのは2,3日前だって言っておりました。2つのモデルで合計5台あるんだそうですよ。どっちかが2台で、もう一方が3台って言ってました。お金持ちの方、エンポリアムに走ってみてはいかがでしょうか?

投稿者 tsuchy : 16:13 | コメント (15)

2006年11月24日

懐かしの味

ソフト麺?

かれこれAITに勤めてから丸二年が経過しているわけですが、基本的にランチはキャンパス内の学生食堂で食べているわけです。どのぐらいの割合だろう…。たまにキャンパス外に食べに行くこともあるんですが、ほぼ学食で食事を済ませます。90%ぐらいだろうか。そんなわけで、かなり飽き飽きしているわけです。いつも基本的にタイ料理。タイ料理が嫌いってわけじゃないけど、あまりおいしくないタイ料理を毎日食べるのは正直つらいです。

そんなわけで、たまに変わったものを食べよう!って思うわけですが、あんまり目新しいものもありません。だから、飽きちゃってるわけですが。だけど、キャンパス内で前から気になっていたのが、これ。スパゲッティ。スパゲティミートソース。見るからに麺がのびのびなのでお世辞にもおいしいそうには見えない。しかし、食べたいものがないってこともあって、チャレンジャー、行ってみました。

食べた感想は…懐かしい。食べた感想が懐かしいってのもどうかと思うけど、小学生の頃、給食で食べたソフト麺を彷彿させる味なのです。正直、日本のソフト麺+ミートソースの起源がタイにあるのか!?と思うぐらい。いや、タイのスパゲティのルーツが日本のソフト麺にあるのか?! そんなわけはないのですが、ソフト麺を口にして日本の給食を思い出したのでした。

投稿者 tsuchy : 23:53 | コメント (9)

2006年11月23日

セレナーデ

Serenadeカード

井上陽水が歌う歌の歌詞ではないけど、セレナーデというカードが送られてきました。送り主は、AIS。タイの携帯電話会社です。タクシン前首相が作った会社らしく、タイでは最大手。僕はここの携帯電話を使っております。

以前にも似たようなカードが送られてきた記憶もあるのですが、説明が英語で書いてなかったこともありポイ捨てしちゃいました。今となっては同じカードかどうかもわかりませんが。ですが、今回、同封されている案内が英語だったので読んでみると、いろいろな特典があるようです。あんまりぐっとくる特典は例によってないわけですが、目につく文字を発見。なんと、国際ローミングの登録が無料で行える!と書いてあるではありませんか。

タイ(AIS)では、プリペイドでない後払い方式の携帯電話を海外で使うためには1500Bの登録料を払う必要があったわけですが、その登録料1500Bが不当に高いと感じていた僕は登録していませんでした。海外ではプリペイドの携帯を使ってたのです。プリペイドだとなぜか登録料が無料。どうして、こんなことが起こるのか意味不明です。きっと、後払いだと、国際ローミングされて電話代が払えなくなる人が続出するだろうから、国際ローミングの有効化を1500Bにすることで、貧乏人に対するハードルを高くしてたんだろうなぁ。1500B払えるぐらいなら、国際ローミングされてもちゃんとお金は払うだろう、みたいな。根拠なしだけど。僕は別に1500Bを払えない訳じゃないけど、この仕組みが気に入らなかったので僕は国際ローミングの登録、していませんでした。

ですが、このセレナーデカードがあると国際ローミングの登録を無料でやってくれると。いいじゃない。初めて役に立つと思った瞬間でした。

ちなみに、セレナーデ(ゴールド)をもらうためには、月額平均1500Bの通話料を6ヶ月延滞なく払い続けることが条件みたいです。もっと他にも条件あるかもだけど。

なにはともあれ、後払い方式の携帯が海外で使えるようになるからプリペイドを持っている意味がなくなっちゃった。ほとんどかかってこないし解約しちゃうかなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:10 | コメント (0)

2006年11月16日

分別収集

分別収集ゴミ箱

以前に書いた記憶があるけども、僕の住んでいるコンドミニアムでは分別収集という概念が、そもそも存在しない。燃えるものも、燃えないものも、資源も、なにもかもごっちゃまぜにしてぽいっと捨てる。便利っちゃ、便利なんだけど、このご時世、分別収集が基本じゃないの?と思っております。でも、一人で分けて出しても結局、一緒に取り扱われちゃうので、最初は抵抗あったけど今は普通にまぜこぜで捨てておりました。

しかし、大学近くのフューチャーパークにご飯を食べに行った帰りに気がついたのがこのゴミ箱。どうやらタイでも分別収集という考え方が始まったらしいです。良い傾向!少し生活は不便になるかもしれないけど、できることはやった方が良いよね。

投稿者 tsuchy : 22:17 | コメント (2)

2006年11月11日

ゴーヤーチャンプル

ゴーヤーチャンプル

タイで一般的に売ってる苦瓜は、日本で売っている苦瓜と違って、もっと白っぽくてとげがほとんどないのです。NHKのドラマ「ちゅらさん」で流行ったようなゴーヤーマンとは全く別物。そういう意味では、その白いゴーヤーの写真を撮って載せるのがこのブログの筋とも言えるけど、買わないので写真もないのです。

というわけで、日本で売っているゴーヤーを伊勢丹で発見。一本30バーツぐらい。日本円で95円ぐらいかな。そんなに高くないので、早速購入。ゴーヤーチャンプルにしてみました。もやしと豆腐を買ってきて、本当はポーク(SPAMミート)を入れるべきなんだろうけど僕は豚の切り落としを使いました。初めて作るのでインターネットで適当なレシピを見つけてきてチャレンジ。これであってるのか?!という思いはあるものの、ごらんの通り、それらしいものが出来ました。

お味は…、初めて作ったわりには普通においしい。食べられました。いやぁ、美味かった。また、ゴーヤーを見つけたら作ってみようと思いました。やっぱり一番の難点は、豆腐だなぁ。島豆腐が手に入らないので木綿豆腐の水をどうやって絞るか、そこが今後の課題です。

投稿者 tsuchy : 22:09 | コメント (4)

2006年11月08日

SOI Asiaセット

SOI Asiaセット

僕がやっている仕事の一つが、慶應義塾大学を中心に活動しているSOI Asiaプロジェクトなのです。前にもここに少し書いた気がする。詳しくは、リンクをたどってみてください。英語なのですが、ごめんなさい。

さて、僕がAITにいるにも関わらず、うちはこの授業受信に積極的ではないのです。配信される授業がIT系じゃないってのが一番の理由なんだけども。ですが、今回、AITから授業を発信するってことになったので一念発起、準備を念入りにやったのでした。

しかし、そんなに力が入ってないこともあり、SOI Asia環境構築にはあんまり良いコンピュータが使われていないのでした。かなり、ぼろ。ぶっちゃけ使いたくないレベル。今回、意味不明のエラーがでまくるので、頭に来た僕は別の用途のコンピュータを引っぺがし、SOI Asiaプロジェクト専用のマシンとして環境構築を一からやりなおしました。おかげさまで安定運用、無事に授業も配信できましたとさ。

投稿者 tsuchy : 22:30 | コメント (0)

2006年11月05日

福島の柿

福島の柿

昨日の伊勢丹のフェアで福島の柿が1個60バーツで売っていたので買ってみた。ちょっと柔らかくなりかけていたんだけど、皮をむいてみるとこんな感じで輝いているのです。食べてみると美味い!

福島の柿といえば会津の皇室献上みしらず柿を思い出す。高かったけどおいしかったなぁ。

もちろん、それにかなうおいしさではなかったですけども、普通においしかったです。一個60Bってことは、ほとんど200円だね。それを思うと高い!って感じるけど、タイに住んでいると日本の秋を感じることもほとんどないので、こういう季節ものを頂いて、少しでも日本の四季を感じたいのです。

投稿者 tsuchy : 22:47 | コメント (0)

2006年11月04日

うまい鮨勘

うまい鮨勘

本日、伊勢丹に行ってきました。目当ては仙台・東北フェア。今までのフェアは期待を裏切るような内容で、正直、今回も行くことをためらっておりましたが、東北の自治体の首長他、いろいろ協賛してということだったので、重い腰を上げて行って参りました。

さて、感想ですが、今回はすごい良かったんじゃないでしょうか。なんというか、今まではご当地の名産品の偽物、例えば北海道フェアだったら六花亭のお菓子のバッタもんが並んでたり、広島風お好み焼きを作ってるって聞いたから行ってみると、似て非なるものが出てきたし、しかもマズイ。ご当地ラーメンだって、その土地で全然流行っていないお店が出店してて、その土地出身者に言わせたらなんじゃそりゃというお店だったりと、良いところがなかったのです。しかし、今回は、高かったけどちゃんと仙台の銘菓「萩の月」があったり、日本語的に興味を引かれる「白松がモナカ」があったり。しかも、出店は「うまい鮨勘」。ちゃんと職人さんが3人、仙台からいらっしゃってるそうで。なんちゃってブースでさえないおじさんが偽物を作っているのではなく、カウンターの作りはボロイとはいえ、ちゃんと職人さんが、お寿司を握ってくれているではないですか。

なので、ジロジロ見られるのでちょっと恥ずかしかったのですが、鮨、食べてみました。ごらんの通り、湯飲みもちゃんと鮨勘してて、良いじゃないですか。味の方は、少し酢飯が堅かったような気がするものの、ネタはおいしかったです。今から思えば、鮨勘名物の卵焼きが入ってないのが残念でしたが(その分、鮨が多かった)、まぁ、値段相応だと思い、満足、満足でした。

今までのフェアがぼろすぎたのでなんなのですが、今回はすごい伊勢丹さんも頑張ったなぁと思いました。相対的な評価は上がっております。なんといいますか、まだまだ改善点はあると思いますが、今後のフェアに期待です。

投稿者 tsuchy : 22:09 | コメント (4)