« 2007年01月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月27日

ドラゴンボート会議

本日は、NTT Communicationsの方々が訪タイ。バンコクオフィスでミーティングをしました。9月上旬にアユタヤでおこなわれるドラゴンボートレースをインターネット中継するお仕事らしいです。バンコクに住む何でも屋としてはこういうお仕事のお手伝いも多いのです。どのように実現するかをミーティングで話す。しかし、今回のイベント、ことごとく他のスケジュールとバッティングしているんだよね...。正直どのぐらいサポートできるのか未知数。NICTの50Mbpsの回線を使うだけだったらサーバールームに入らなくても良いんだけど、ちょっとやり方を再検討しないと行けないかも。長谷部さん、いつも迷惑をおかけしてごめんなさい(X_X)

今回、いらっしゃった方は南さん、都築さん、村上さん。南さんは共通のお友達も多く、ミーティングそっちのけで昔話をしました。都築さんはタイ好きらしく、頻繁にタイにいらっしゃっているようで、タイでマッサージ学校に通ったり各種教室に通っているようです。その関係でかずさんをご存じだったりして世界の狭さを改めて感じたのでした。

投稿者 tsuchy : 22:52 | コメント (0)

2007年06月26日

AIT夕食会

本日はアジア工科大学院(AIT)に勤めている日本人教官の集い。チャオプラヤ川沿いのシーフード屋さんに集合。タクシン橋の袂にあるレストランなんだけど、名前は失念...。以前にも書きましたが、カンボジアから帰ってきてから、ずっとおなかの調子が悪く、本日も何も食べられない状態でした。ふと振り返ってブログを読み返すと飯を食べた話しか書いていないわけですが、冷静に考えてみると単に食べ過ぎだったのか、精神的なものなのか、本当に病気なのか、腹痛の原因がよくわからなくなる。だましだまし無理して食べてたのが良くないのかなぁ。しかし、とりあえずご飯は食べずとも顔だけは出しておこうと思いおなかが痛いのをおして参加しました。

今回は送別会と歓迎会を兼ねての食事会。岡山理科大からサバティカルをとられて能美先生がAITにいらっしゃいました。そして、AITの中にあるADPCという組織に小高さんが赴任されたと言うことでお二人の歓迎会。また、池島先生はAITをやめられるので送別会。しかし、池島先生は日本学術振興会のバンコク研究連絡センター長として引き続きバンコク駐在というわけで、これからもお会いすることもあるでしょう(^-^)

頼んだ、シーフードはどれも豪快で、ついつい箸をのばしたくなる感じ。マッドグラブなんて甲羅のサイズだけで30cm近くあったんじゃないだろうか。いろいろ出てきたお魚類も美味しそうでした。しかし、池島先生、お魚の専門家だけあって魚に詳しい。食事をしつつ食べているお魚の解説をしてくださいました。すごい!

さて、僕がバンコクに来て約3年がたとうとしていますが、3年がたつとAIT滞在歴が上から3番目の長さに。AITから直接雇用されている日下部先生と本多先生はとりあえず辞められることはないでしょうから、僕が最長老になることはおそらくないでしょうけど、気がつくと上から3番目になっているとは。AITにいらっしゃる先生方は、JICA派遣の先生方が多く、滞在が2年前後と短期であることが多いです。そんなわけで僕がいる間にいらっしゃった先生方は僕よりも先に日本に戻られたりして微妙な気分。AIT日本人教官の中で果たさなければ役割が今後は増えるんだろうなぁ...。

投稿者 tsuchy : 21:31 | コメント (0)

2007年06月24日

優雅なランチ

バンコクには日本人がたくさんいます。だから必然的に同窓生もたくさんいるのですが、大学一年生のときから仲良くしている吾大も仕事の関係でバンコクに長期滞在しているのに驚き。大学時代は二人がバンコクで会うなんて想像もしなかったよ。まぁ、そんなこんなでお互いの都合がつくときに、ご飯とか一緒に食べに行っております。

その吾大に誘われて昼飯でも食おうというと言うことになり集合しましたスラサック駅。このときにはどこに行くのか聞いていなかったんだけど、スラサックから歩くこと数分。吾大のリクエストで先日行ったTaling Plingに到着。混んでる時間を割けて13時ぐらいに集合したんだけど、それでもお店はいっぱい。かろうじてあいていた席に座らせてもらった。二人だったので頼める料理は限られていますが、料理を楽しみました。昼まっからビールも飲んで良い気分。デザートにカスタードアップルの自家製アイスクリームを食べたりして、優雅なランチです。

しかし、このお店、凄いです。3時近くまでお店にいたんだけど、お客さんがとっかえひっかえやってきます。本当に流行ってるんだなぁ。

食事後、二人でタイ古式マッサージに行こうと、ヘルスランドに。いつもやってもらっている人がいなかったのが残念。ごっついおばちゃんががつがつマッサージしてくるので、なんつうか帰って悪化した気分。やっぱりマッサージ屋さんはお店ではなく人だと言うことを再確認。

投稿者 tsuchy : 21:14 | コメント (0)

2007年06月23日

ミッシー(その2)

本日もミッシーのお相手、買い物に行きたいっていうから、適当にMBKあたりに連れて行ってみた。お昼もMBKのフードコートで。クーポン食堂は珍しいだろうと思って連れてったんだけど、みっしーはたくましくも自分でロビンソンで既にクーポン食堂を体験済みだった。失敗。僕は別にタイに住んでいるからといってタイ料理ばかりを食べているわけではなく、タイ料理以外のものをよく食べるんだけど、本日も豚のショウガ焼きみたいなものを食べた。ミッシーは「えー。和食ですか?」って言うんだけど、そういうもんだ。最近は、どこの国に行ってもその土地のものを食べようと思わずに、そのときに食べたいものを食べるようにしている。いろいろなところに行っているからかもしれないけど、別にその土地のものを食べようという強迫観念から解放されてしまうのだ。世の中には、その土地のものを食べよう!って思う人もいるし、その土地のものを食べるのが美味しいに決まっているんだけど、僕はそういうタイプの人間じゃないらしい。ハノイに行ったときも、イタリアンとか和食とか食べてたしね。頻繁にハノイに行くことが分かってたから、ベトナム料理を食べなきゃ!っていう強迫観念もないのです。

もとい、その後、MBKで買い物。いくつか欲しいものをリストアップされたんだけど、ほとんどMBKで買い物で手に入りそうなものばかり。しかし、ミッシー、買い物が豪快だ。いくつかのお店を回って欲しいものを吟味するわけでもなく、買い物を初めて5店舗ぐらいまわった段階でほとんどの買い物終了。なんつうか、ある意味、男っぽい買い物だ。その後、携帯電話屋を巡り、足つぼマッサージに行きたいというからチットロムまで移動してDr.Footへ(Mr.Footだったかも?)。

やってもらっている間に、スコールが降り始めた。マッサージ終了後も雨がやまない。しかたがないので、少し雨が弱まったのを見計らって軒下づたいにチットロムの駅まで歩く。意外と濡れずに歩けるもんだ。そしてゲイソンに飛び込み、屋根の下を歩いてチットロム駅へ。次なる目的地はトンロー。帰国前に牡蠣を食べておきたいんだそうな。僕も牡蠣好きなのでその話にのってみた。トンローのラーン55っていうレストランでは小粒の牡蠣を更に山盛りでだしてくれる。もちろん生。一応、生でも食える牡蠣なので大丈夫(たぶん)。そこを目指して行くものの、時間が早すぎて開いてなかった。ごめん、ミッシー。その後、トンローの別のタイ料理屋にはいり、どうしても牡蠣が食べたいと言うから生牡蠣を頼んでみた。ここの牡蠣はラーン55とちがって、大きい。日本の牡蠣みたいに殻付きで出てきた。それ以外にも定番のタイ料理をざくざく頼んでビールを飲んで飲んだくれた。二人で食べてるのに量を考えずに頼みすぎてしまったので食いきれなかった。残してしまった、ごめんよぉ。

ミッシーはツアーでタイに来ていることもあり、ホテルにピックアップが来るんだそうで。それに間に合うようにBTSで帰る。僕は、ミッシーが無事に日本に戻れることを祈りつつ、途中下車してミッシーと分かれた。

後日談として、みっしーから聞いたんだけど、あのあと財布を落として大変だったらしい。成長していたと思ったみっしー。相変わらずだった。

投稿者 tsuchy : 22:09 | コメント (0)

2007年06月22日

ミッシー

僕がまだ慶応藤沢にいた頃、一緒にCisco的お仕事をしていた関係で知り合った青山学院大学の先生の教え子(?)、通称ミッシーが政策・メディア研究科を目指して藤沢に通っていた時期があるんだけど、そのミッシーがバンコクにやってきた。会社を辞めたので少し時間ができたんだそうです。そんな次の就職先も決まっていないというのに、とりあえず旅行だなんて相変わらず大丈夫か?!と不安に思いつつも、週末を一緒に過ごしてあげることにした。

今日は、ディープなタイ料理が良いというのでラープランスワンに連れて行く。コカコーラをスポンサーにつけたからか少し綺麗になったものの、店内を猫や子どもがうろうろする屋台的レストラン。えー、こんなところにレストランがあるの?という場所にあるんだけど、味は美味い。近所ってこともあり、ちょくちょく通っているのでした。しかし、このお店、相変わらず大繁盛。夜8時ぐらいに行ったんだけど、主要なメニューは全て売り切れ。マジですか。仕方がないのであるものを適当に持ってきてもらった。二人でビールを飲んで、ミッシーがタイに来て何をしてきたのかを聞く。意外とたくましくなってるじゃん。自分があまり成長していないことを棚に上げつつ、ミッシーの成長を喜ぶ。

その後、バンコクの夜を教えてくれと言うので、タニヤに移動して、ゴーゴーバー、カラオケ、そしてトンローの居酒屋と一通り見学して、その後、居酒屋の友達とクラブに行って朝まで飲み明かす。ディープなタイで満足してもらえたのではないでしょうか。途中で疲れた僕はミッシーのたくましさを信じて、あとはタクシーで帰れと放置して帰宅。家に戻ってうっつらうっつらしてた頃、一緒に遊びに行っていたタイ人から、こいつのホテルはどこだー!?と電話あり。やっぱり大丈夫じゃなかった(汗) 一緒にいた友達(タイ人)には迷惑をかけてしまいました。何はともあれ無事にホテルに戻れたようで良かったです。

投稿者 tsuchy : 23:51 | コメント (2)

2007年06月18日

Taling Pling

本日も英さんと晩ご飯。あれ、昨日と同じ書き出しだ(苦笑) というわけで、三日連続でレストランの名前がタイトルに。食い過ぎかな?!

今日は英さんと一緒にバンコクオフィスでお仕事。ひたすら一日、黙々と働く。途中でヤマハのおもちゃが届くものの、目もくれず仕事。夕方にはバケツをひっくり返したようなスコールが降ったなぁ。

そうこうしているうちに夕方がきて夕食時に。今日は英さんが日本に帰る日なんですが、カンチャナ先生を交えてご飯を食べることに。今回のレストランは、パン通りにあるTaling Pling。数年前にできたお店らしいけど始めてきたレストラン。そもそもパン通りは、シーロムとサトーンをつなぐ通りなわけで、シーロムのインド寺を左に曲がって入る。こんな通り、普通は入らないからなぁ。

だけど、レストランは普通に美味しい!最近食べたタイ料理の中では、割とヒットなんじゃないかな。値段もほどよく安いし、かなりリーズナブル。英さんを空港まで送っていく関係でビールが飲めなかったのが残念ですが、楽しくそして美味しく、時間を過ごしました。

その後、英さんを空港まで送っていき、自宅まで戻って本日も終了。英さん、リラックスしてくれていれば良いんだけどなー。また、明日から激務だっていってたので。また、心と体を癒やしにバンコクまで来てくださーい!

投稿者 tsuchy : 23:36 | コメント (0)

2007年06月17日

Le Beaulie

本日も英さんと晩ご飯。そんなわけで二日続けてレストランの名前がタイトルに(^^;

本当は午前中に英さんと一緒にジムでトレーニングしようと思ってたんですが、昨日の夜、僕は英さんと別れたあとで友達と深酒をしてしまい撃沈。英さんはちゃんと起きて運動されてたようです。すごい。飲んだくれてちゃ駄目だ、見習わないとね。お昼にはなんとか復活して英さんとカノムチン・バンコクで食べ、昼まっからビールを飲んで完全に駄目人間モード。その後、英さんは福田さんとスパに、僕はマッサージに行こうとしたのですが、家に戻ったのでした。

なぜか?何でかしらんけどおなかが痛くなったのです。もっとも、カンボジアから帰ってきてからずーっと調子が悪かったのですが、だましだまし生活してきたのです。それと同じ流れ。おなかがぐるぐるし、危うく本日のディナーもキャンセルする勢いで。変な脂汗がでてつつもとりあえず体を横にして休む。夕方に何とか復活。

そうして何とか合流。今日のお店は、Asok(soi19)にあるLe Beaulieです。ここは駐在仲間の福田さんに教えてもらったお店なのですが、以前、僕の上司が日本からやってきたときに一緒に行ったお店。今回も英さんと一緒に行きました。いやぁ、ここ、美味いんだけど、高い。高いんだけど美味い。ワインをあけて、いつもと同じように前菜一品とメイン一品をそれぞれ頼み、リゾットとラザニアをみんなでシェア。大変美味しゅうございました。英さんにはごちそうになりっぱなしなのですが、このレストランはごちそうになれるレベルじゃないので有り金をぜんぶお渡しして(といっても2000B程度)勘弁してもらったのでした。英さん、いつもすみません、ありがとうございます!

でも、Le Beaulie、美味しいけど頻繁にはこれないなぁ。ランチタイムがねらい目なんだろうな。うん。

投稿者 tsuchy : 23:28 | コメント (2)

2007年06月16日

La Piola

本日は英さんがバンコクにいらっしゃると言うことで、空港までお迎えに!午後到着の全日空便でした。今日は昨日の教訓を生かして少し早めにでたのですが、それでも遅刻。英さん曰く、出発したときから早く着くことはわかっていたらしいです。風の状況が良かったのかな。お待たせしてすみませんでした(汗)

さて本日のコースは、英さんの教え子さんと一緒に晩ご飯!そんなわけで、英さんをホテルまでお連れして、僕は車を一度、家に捨ててから再度ホテルに移動。ホテルのバーでビールを一杯飲んでから晩ご飯に向けて移動しはじめたのでした。

本日は、NanaのSoi11とSoi13のどんつきにあるイタリア料理屋さんLa Piola。以前はSoi15あたりにあったような記憶があるんだけど、しばらく前にここに移動したのです。そもそもこのお店はバンコクの駐在仲間であった瀬古ちゃんに教えてもらったのです。昔はワインを持ち込んでわいわいやったものでした。La Piolaは、コースで頼む料理がボリュームがあって凄い。正直、味付けは僕にとっては塩辛いかなーと思わなくもないけど許容範囲。そのコースを英さんにも食べてもらいたくってお連れいたしました。移転してから初めてのLa Piolaだったので以前と同じかどうか少し不安でしたが、予想通り、凄い量でした。各種生ハムの盛り合わせも以前と同じ。昔と同じLa Piolaで一安心。味付けも前よりも塩からっくなく僕的にはレベルアップ。楽しい会話と楽しい食事で盛り上がったのでした。しかし、英さんは撃沈。お疲れなのね...。

投稿者 tsuchy : 22:11 | コメント (2)

2007年06月15日

弾丸出張

本日、夜遅くにA社長到着。タイ滞在時間が36時間を切るという弾丸出張。仕事とはいえ、僕だったらあんまりやりたくないなぁ。何はともあれ、僕にとってのバンコクの兄貴分であるDTさんと一緒に日本における兄貴分のA社長をスワンナプーム空港まで迎えに行くことに。僕がのんびり構えてて、DTさんに「大丈夫ですよ。イミグレも混んでますし、23時半ぐらいに行けば十分ですって」と言ったばっかりに、遅刻。すっかりタイ時間に慣れきってしまって良くないですね(X_X) 反省です。

A社長は非常にパワフルで、到着早々飲みに行こうよ!と誘ってくださいました。ホテルがスリウォン通りにあるので、なぜかタニヤの酒の肴という和食屋に。酒の肴というお店の名前に恥じないいろんな酒のつまみがありまして、楽しい時間を過ごせました。ちなみに、A社長、明日は仕事と言うこともあり、深酒はせずにほどよくホテルに戻られたのでしたー。これはある意味珍しい。ん?!

投稿者 tsuchy : 23:08 | コメント (2)

2007年06月14日

ブログ再開

えー、2007年1月1日に3回目のお正月というタイトルでエントリしたのは、もう半年も前の話。この間に、いろいろなことがありまして、体の調子を崩してたり、心の調子も崩してたり、仕事も忙しく、かなりドタバタしておりました。仕事を除くありとあらゆるものから逃げまくっていたこの期間、数多くの人に不義理を働いてしまいまして、申し訳なく思っております。もう不義理しまくりで、どなたにどう謝ればいいのかも分からない始末。ゆるゆると再開したいと思いますので、こんな私でよろしければ、改めておつきあいをさせていただければと思います。

また、徐々に連絡を取らせてもらいます。よろしくお願いします。

とりあえず書いておいて載せていなかったエントリを順次載せていきます。

6月2日 誕生日
6月5日 UNESCO授業
6月6日 運び屋
6月7日 ルーティングの調整
6月8日 ラック設置
6月9日 遠山とのミーティング
6月10日 ベスト4
6月11日 ルーティングの調整-2-
6月13日 地デジ系会議

投稿者 tsuchy : 19:49 | コメント (15)

2007年06月13日

地デジ系会議

NECTECの安井さんに招待されたので、NECTEC/NiCT/JICAが共催する地上デジタル放送に関する技術のワークショップに参加してきました。今日から二日間の予定なんですが、二日目は他の仕事の都合で参加できないので初日のみの参加。

初日は、総務省の大久保さんによる総論的プレゼン、続いてNHKの今村さんによるISDB-Tの技術的なお話、ランチを挟んでから地デジがどのように使われているのか、アプリケーションの視点でTBSの杉浦さんがお話をしてくださいました。最後に、東芝の沢田さんが地デジ端末のお話をしてくださいまして、一日目が終了。

日本では既に地デジを普通に見ている人が多い、もしくは増え始めていると聞いておりますが、海外に住んでいるとそういう技術的な情報がなかなか入ってこないのでこういうワークショップは貴重です。参加して久々に楽しいと思えるワークショップでした。

ちなみに、思った感想をぶっちゃけますと、このワークショップ、日本のデジタル放送技術をタイに売り込むための営業活動のようでした。それはそれで良いのですし、参加されていたタイの人といろいろ話をすると比較的この日本製の技術に対して好感を持ってくださっているように思えました。そういう意味では成功だったんじゃないでしょうか。

ただ、ワンセグ(+日製地デジ)を日本以外ではやらせるためには乗り越えなければならない壁がたくさんあるように思えました。例えば、携帯電話でワンセグを見せようとした場合、そのチップセットをNOKIAやMotorola、Samsongなどの携帯電話メーカーに採用してもらわなければならいのですが、その壁は高いでしょう。今までの他の分野であれば日本のメーカーが市場を押さえていたので、日製技術を採用できたかもしれませんが、携帯電話に関してはそうもいかない。日本の携帯電話機メーカーが海外進出を怠ってきたツケがここで大きな問題になっているように思えました。ま、これは携帯電話会社が悪いのかもしれませんけど。

このままだと世界で一番進んでいると思われる地デジ王国日本は、日本以外では使われていない方式として孤立していくのかもしれません。この問題の影響は小さくないです。家電メーカーが作るデジタル放送端末のいく末にも大きく影響を与えるでしょう。特許料で稼げなくなるだけでなく、日本のメーカーは他の国の技術を使ってテレビやビデオを作っていかなければなりません。巨大な日本という市場と世界市場の両方を視野に入れた商品開発をせねばならず、そのコストの増加ははかりしれません。

日本が戦略的に日製の地デジを世界にはやらせるためには技術論だけでなく、様々な方面からの国のサポートが必要でしょう。例えば、JICAで発展途上国のテレビのデジタル化を支援してテレビ局の機材一式を日製の地デジ機器で埋め尽くしてしまうとか。中国とかはもうやってるらしいですよ。

でも、インターネット屋としては、一発大逆転を狙うなら、やっぱり放送と通信の融合を視野に入れた技術開発だと言いたくなりますね。放送局の権利!権利!!という馬鹿な発言を総務省が真に受けて、このチャンスを逃したらこの分野における日本の産業は他の国に大きく後れを取ってしまうでしょう。

ちなみに、この6月13日、14日はサイアムシティホテルに来てくださればお手持ちのワンセグ携帯で試験放送が見れましたとさ(^_^) 早く言えって? ごめんなさい(^^;

投稿者 tsuchy : 22:37 | コメント (0)

2007年06月11日

ルーティングの調整-2-

祝!Tribhuvan UniversityがついにSOI Asiaの授業に参加できるようになりました。へんてこなトポロジーに加え、ルーティング上の制約があったので、AITから授業を配信する時はTUがその授業を受けられないという事態になっていたんですけど、AIT学内ネットワークオペレータとミーティングをして、ちょっとトリッキーではあるけど汚くない方法で問題を解決できました。

明日の授業から参加してもらえることに。質問、いっぱいしてくれると良いなぁ。

あとはAITと外部とのルーティングの調整問題が残っていますが、これは急ぎの案件でもないですし、おいおいやっていきましょう

投稿者 tsuchy : 23:13 | コメント (0)

2007年06月10日

ベスト4

久々に日曜日の予定がまるまるあきそうだったので、久しぶりにサッカーに参加することに。体重も微妙に増えているし、なにより運動不足で筋力も落ちてるから迷惑をかけると思いつつも、人がいないよりはいた方が良いだろうと思い参加させてもらうことにした。

しかし、暑かった!集合が12時から13時ぐらいなんだけど、むっちゃ暑い。直射日光が容赦なく降り注いでくる。試合開始は2時ぐらい、一番暑い時間帯ということもあり、正直倒れるんじゃないかと心配でした。

今回も35歳以上限定のベテランリーグへ参加。毎月一度、集まって大会を開いています。今回は総勢19チームが集まり、寄せ集めチームを一チーム加えてから一次リーグを開催することに。一次リーグは、20チームを5チームずつの4つのリーグにわけ、上位2チームが決勝トーナメントに進出という方式でおこなわれました。

一試合目は炎天下での試合。僕のミスで1-1の引き分けになってしまった。ぼーっと試合に入ったのがいけなかったのか。暑さでぼーっとしていたのか。よく分からないけど、試合後もグランドでばったり寝てしまいました。いやぁ、辛い。炎天下でのサッカー。帽子かぶってキーパーやってても辛いんだから、フィールドプレーヤーはもっと辛いんだろうなぁ。

しかし、第2試合ぐらいから雲が出てきて雨が降りそうな感じに。おかげでプレーしやすくなり、結局のところ、我々、Bangkok United Japanは、この一次リーグを1勝3分の勝ち点6で終了。この段階で一次リーグ突破が微妙になったんですが、他のチームも引き分け続きで勝ち点6ながらにして一次リーグを1位通過。史上初の快挙でベスト8以上を確定させました。僕がミスしていなければ、2勝2分けもっと楽に突破できてたんですが(汗)

決勝トーナメント1回戦、準々決勝も1-0で勝利。なんとベスト4に進出。しかし、準決勝であたったタイ人中心のチームは、噂では元タイ代表がいるチームらしく(反則でしょ ^^;)、1-0で負けてしまいました。体力切れだったのか、3位決定戦も1-0で負け。結局、4位で終了でした。残念。

でもまぁ、久々にサッカーができて楽しかったです。

19チームのバラエティも豊かになってきており、トルコ人チームやイタリア人チームなど、ベテランリーグが開催された頃にはいなかったチームが参加するようになってきました。でも、中国人チームとか韓国人チームとかないのかなぁ。そうするとワールドカップ度が高まってきて楽しいのに。あ、今度はトルコ人にバンコクにある美味しいトルコ料理屋さんを教えてもらおう。

投稿者 tsuchy : 22:03 | コメント (2)

2007年06月09日

遠山とのミーティング

本日は、暦上は一応、休みの日。僕の車は、以前から原因不明のバッテリあがりが続いていたんだけど、今回は自分のミスでバッテリを上げてしまった。ハザードランプをつけっぱなしにしていたみたい。またバッテリが上がったのかよ!と思ったけど、自爆。小島さんの運転手さんにヘルプしてもらって、とりあえずエンジンをかけました。

午後は、遠山とミーティング、遠山が見てきた感じてきたことをベースに意見交換。情報を聞くばかりで体系的に具体的な意見を出せなかったのだが、いろいろと収穫があった。僕一人が問題だと思っていたのかなと感じていたことが、遠山も同じことを感じていたりして、やっぱり問題であることを再認識。具体的な改善策を出して、それを動かせると良いんだけど。貴重な意見交換でした。

投稿者 tsuchy : 23:36 | コメント (2)

2007年06月08日

ラック設置

本日、バンコクオフィスにラックが納品されました。それに伴い、部屋内のケーブリングなども業者さんにお願いして、それも完了。机の上にむき出しで置いていたサーバもちゃんトラックにマウントして、かなりきれいになりました。ラックも買ったぐらいだからパッチパネルも導入して、配線もきれいに。だけど、作ってくれると思っていたパッチケーブル、作ってくれないんでやんの。仕方がないから買いにいかなきゃ。自分で作っても良いけど、工具もケーブルもないからね。ケーブルといえば、コンソール用のモニタ、キーボードとマウスの3つのケーブルの長さが足りないことが判明。想定されていたこととはいえ、ケーブルを買っておくのを忘れてた。これも後回し。時間があるときにパンティッププラザにでも買いにいくことにします。無線LANの基地局も見栄えよく設置。IP電話はミーティングルームに。これでいつでもテレコンできるようになりました。

まぁ、時間がかかった上に微妙にまだやり残していることはあるけど、これでネットワークの敷設作業はほぼ終了。次は、アプリケーション環境を整えなきゃ。これは大きい買い物がいろいろあって楽しいです。Yooがいろいろと頑張ってくれてて助かります。大きいモニタ(40インチぐらい)を買ったり、Yamahaのスピーカーとかを買ったり、あまり触ったことのない機械を触れるので、今から楽しみです。

投稿者 tsuchy : 21:32 | コメント (0)

2007年06月07日

ルーティングの調整

久々にCiscoを触る。いやぁ、ルータを触るってやっぱり楽しいね。しばらくぶりだったので見たことのないコマンドもいくつかあったりして。タイに来てから、厳密に言えば博士論文を書いている頃から運用に関われなくなって、なんだか、あがった感があって嫌だったんだけど、久々にさわったCiscoのルータ。おもしろい。自分の手でネットワーク構築するのはやっぱり楽しい!

途中でミーティングが入ってしまい、かつ問題解決はAITのオペレーターの協力が必要だったりして、本日のトラブルシューティングはここまで。原因は分っているので、来週には問題解決できると思います。

注) AITのローカルルールでは、金曜日の設定変更は一切行わないとなってます。何か問題があったときに花金(古い?)や週末に影響が出るのを防ぐためなんでしょう。なんだかなー、うまくいかなかったら戻せば良いんだし、作業してくれよと思うけど、ローカルルールとはいえ、ローカルルール。そのルールを理解できなくもないのでおとなしく従っております。

投稿者 tsuchy : 23:27 | コメント (6)

2007年06月06日

運び屋

2006年度末に予算消化も兼ねてハノイ工科大学用の機材を大量に購入。しかし、誰が持って行くんだという量になってしまい、自分がハノイに運ぶだけでは何往復必要なんだろうというレベル。誰かが助けてくれないかなぁと思っていたところ、今年からプロジェクトに関わってくれる遠山がハノイ出張だというので、これ幸いに運んでもらうことにした。てか、僕は行かなくても良いの?という思いがあったものの、まぁ呼ばれてないし、この期に及んで挨拶だけしに行くのも予算の無駄遣いなので気にしないことにする。本当にしなきゃいけないことがあるときに行けば良いんだと改めて考え直しました。閑話休題。結局、運び屋の遠山にはモニタやビデオカメラ、三脚など大量の物品を運んでもらったのでした。

また、荷物の準備をするだけでなく、本プロジェクトに関わる情報交換や整理を目的としたミーティングをおこないました。遠山と僕の問題意識は限りなく近く、問題解決に対するアプローチは違うものの、同じ方向を見ていることを再確認。やっぱり頼りになる男だ。これでちょっとハノイ工科大学のプロジェクトに明るい兆しが見えてきた感じ。一緒に頑張りましょう。

さて、悲しいことなのですが、重要なことなので記しておきます。サンフレッチェ広島がJ2に落ちた年に知り合い、一緒に広島を応援してきたあきちゃんが若くして亡くなられました。以前から体調を崩されて長い長い闘病生活を送られてきたのですが、本日亡くなられました。あきちゃんとの思い出はいくつもありますねぇ。初めてあきちゃんを認識したのは山形戦に行くためのバスの中だったかな。隣同士になったのを覚えております。フットサルとかも一緒にしましたし、試合の後の飲み会も何度も一緒しましたねぇ。11月15日のビッグアーチの試合のことも思い出します。闘病生活は長くて大変だったと思いますが、安らかな最後だったと伝え聞きまして、少しだけ安心しました。あきちゃん、ゆっくり休んでくださいね。また、スタジアムでお会いしましょう。

投稿者 tsuchy : 23:22 | コメント (0)

2007年06月05日

UNESCO授業

5月末から、我々がやっているSOI AsiaプロジェクトとUNESCOの共催でエネルギー関係の授業を東南アジアから発信するという授業シリーズをやり始めました。バイオエナジーとかトピックとしてはすごいおもしろいですし、近日中に公開されますので、興味がある方はチェックしてみてください。

そしてこの授業の大半がAITからの授業発信するという今までにない取り組み。いろいろと苦労があります。特に困っているのが音声の調整。マイクに入ってくる音声レベルが一定レベルじゃなかったりすることもあり、受信地点とチャットで会話しつつ、微妙にレベルを上げて!とか下げて!とか調整が必要だったりします。もはや職人芸。って、言うほどのことをやってるわけではありませんが(^^;

テレビニュースなんかはよく見てみると、ピンマイクを使ってたりしてアナウンサーとマイクの距離があまり変わらないようになっていたりします。なので、音声レベルを調整する必要がないのかな。

遠隔授業のプロジェクトに関わり始めて、しかも、授業を発信する側になっていろいろと気がつくことがありました。映像や音声の作り込みは奥が深すぎて、ちょっと足を踏み込んだだけですが広大な平野が目の前に広がりすぎて先が見えません。

映像や音声に強い方ー、ぜひ僕の相談にのってくださーい。お代は、旅費はもてませんがバンコクでのご接待で!(苦笑)

投稿者 tsuchy : 21:43 | コメント (0)

2007年06月02日

誕生日

書きためておいたエントリのはじめがこれってのもどうかと思うけど、誕生日は、寝正月ならぬ寝誕生日になりました。

6月2日は誕生日。僕の性格からして誕生日って忘れがちなんだけど、ここ最近、mixi とかGREEとかで誕生日が通知されるのか、友達から誕生日おめでとうのメッセージをもらうようになりました。覚えてくださってる方、気がついてメッセージをくださった方、ありがとうございます。今年で36歳になりました。そう亥年の年男。猪突猛進の性格ではないですが、少しぐらいは猪突猛進できるよう頑張ります。

で、寝誕生日ですが、体調を崩しておりましてずっと寝ておりました。ほぼ1日半ぐらいご飯も食べれずじまいでフラフラ。5月28日から30日まで、カンボジアのプノンペンに出張だったのですが、移動も含めて3日間びっちりだったこともあり、疲れがたまってたのかなぁ。5月31日はタイの休みだったんだけど、あのあたりから体調を崩して6月1日、2日と倒れてたのでした。

疲れがたまってから復帰できなくなってるって、誕生日に年を取ったことを再確認したのでした。

投稿者 tsuchy : 23:27 | コメント (6)