« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月30日

キャップ送別会

本日はBangkok United Japanのキャプテン、はたのさんの送別会。会場はトンローの美味しんぼ。前からこの店の名前、大丈夫なのか?と思いつつ、海外での出来事だし、小学館の人も気がついていないのかもしれません(^^; ここは以前、羅門だったお店でSiam_Breezeさんとよく行っておりました。その当時は、1,2階が居酒屋さんで別の入り口の3階がカラオケ屋さんでした。3階には1度しか行ったことがないので、その存在を忘れていたのですが、あれー、あの店でパーティなんて出来るかなぁと思ってたら、そのカラオケ屋のスペースがパーティ会場になっておりました。驚き。

パーティそのものはアットホームで楽しいもので、みんながキャップとのエピソードを語り、へーそんなこともあったのねと思いつつ、キャップの人柄があらわれている楽しいパーティでした。みんなからのプレゼントはいつものようにサッカーボールへのサイン。最初の方に書いたので大量のスペースに怖じ気づいて(?)、控えめなコメントになってしまいました。いろいろと書きたかったんだけどなぁ。

僕も一気飲み要因として呼ばれ、キャップとの思い出を少しだけ語ることに。やっぱり一番覚えてるのは、前キャップの千葉さんの家で朝方まで一緒に飲んだことかなぁ。ロウソクに火をつけて、仕事やいろんなことを語ったのをよく覚えてますよー。

翌日が平日ってこともあり、パーティは10時過ぎに終了。キャップのタイ滞在はあと10日ぐらいなんだそうです。最後のスピーチでも言ってたけど、偉くなって(社長!)、今の会社に戻ってきて、また一緒にサッカーできる日を楽しみにしております!あれ、僕はその頃もバンコクにいるのか?!(^^;

投稿者 tsuchy : 22:25 | コメント (2)

2007年09月29日

久々の休日

先週は論文執筆支援、先々週はMozilla24と二週間連続で週末が飛んだので、考えてみると3週間ぶりの休日。幸せー。いろいろと充実の一日を過ごしました。でも、いろいろあったよ。ブログのネタ、数日分ぐらいの出来事がありました。

朝7時半起床。昨日の夜は遅かったけど、こんぐらいまで寝られると幸せ。朝ご飯を食べたり、録画してあったテレビ番組を見たりしつつ、家のことをちょこちょこしながらのんびり過ごす。なんと優雅な一日のスタート。

今日は10時からマッサージ!いつものマッサージ師さんにもんでもらうべく、プロンポンに向かう。Soi33をマッサージ屋さんに向かって歩いていくと、タクシーからヘルプを求める声が。人を見た目で判断しちゃいかんのだけど、いかにも胡散臭そうな格好をした欧米人(女性)がヘルプを求めてきた。バンコクに到着したばかりでホテルを探しているらしい。だけどタクシーの運転手さんは英語をしゃべれないので、コミュニケーションが取れないままタクシーの運転手さんもその欧米人さんも困惑していた感じだったな。僕も初めてバンコクに来たとき、タクシーの運転手さんとコミュニケーションが取れなかったことを思い出してヘルプすることに。ただ、胡散臭かったので連れ去られちゃやばいなと思い、タクシーのドアを開けたまま相談。そしたらタクシーの運転手さん、エアコンの空気が外に逃げるからドアを閉めてくれと要求して来るじゃないか。観念して(?)からタクシーに乗り込む。その欧米人さんは安いホテルに泊まりたいんだそうな。そんな要求、タクシーの運転手さんに通じるわけないよな。というわけで、MBK近くのカセムサン1に安いホテルやゲストハウスがあるよと教えて、タクシーの運転手さんにそれを伝える。タクシーの運転手さんと欧米人さんから「ありがとう!」と感謝されつつわかれる。無事に到着したかなー、問題なければ良いんだけど。

そういうトラブル(イベント?)があったものの、10時には何とか間に合いました。申し込んでお金を払っておばさんの登場を待つ。いつものおばさん登場。世間話が出来るぐらいの仲なので、僕が大学の先生だとかそういうこともいろいろ知られてる。まぁ、仲良くやらせてもらってます。なので、向こうも客の僕に言いたいことを言ってくる。土曜日の朝はタンブン(お寺にお布施をしに行く)から、朝が良いなら日曜日にしてくれと言ってきた(苦笑) 「今日は先生がリクエストしてくるからお寺に行けなかったじゃないですかー。タンブンに行こうと思ってたのにー」だって。しょうがないので、次回からは日曜日の朝にリクエストするよと伝える。なんで、客があわせにゃならんのだと思いつつ、まぁ、そういう関係なので甘んじて受け入れる。…2時間後。うーん、気持ちいい。すごいすっきりした。心なしか姿勢も良くなってる気がする。

古本で週刊モーニングを探すべくSoi33/1のDDbooksに向かうものの、入荷してなかった。最近、モーニングが流通してないんだよなぁ、残念。軽くマンガを立ち読みして、お昼ご飯を食べに移動。

タイの銀だこ今日のお昼ご飯は、銀だこ。プロンポンからBTSでアソックに移動し、地下鉄でエスプラネードに向かう。ここには銀だこのタイの一号店がある(まだ一店舗しかないけど)。最初の頃は日本人を中心に焼いてたけど、今はタイ人が焼いてた。まぁ、ぶっちゃけ日本の方が美味しいと思うけど、許容範囲かなぁ。ちょっと揚げの時間が長すぎるのか、本当に微妙に焦げ臭さがあるんだよね。油が悪いのかなぁ。あと、銀だこの中に紅ショウガって入ってたっけ?日本にいる皆さん、日本の銀だこに紅ショウガが入っているかどうかチェックしていただけませんでしょうか?

さて、お昼ご飯を食べたら何年ぶりかわからないぐらいのチャトチャック。仕事仲間から頼まれたものを買いに行こうと一念発起、重い腰を上げてみた。あいかわらず、大混雑のウィークエンドマーケット。雨期で少し涼しいとはいえやっぱり暑い。チャトチャック内をあっちへうろうろ、こっちへうろうろ。お目当ての品物は、なんて説明すれば良いんだろう、プニプニのオブジェを床とか壁とかにばしっとぶつけるとビチャッとオブジェが潰れて広がるんだけど、徐々に元の形に戻るというオモチャ。バンコクに住んでる人なら、あぁ、あれかと思い出してもらえると思います。そのブタさんバージョンが欲しいと言われたので探してみました。しかし、ない!歩けど歩けどない!2,3時間ぐらい歩いたけど見つかりませんでした。売ってるおばちゃんと話をしてみると、あっちに売ってるって。でも、行ったけどない。「ないよー、どこに売ってるの?」って聞くと買ってきてやるといっておばちゃんは僕に店番を任せて探しに行ってくれました。なんて良いおばちゃん。おばちゃん、戻ってくる。手にネズミを持って。「ちょ、おばちゃん、それブタじゃなくてネズミ!」よくよく話をしてみると「ヌー(ネズミ)がいるんじゃないの?ムー(ブタ)はないよ!」だって。ヌーとムーがちゃんと伝わらなかったみたい。残念。でも、おばちゃん、ありがとう。仕事仲間にはブタが売ってない品物一覧の写真を撮ってブタを確保できなかったメールを送る。

また、BTSに乗って自宅に戻る。本当はジムに行きたかったんだけど、その時間はなさそうだなぁ。たくさん歩いたこともあり、自宅でしばしの休憩。いやぁ、2,3時間も歩くとさすがに足が疲れますな。マッサージに行ったのがチャラになりました(なわけない)。

そして本日はモバイル仲間のQ太郎さんがバンコクにいらっしゃっているので合流することに。集合時間は7時だったんだけどちょっぴり時間があったので、親父さんのお店(伯楽)に行って一杯ひっかけてみました。親父さんはいらっしゃらなかったのですがお客さん仲間(ダンディなあのお方)と軽くお話。こんな感じで年を取りたいものです。

ブタのオモチャQ太郎さんとの飲み会に遅刻しないように伯楽を出るものの、シーロムの屋台街でブタ発見!!!えー、あれだけチャトチャックに売ってなかったのに!あっさり見つかる。ちなみに、チャトチャックでは1個20Bで売ってるんだけど、シーロムだと39Bでした。値切ろうとするものの、なんか微妙に酔っぱらっているのか計算が上手に出来ない(苦笑)。通常価格のおまけでは3個買うと100B。つまり、3個で117Bのところを17Bほどおまけしてくれることに。ブタさんは4色ほど合ったんだけど、どの色が必要なのかわからなかったので4色とも買ってみました。4個156Bのところを120Bにおまけしてもらったー。酔っぱらってた僕は4個で120Bだろと勝手に値段を変えて4つで100Bにしてよと交渉するものの、冷静に考えると4個120Bでもずいぶん安いことに気がつく。単純にかけ算間違えてた。やばい、アルツハイマーか脳梗塞か(汗)。

ブタさんを購入してBTSで再びプロンポンに向かう。遅刻気味。本日二回目のプロンポン。しかも目的地はマッサージ屋さんの近くの和食屋さん、あかどう。なんという移動効率の悪さ。気分的には新橋あたりでマッサージして、上野あたりで買い物をして、新宿あたりの自宅に戻り、また新橋にご飯を食べに出るみたいな、そんな感じ。Q太郎さん、sryさん、クンクーさん、かずさん、かずさんのお友達、僕の6人で楽しく話をしました。あかどうではつまみとビールで楽しく宴会。その後、同じ通りのラーメン屋さんに移動。担々麺を食す。酔っぱらっているのか、sryさんがアルバイトの女の子を捕まえて、あの子は20歳以上か、以下かどっちだと思います?って言ってきた。どっからどう見ても子どもだったので97%の自信を持って高校生でしょ!と言う。Q太郎さんも合意。sryさんだけ、いや大人だと言い張る。じゃぁ、本人に確認してみましょうと、オヤジ3人がオヤジ全開で年齢を聞いてみる。何故そんなことを聞くのかと怪しまれながらも16歳だと答えてくれました。いくら若く見えるタイ人でも、さすがに子どもと大人の区別はつくでしょう?ねぇ、Q太郎さん。まぁ、そんなこんなで楽しい夜をみんなと一緒に過ごしたのでした。

うーん。しかし、すごい密度の濃い休日だ。3週間分の休みをまとめて取った感じ。疲れたけどリフレッシュできた楽しい一日でした。

投稿者 tsuchy : 23:11 | コメント (5)

2007年09月28日

ニッポンの教養

花の金曜日(古い?)。いつもより少しだけ早く帰宅。早めに帰っても金曜日は道路囲みがちなので到着時間はそんなに変わらなかったりするんだけど、気分の問題。早く帰ったという気分が大切なので、渋滞は気にしないことにして大学を離れました。渋滞もポッドキャストを聞きながらだと苦じゃないからね。

さて、ちょっと早く家に到着し、なにげなくテレビ(NHK)をつけてみると、なんと僕の上司がテレビに出てるじゃないですか。そういえばしばらく前に上司から番組に出るから協力よろしく!というメールが流れてたなぁ。そのテレビ番組は「爆笑問題のニッポンの教養」。以前、東京大学の野矢茂樹先生が出演されていた哲学の会をを見たことがあるのですが、かなり面白い番組でした。個人的には爆笑問題の太田を心の師匠(なぜ?)と思っているので、この収録、気になってはいたのです。スペシャル番組だったらしいんだけど、「爆笑問題x慶應義塾」と題して2030年の社会をみんなで語る番組。メールを受けたときにはどんな番組になるのか知らなかったんだけど、想像以上に面白い番組でした。実は最初を見逃していたので、もう一度見てみたいなぁ。今回はご飯を食べながら、ながら見してしまったので、次はしっかり考えつつ見直してみようと思います。

しかし、本当に贅沢な時間だなと思いました。いろんな分野の大学の先生が一同に会し、いろんなトピックについて議論していく。本当は、大学ってこういう話が出来るところなんですよね。日常的にこういう知的な会話をしていく環境が大学なんだろうなぁ。多くの人は大学というと授業を受けて単位を取って卒業していくだけのところのように思っているけど、本当はこういうところにこそ大学の力があるんだよね。授業以外の活動をどれだけおこなうか、そこに大学を活かすポイントがあるはずです。授業を軽視するつもりはないけど、それ以外の活動をもっともっと活発にしたいなと感じました。大学に勤める一教員として学生にどれだけそういう機会を提供できるか、もう一度考えさせられる良い機会でした。イギリスでもアメリカでも一流のアウトプットをしている大学には、結果的にこういう機会を持っているところが本当に多いんですよね。授業の合間に、学生や教員がカフェにあつまって、三々五々議論をする。こういう贅沢な時間をもっともっと持ちたいなと思った次第です。

投稿者 tsuchy : 22:31 | コメント (0)

2007年09月27日

ポッドキャスト、再び

新規購入したFMトランスミッタ9月25日にUSBメモリを購入したときに、実は一緒に買ったものがあります。それはFMトランスミッタ。

以前にiPodを購入してからポッドキャストにはまり、通勤時によく聞いておりました。だけど、その購入したFMトランスミッタが故障してしまい通勤時に聞けなくなってしまった。その改善策として車の中にスピーカーを持ち込むものの、スピーカーを車に持ち込むのが面倒くさくなり、そのうち聞かなくなってしまったのです。それ以降、ポッドキャストはおろか、iPodも使わなくなってずいぶんたっていたのです。FM那覇のオリジンアワーにはメールもよく送って読まれていたし、リスナー仲間のみんなにも仲良くしてもらっていたのに、ずいぶん疎遠になってしまいました。申し訳ない次第です。

さて、そのミーティング中、そのCEOがこういうのもありますよといって見せてくれたのがFMトランスミッタだったのです。類似商品を使っていたことがある僕は、「どうせ既存のFM局の出力の方が強いから使い物にならないんでしょ?」とたかをくくっていたのですが、このFMトランスミッタ、すごい。ラジオを既存のFM局にあわせてから、このFMトランスミッタの電源を入れると完全にその電波をオーバーライド。まったく聞こえなくなりました。CEOが言うには「2,3年前は出力が小さく、おっしゃるとおり既存のFM局の出力に負けていましたが、今は違いますよー」だって。5mぐらい離れている車でもちゃんと受信できるらしい。ちょ、それって単に出力をあげただけじゃん?電波法(タイにあるのか?)とかに抵触しないのかしら。僕が使ってる周波数にチューニングしている隣の車は運悪く(?)僕のiPodからのポッドキャストを聞いてしまうことになります。そう思いつつ、購入を決意。1250Bなり。僕が以前に買ったものより安いんじゃないかな。

購入後、使ってみました。特定の周波数にFMトランスミッタの出力をあわせ、FMラジオをチューニング、そして通勤。バンコクからランシットまでの通勤路上、どうしても既存FM局の出力に負けてしまうところがあるものの、以前のFMトランスミッタとは比べものにならないぐらいノイズが少ない。いいじゃん、これ(ちょ、周りに迷惑かけてるかも?!)。でも、結論としてFM局に負けてしまう地域もやっぱりありました。うーん、残念。でも、運転中に周波数を切り替えるのも危ないですし、僕はある決断をしました。なんと、車のアンテナを取り外してみたのです。というわけで、既存のFM局からの信号は弱くなり、FMトランスミッタからの出力はちゃんと拾えるという状況を作り出しました。もっとも、タイのラジオはそんなに聞かないので僕にとっては問題なし。

これで快適にポッドキャストが聞けるようになりました!
以前と同じようにメールを送ってみようかな。みんな、僕のこと、覚えてくれているだろうか?

投稿者 tsuchy : 23:02 | コメント (0)

2007年09月26日

totoBig

えー、以前にタイの宝くじを買ったことをネタにしましたが、今回は日本のクジ。しばらく前から僕が持っているクレジットカードを利用してサッカーくじのtotoが買えるようになりました。

toto、実は日本にいた頃、よく買ってたんですよね。サッカー好きってこともあり、一口、100円ずつ毎回買っていました。「この100円が日本のスポーツ環境を良くするなら…」という思いで買ってたのです。当然、自分のひいきのチームが勝つ方に賭けて。だけど、そんな賭け方したら当たるわけもありません(^^; ま、100円ずつだしね。当たるわけないわな。

皆さんもよく知っているとおり、totoの売り上げは低迷しておりますが、その打開策(!?)としてtotoBigが考案されました。当選の確率は約500万分の1らしいです。宝くじよりは高い確率で当たるらしいですよ。だけど、当選が出ずにキャリーオーバーが出てるのは購入している人が少ないからだそうです。さて、そのキャリーオーバーの金額がなんと約12億円になったそうです。パチパチパチ…。当選金額は当てた人が何人いるかにもよるわけですが、とりあえず6億が出る可能性があるらしいですよ、奥さん!

そんなこんなで、これは試しに買ってみないと駄目だろと思い、重い腰を上げてクレジットカードを使ってtotoBigを購入。宝くじのように切れ間よく10口(3000円)を買おうと思ったものの、「サッカーのクジなら10口じゃなくて11口だろ、普通」と思い直して11口購入。この一口増加が吉と出るかどうか?

しかし、totoBigはサッカー好きには不評ですな。だって、自分が好きなように賭けられないんだもん。コンピュータが完全にランダムに選ぶので「えー。横浜FCが磐田に勝つわけないじゃーん」と思いつつも、コンピュータは横浜FCの勝ちを選んだりする。だから当選が出ないんだろうね。

さて、僕が応援していた広島(諸般の事情で湘南を応援することにしました)の勝敗は、コンピュータの予想では11口が3勝7敗1分になっております。この微妙な数字、むむ。当たりそうな予感?!

投稿者 tsuchy : 22:16 | コメント (3)

2007年09月25日

小型USBメモリ

小型のUSBメモリ突然、夕方ぐらいにミーティングが入り込んだ。研究で使う無線機器の説明会が急遽開かれることになったみたい。あんまり参加したくなかったんだけど、とりあえず誘われたので行ってみる。案の定、そんなに面白い話ではなかったかな。だけど、話が意外な方向に進んだのでした。

話をしてくれた人はタイでは有名なリセーラーらしいWintoryという会社のCEOだったんだけど、リセーラーっていうぐらいで、いろんなITグッズも取り扱っているらしく、なぜか小型のUSBメモリを見せてくれました。なんというか江戸時代の一朱銀のような大きさ(ちなみに僕は一朱銀がどのぐらいの大きさか知りません^^;)。それを薄ーくした感じのUSBメモリ。2GBで750バーツ。端子がむき出しなのがいけていませんが、何より小さくて軽いのが良いですね。絶対になくす自信がありますが。半分ぐらい冗談で今売ってくれますか?って聞くと良いですよーっていわれたので、財布から750Bが飛んでいきました。なんたる衝動買い。

まぁ、2GBのメモリにしては少し高い気もしましたが、言った手前買わなきゃいけなくなりました。わはは。アクセススピードも気になったんですが、ちゃんとWindows VISTAのReadyBoostにも対応しているようで一安心。

いやぁ、しかしUSBメモリ、どんどん小さくなりますな。もっともマイクロSDの容量もどんどん増えて言ってるので、もっともっと小型化、大容量化していくでしょうね。なくさないようにしなきゃ。

投稿者 tsuchy : 23:51 | コメント (2)

2007年09月24日

すじ肉カレー

今朝も早くからの出勤だったので、ちょっと疲れ気味。ほどよく帰って家でご飯を食べようと思っていました。でも本日はDT改さんと晩ご飯を食べることに。実は、帰宅途中にDT改さんから電話があり、「つっちー、カレー作ったから食べるー?」とのこと。一つ返事で「食べます!」と伝えました。何を食べようか悩んでいたところだったので渡りに船。助かりました。DT改さん、カレー作りが上手という噂。すじ肉を長時間かけてことことと煮て、ものすごくおいしいカレーを作られるとか。今回も日曜一日かけて作ったカレーのようです。DT改さん謹製のカレー、食べてみたかったんですよね。そんなこんなで、DT改さんにご飯を炊いて待ってまーすと伝えて急いで帰宅。

帰宅してそうそうにご飯を炊き始めようとしてたのですが、なんとショック。お米が一合しかないじゃないですか。仕事中のDT改さんにお米がないことを伝え、ご飯もゲットしてきてもらうことに。いやぁ、お米がないっていったい何時代なんだ(苦笑)

10時前ぐらいにDT改さん、ご飯とともに到着。カレーをいただくだけでは申し訳ないので、軽くサラダを作っておきました。いやぁ、しかし、カレー、おいしい!すじ肉も味があってうまい。久々においしいカレーをいただいたのでいた。おいしいカレーを食べると日本人であることを嬉しく思います。って大げさ?(^^;

でも、DT改さん、おいしいカレー、ありがとうございました!

投稿者 tsuchy : 23:24 | コメント (2)

2007年09月23日

とじこめられた!

本日は日曜日。だけど、昨日に引き続いてお仕事です。これで3週間休み無しー。いやっほぉ。今日は休もうと思ってたのになぁ。それもこれもラストミニッツで仕事を頼んでくる人が悪い。マイクロソフトワードで論文を書いてきた学生がいるんだけど、それを何故かLaTeXに変換するっていう作業を頼まれてしまった。ぐるりと周りを見回すと、確かに僕しかできない感じ。つか、論文をマイクロソフトワードで書くなよなボケ!と学生に対する怒りを押さえつつ作業開始。ある程度形になってきたので印刷して確認してみるかと思ったのが不幸の始まりでした。

日曜出勤なのでオフィスには誰もいません。そんなわけもあり出入口のドアに鍵をかけないのは不安だなぁと思って鍵を閉める。そして、自分の部屋の鍵を開けて自室で作業開始。結構頑張って作業したんだよね。ずいぶん進んだので、出入口の部屋にあるプリンタに印刷された論文を取りに行く。その時、自室のドアがバタンと閉まる。論文を取って部屋に帰ろうとすると、なんと鍵がかかっているではありませんか(汗)まーじでと思いつつ、自分の状況を確認すると…。当然、鍵は机の上。部屋には入れない。靴は脱いで部屋に置いたまま今は裸足。外に出られない。てか、外にヘルプを求めて出ようと思っても出入口には自分で鍵をかけていた。その上、最悪なことに携帯電話は机の上。携帯でヘルプも求められない。どーしよ。

冷静に考えて警備員さんの電話番号を思い出し、内線電話でヘルプを求める。警備員さん、出入口のドアを開けてくれるものの、建物内の鍵は持ってないという。えー。作業も出来ないまま、家にも帰れないまま、鍵を持ってる人が車で一夜を明かすのか!?と頭をよぎる。

そうこうしてたら、同じく日曜出勤のAndreyがやってきた。携帯電話ゲット!事情を話して鍵を持ってそうな人に電話するものの、みんな日曜日だからか電話に出ない。仕方がないので、ドライバやナイフを使って鍵を突破する努力を二人で始めた。正直、泥棒モード全開。二人でドアを蹴破るか?とかガラスを割って進入するか?とか相談するものの、どれも現実的ではない。警備員さんはハラハラしつつ僕らの行動を見てた。ひょっとしたら堂々とした泥棒だなぁと思われていたのかも。一時間ぐらい頑張って、なんとか上手にマイナスドライバを使ってドアを開けることに成功。よかった。

閉じこめられた原因を解明すべく、ドアを調べる。僕の部屋のドアは、日本では最近見かけなくなった内側からボタンを押してドアを閉めるタイプ。これで鍵がかかるお気楽なやつ。つまり、ボタンを押さなきゃ鍵はかからないわけです。何でそれで閉じこめられるのよ。僕はそのボタンを押した記憶がないんだけど、ドアを見てびっくり。そのボタンが半押し状態になっていて、常にドアに鍵がかかるような設定になっているではないですか。つか、誰だこんな設定にしたのは!かくして僕は1時間ぐらい建物に閉じこめられていたわけです。

あーあ、無駄に疲れたよ。でも、Andrey、サンキュ!

投稿者 tsuchy : 21:00 | コメント (2)

2007年09月21日

パナソニックスカラシップ

ブログのエントリにはしておりませんでしたが、今年の6月26日、パナソニック奨学金の面接官をしておりました。どの子も優秀で、正直誰が合格してもおかしくない状況だったのですが、僕を含む面接官三人で合格者を決めたのがその日であったわけです。それから約3ヶ月。パナソニックから連絡がありまして受賞のセレモニーに是非とも出席してくれとのこと。合格した学生ともう一度話したかったこともあり、参加させてもらうことにしました。三人とも受賞の喜びを自分の言葉で立派にスピーチし、この子たちなら大丈夫だよなぁと再認識。二人は東京大学に、一人は東工大に進学する予定なんだそうです。三人の将来が楽しみです。ちなみに、東京大学に進学する子は、コンピュータネットワークの勉強をしたいんだそうです。江崎研とかに入ることになったら会うことがあるかもしれませんね。

そうそう。受賞セレモニー、テレビ局も取材に来ておりました。さりげなくタイのテレビに僕が映ってるかもしれませんよー。見た人、いますか?(笑)

なにはともあれ、三人の将来に幸あれ〜。

投稿者 tsuchy : 23:02 | コメント (0)

2007年09月20日

補講

先週の日本出張により授業を休講にしてしまったしわ寄せが今週にきております。というわけで補講。本日、夜19時から21時まで2時間の授業です。本当は3時間分の補講が必要なんだけど、まとめて3時間やるのはきついので、残りは別途させてもらうことにしました。3時間の授業だと聞いてる方も疲れると思うんだけどな。19時から始めたら22時だよ。終了時間が。学生も大変だろ。でもまぁ、バンコクから約40kmほど離れているAITでは学生の多くがキャンパス内の寮で生活しているので22時に終了しても困らないんだそうな。本当か?(苦笑)

実際には学生から「もっと早く始めましょう!」という意見はあるもの、16時から18時とか17時から19時は授業が入っていてNGらしい。しかも、イスラムのラマダンの時期と重なっているので、ムスリムの学生さんに考慮し、断食明けにご飯を食べてもらう時間を考えてあげなければならない。そういうわけで、19時から21時の授業になったのでした。

投稿者 tsuchy : 22:55 | コメント (2)

2007年09月19日

良い出会い

授業が始まって、そろそろ1/3が終わろうとしているんだけど、コースの開始時にはいなかった学生がぽろぽろ増えてきている。その中の一人がすごい一生懸命に授業に参加してくれているんだけど、本日、授業終了後に話しかけてきてくれた。

彼女はなんとタイにおける法務省のハイテク犯罪局みたいな部署から来たようです。僕はセキュリティの専門家ではないので、彼女にしてあげられる話は限られているんだけど、僕の知っている範囲でいろいろ話をしました。AITにきて4年目の学生だけど、ここまで目的意識を持って勉強しに来ている学生は初めてです。なかなかすてきな学生さんでした。まだ一年目だけど、いろいろ一緒にやってみようかな。国家権力側の人っていうのが多少気になりますが(苦笑)、場末ではありますがエンジニアの端くれとして、国家権力には屈せず正しい技術の追求に邁進したいと思います。わはは。

このブログを読んでくださっていると思われるセキュリティ専門家がいらっしゃいますが、サバティカルとって半年ぐらいAITに来てくださると、僕にも彼女にも先生にもすばらしい半年が過ごせると思いますよ(^-^) お待ちしておりまーす。

投稿者 tsuchy : 22:28 | コメント (0)

2007年09月18日

久しぶりのバンコク

約10日間の日本滞在を終えて昨日の深夜にバンコクにたどり着きました。空港から乗ったタクシーの運転手さんはとても正直で好感が持てる人でした。気持ちよく帰れたのでいつもよりチップは多めに。大げさかもしんないけど、正直者が日の目を見る世の中になって欲しいものです。

それはさておき、本日も普通に朝から出勤。約10日ぶりに運転するバンコクなんですが、自分の気持ちの中で10日ぶり以上の久しぶり感があることに気がつく。今までも10日間ぐらいバンコクを離れていることってよくあったのに、いつもと違う感覚なのです。ちょっと考えてみたんだけど、滞在期間中の密度の問題だろうかなと思った。振り返ってみると滞在していた10日間、寝る時間を除いてほぼ100%予定が入っていて、寝る時間を削っていろいろやりたいこと、やらなきゃいけないことをやったからなのかな。ほんの10日間の仕事だったけど、密度としては20日ぐらいの濃さで動いていたからなのかもしれません。気分的には一ヶ月ぐらいバンコクを離れていたような感じ。

さぁ、今日からいつもの日常が始まるぞー。頑張らなきゃ。

投稿者 tsuchy : 22:19 | コメント (2)

2007年09月17日

白い恋人

ちょこちょこ日本に戻っているので、日本のおみやげをintERLabのみんなに買って帰ることが多いんだけど、そんな中でも人気があったのが、例の問題をおこした白い恋人。確か、お盆休み帰国した頃に問題が発覚したんだよね。そのことを思い出します。

この白い恋人、成田空港第二ターミナルビルの第5サテライトにあるお店で売ってたんですが、撤去されたままになっており、そこで白い恋人が売っていたなんてこともわからないぐらいに跡形もなくなっております。僕も好きだったんだけどなぁ。買えなくて残念。夏の暑い時期でも空港で、しかもゲートの目の前でチョコレートを買えばとけるのを少しでも防げるんだよね。便利だったのに。そろそろ販売再開してもらいたいもんだ。

もちろん、問題をおこした会社に責任があることはわかるんだけど、なんつうか最近の日本人(って、マスコミだけか?)は、こういう企業や特定の人物をたたき過ぎじゃない?と思わなくもないです。なんというか許しの気持ちというか、心というか、そういう余裕が昔は貧しくともあったと思うんだけど、そういうのがなくなってる感じ。ペナルティを与えるのは法律に則ってやればいいわけで、マスコミが民衆を扇動してたたきまくるのはある種の私刑と同じなんじゃないの?と素人考えですが思ってしまいました。うーん、白い恋人が買えない怒りが、変な方向に進んでしまった。

というわけで、今回のおみやげは「名菓ひよこ饅頭」にしました。ちゃんと頭から食べるかおしりから食べるか議論させなければ。

投稿者 tsuchy : 22:06 | コメント (0)

2007年09月15日

Mozilla24

Mozilla24

本日から24時間イベントが始まります。スタッフとして参加しております。24時間イベントといっても、欽ちゃんは走りません。僕らも走りません。だけど、24時間イベントです。オープンソースソフトウェア系のイベントなんですが、ウェブブラウザであるFirefox、メールソフトのThunderbirdなど、オープンソースコミュニティで頑張っている人が関わっているイベントです。とはいえ、堅苦しいイベントではなく、24時間楽しく進んでいきますから、パソコンオタクじゃない人も楽しめると思いますよ!僕は慶応三田会場に分布しております。なぜか代理でプレゼンテーションしたりする予定もあったりしますので、お時間がある方は是非いらしてくださいませー。

http://www.mozilla24.com

投稿者 tsuchy : 08:25 | コメント (4)

2007年09月12日

松代とラオス

本日もWIDE合宿中なんだけど、午前中は遠隔講演のサポートでびっちりお仕事。僕がバンコクで所属しているintERLabがラオスの首都ビエンチャンでワークショップを開催。うちの上司二人が、それに参加することに。詳しいプログラムはこちらで見れます(英語)。一瞬、講演内容を僕が作らなきゃいけないか?という状況になりそうだったものの、すばらしい講演資料が出てきまして、ドツボにはまらなくてすみました。よかった!しかし、プレゼンテーションの資料を見つつ、うちの上司の発想というか着眼点はすごいなぁと再確認。

オーディオ調整や画角調整も終えているし、ネットワークもそれなりに安定していたので講演そのものは無事に終了。現地の人も内容にも満足してくださったみたいで何よりでした。しかし、長野とラオスを繋いで遠隔講義なんて、僕がインターネットを使い始めた16年前には想像つかなかったことだよなぁ。ラオスですよ、ラオス。世の中は少しずつ良くなっているんだなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:32 | コメント (0)

2007年09月11日

長野松代

本日からWIDE合宿。これに参加するために日本へ戻って参りました。ずーっと日本にいて、いろんな議論に参加する機会がある人は、この合宿の価値を過小評価しがちだけど、海外にいるとこれだけ濃い議論ができるチャンスは滅多とないものなんです。そんなこんなで仕事として帰らせてもらっております。ただ、今回はMozilla24のお仕事とか、12日の遠隔講演のサポートとか

今回の合宿地は長野松代。去年の同じ時期にも来た場所。勝手知ったるところですね。お蕎麦がおいしかったり、長野ということもあり唐辛子がおいしかったりするので、おみやげを初日に購入。名物の七味唐辛子、大辛の一味唐辛子をセット購入。

これでバンコクでうどんをおいしく食べれるぞー。

投稿者 tsuchy : 23:06 | コメント (0)

2007年09月10日

秋刀魚@ほうとう屋

僕が藤沢に住んでいた頃に通っていたお店がいくつかあるんだけど、へっころ谷というほうとう屋さんと僕との付き合いはかなり長い。代替わりする以前からのおつきあいで、良く通っていたものです。ちなみに、ここの若旦那さんのお嫁さまは、僕がTAのアルバイトをしていたある大学に通っていた学生さんだったりして縁が深い。それに加えて、ご飯がおいしいので、よく通っていたのです。その奥さまのつてで、このほうとう屋さんで秋の時期だけ秋刀魚が出てくるようになったのもずいぶん昔。その秋刀魚がうまい。そんなわけで、この時期はほうとう屋さんでほうとうを食べずに秋刀魚を食べるという失礼なことをしているわけでした。

バンコクでも秋刀魚の塩焼きは食べれるし、普通に秋刀魚の塩焼きで時々いただいております。だけど、無い物ねだりしてはいけないのはわかっているのですが、それでもやっぱりこの時期の日本の秋刀魚は掛け値無しにおいしいと思う。頭と背骨、しっぽだけが残るように綺麗に食べちゃいます。はらわたも当たり前のように。うまいんだ、これが。この秋の時期に帰国できたのも何かの縁。おいしい秋刀魚を今回も食べにいってきました。秋刀魚の塩焼き定食についてくるお味噌汁をほうとうに変えてもらうことでほうとうもいただけます。いやぁ、うまかった。また来年、おじゃまいたします。

投稿者 tsuchy : 23:48 | コメント (2)

2007年09月09日

ささやかな幸せ

えーと、小市民の僕としては日常のちょっとしたことで幸せを感じます。なんと安上がり。本日の幸せは、何も生み出さない、なんというか、本当にしょうもない幸せです。

僕は海外に住んでいるくせに、2年ぐらい前かな、DoCoMoのSH901iSってのを購入し、お財布携帯を使い始めました。やっぱり新しい技術を使ってないと新しいことや楽しいことは思い浮かばないからね。なので、Edyを中心にSuicaとかも使っているわけです。で、本日、サークルKで買い物をしたところ、ちょうど代金が555円だったのです。以前、タイの伊勢丹で買い物をしたときに購入代金をクレジットカードを使い、円建てで決済したら777円の生産金額でした。それ以来の数字並び。おお、ラッキー!と思いつつ(なぜ? ^^;)、シャリーンとEdyで代金を支払うと、なんと残高がぴったり1万円に。偶然とはいえ、ありえん。驚いた。こういうこともあるんですね。

なんというか、少し前向きになりました(謎)

投稿者 tsuchy : 23:38 | コメント (3)

2007年09月08日

蒸し暑いです、日本

飛行機は少し遅れて到着、とはいえ8時過ぎの成田空港、もう少し涼しいと想像していたのですが、飛行機から降りるとムッとまとわりつくような湿度の高い暖かい空気が僕を包み込みました。うーん、日本、暑い。タイにすんでいる僕が言うのもなんですが、日本は暑いですね。

さて、本日から活動開始、出張、頑張りますか。

投稿者 tsuchy : 09:35 | コメント (3)

2007年09月07日

玉突き格上げ

本日から、日本出張。本格的な仕事は月曜日からなのですが、週末を日本で過ごそうと企んで仕事が終わってから空港に駆けつけ、ただいま搭乗待ちの状態。ちょっと最近、ストレスがたまっているのか、怒りっぽいこともあり、少しでも日本でゆっくり気分転換できると良いんですが。

ここ最近、バンコクと日本の間は常に大混雑しているようで(NHに限ってかな?)、予約が入りにくくなってきてます。まぁ、たぶん、予約取り消し分を含めてオーバーブッキングすると思うので、とりあえず予約が入らないってことはないんだけどね。ちなみにそんな状態なので、予約が取れた後にウェブで席を指定しようとするものの通路も窓側も取れず、3-4-3とかの座席で真ん中しかあいてないことが多いのです。そんな席をキープしてもしょうがないので、運を天に任せ座席指定はせず、空港に到着後、Exit rowを希望。そうすると今回はエコノミーが満席と言うこともあり、玉突きのアップグレード。プレミアムエコノミーかな?と思いきや、ビジネスクラスでした。バンザイ。しかし、カウンターのお姉さん、僕がExit rowを希望すると申し訳なさそうにビジネスクラスでもよろしいですか?と聞いてくる。いや、むしろその方が良いんですが、申し訳なさそうにしなくてもOKです。これでゆっくり寝られます!

投稿者 tsuchy : 22:41 | コメント (8)