« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月30日

ネコの店

本日の夜行便で日本に向かいます。だけど、本日も大学でお仕事です。つーわけで、朝早くから大学に行き、学生とミーティング。ただ、夜はかずくんたちとご飯を食べに行くことに。行くところはイサーン料理屋さんのラープランスワン。通称、ネコの店。僕が勝手に名付けました。ネコが店内を徘徊しているお店なので、ネコの店。うちから歩いて3分のご近所さん。ネコが歩く店だけど、美味しい。うちの近所のお薦めのイサーン料理屋さん。

というわけで、今晩の夜行で日本に行く僕は、遠くにご飯を食べに行く時間があんまり無いので、ワガママを言ってネコの店にしてもらいました。かずくん的にもOKみたい。てか、ウェルカムみたい。かずくん、タイに到着以降、かおにゃおー!(餅米)って叫んでたんですが、僕がプーケットで美味しいイサーン料理の店を知らないのでずっとシーフードだったのです。なので、かずくん的にもネコの店でOK。

しかし、殿様商売、ここに極まりのこのネコの店。開店直後に言ったもののガイヤーンを注文すると終了したと。おっちゃーん、そりゃ終了したじゃなくて、最初からないんちゃうかー?仕方がないので、コームーヤーン、トムヤムクン、ラープガイなど定番のイサーン料理を食べる。殿様商売されてても美味しいので仕方がない、通ってしまうのだ。

飛行機の時間も迫ってるので、クイックに晩ご飯を終了し、デザート!って叫ぶかずくんを連れてサイアムスクウェアに。マンゴタンゴに連れて行こうとしたら見つからないじゃん、マンゴタンゴ。潰れたのか?(涙) 仕方がないので、前からいこうと思っていたIce Monsterに。かき氷のお店なんだけど、日本のかき氷とやっぱりちょっと違ってた。宇治金時っぽいものを頼んだんだけど、なぜかチョコレートのアイスクリームが小豆の上に乗ってました。ちょ、そこはバニラアイスを置くところだから…。

投稿者 tsuchy : 22:48 | コメント (5)

2007年11月29日

カビはえた

本日までAINTEC。プーケットでの会議も最終日。セッションチェアを仰せつかったので今日のセッション、ほとんどをセッションチェアして過ごす。最終日にもかかわらず、多くの人が出てきてくれてて一安心。プーケットみたいにビーチが目の前にある会場で、ビーチに行かずに会議に参加してくださる皆様に感謝。無事に全プログラムを終了し、今年度のAINTECも終了。来年はパタヤでやるんだそうです。パタヤはうるさすぎるからジョムティエンビーチかなぁ。

さて、午後のフライトでバンコクに戻ってきて、自宅到着。少しだけゆっくりしつつ、明日からの出張準備。明日から、JICA的仕事で日本出張なのです。前回、日本に帰ったのはいつでしょう。あ、11月上旬だ。思い出した。ほとんど月に一度戻ってる感じだな…。前回の帰国時は寒くなりつつあったけどコートはいらない感じでしたが、さすがにもう12月、コートが必要です。と、洋服ダンスからコートを出そうとすると、あーあーあーあーあー!コートにカビが生えているーうーうーうー。寒い時期に日本に帰ることもあろうと、常夏のバンコクにもコートを持ってきているんですが、普段使わないこともあり滅多に開け閉めしない洋服ダンスの中にコートをつっこんでたら、カビが生えてたんです。物持ちの良い僕は大学生の頃に手に入れたダッフル(36歳になってダッフルはもう無理??)と、10年ぐらい前に手に入れたダウンジャケット、ロングコートがタンスに入ってるんですが、ロングコート以外、カビが生えてるんですわ。ショック!!

カビが生えたコートを着るわけにはいきませんが、ロングコートで帰るのはなぁ。だって、今回はスーツ着るわけじゃないし他の服と合わせられない。少し考えてこうすることにした。ダウンジャケットは厚いタオルでごしごし拭く。取りあえずカビが生えてたようには見えなくなった。ダッフルは、もう着ることもないかなと思いつつ、取りあえずクリーニングに出すことに。物持ちが良いというか、単に捨てられないだけか?!

というわけで日本には、カビが生えていたダウンジャケットで帰ることになりました。とほほ。

ちなみに、アジア飯続きだったので晩ご飯は伯楽に。どうしてもカレーが食べたくてカレーを食べました。プーケットから日本に帰るトランジットなかずくんもカツ丼を。やっぱり移動が多い人は、食べたものを食べたいときに食べるようになってしまうのでした。

投稿者 tsuchy : 23:26 | コメント (2)

2007年11月28日

ありらんTV

僕が泊まるホテルは、必要最低限レベルのところが多い。外資系の豪華でリッチなホテルに泊まることはほとんど無い。ほどよく清潔感があり、ホットシャワーが出ればOKというレベルの所で十分なのだ。そういう意味ではすごい安上がり。今回はパトンビーチ沿いのPatong Innっていうホテル。普段は1150Bぐらいらしいです。今はハイシーズンなので1900Bに跳ね上がってる。そう思うと少し高い気がするけど、他の豪華なところは軒並み4000Bとか6000Bとかに値上がりしているから、そう思うと安いんだと思う。ちなみに、こういうホテルにも衛星テレビ(ケーブル?)があったりして、海外のテレビが普通に見れます。テレビっ子の僕は取りあえず部屋に入るとテレビをつけて、ちゃかちゃかチャンネルを回す。そうするといつもはNHKワールドプレミアムが、けちっているところでもNHKワールドが見れるんだけど、ここ最近、これに異変が。

ハノイで泊まっているPacific Hotelでもそうなんだけど、最近の安いホテルだとNHKがうつらなくなったんだよね。ここプーケットのPatong Innでもうつらない。その代わりといっては何だけど、中国系のチャンネルや韓国系のチャンネルがたくさん増えたような気がする。チャンネルを回すと、ありらんTV、ありらんチャンネルなど、韓国系ばかり。別に嫌韓、嫌中っってわけじゃないけど、こうも韓国や中国のテレビばかりでNHKが見れなくなるのは寂しい。

テレビに限らず、経済発展とともに韓国や中国のアジアにおけるプレゼンスが高まる。相対的に日本のプレゼンスが下がる。日本人はいろいろとアピールしないから、どんどん浸食されていってるのかなぁ。

ま、テレビに関して言えば、最近は日本のテレビ番組をダウンロードしてみることが多いから別に韓国のテレビばかりでもなんの問題もないんだけどね。ちょっと、日本のプレゼンス低下が気になるなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:51 | コメント (2)

2007年11月27日

確実に地球は住めない星になる

えー。会議初日。いきなり倒れそうな勢いです。外は涼しいのに室内でエアコンをがんがんかける。なんでやねん。日本で頑張っているチームマイナス6%のみなさま、申し訳ありません。あなた方の努力はここプーケットで無駄になっております。

こういう会議の時はエアコンががんがんかかるものなので、いつもジャケットを持ってきています。ですが、今回はそれを忘れてしまいました。本日、会議初日ってこともあり、会議設営準備のために早めに来て活動してたんだけど、途中で我慢できなくなりました。会議が始まる前に何か上に羽織るものをゲットしなければ確実に風邪をひいてしまう。てか、もうひいた。喉が痛い。頭も痛い。

ホテル近くを何かジャケットかパーカーか、上から羽織るものを探して歩く。おみやげ屋さんで小さめのタオルケットを売ってるのを発見。値段を聞くと450バーツ。おねえさんと雑談をしつつ400バーツにまけてもらう。おねえさん、ありがとう。色は青と黄緑のものがあったので、それにしました。来期は湘南サポを自称する僕としてはちょうど良い感じ。

みんなに風邪を移さないようにマスクをして、青と黄緑のタオルケットを羽織っている僕の姿はかなり怪しい。完全に学会の趣から外れている。みんなから怪しいと言われる。んじゃ、このエアコン止めてくれ。そうじゃないと確実に地球は住めない星になるぞ。きっと僕らの老後は心配しなくて良いんじゃないか?僕らが寿命が尽きる前に地球に住めなくなると思う。

投稿者 tsuchy : 10:58 | コメント (8)

2007年11月26日

ktkr!日本代表!!

こんな日がいつか来ると願っておりました。昨晩、2010年に南アフリカで開催されるワールドカップの第3次予選の組み合わせが発表され、我らが日本代表は第2組で、オマーン、バーレーン、そしてタイが同組に入りました。これに伴い、日本代表がタイにやってくることになりました。バンザーイ、バンザーイ。思い起こせば、日本代表がタイに来たのは2006年ドイツワールドカップの最終予選の北朝鮮戦です。この時は日本出張中で、幕張あたりのホテルでテレビ観戦していました。ま、この試合は完全に観客を入れない状態での試合でしたので、タイにいてもいなくても、生観戦できないっていう意味では同じなのですが。

今度は出張が重ならないと良いなぁ。日程はまだ調べてないけど、応援しに行きたいものです。

さて、本日からプーケット出張。昨晩も2時まで書類仕事をしてたのに、なぜか目が覚めたのは朝6時。別にもう少し寝てても良いのに。目が覚めちゃうんです。体調を崩しそうな予感がぷんぷんしています。とりあえず年末までは倒れないように走りきらねば…。午前中は大学に行って学生とミーティング、午後の便でプーケットに向かいます。

投稿者 tsuchy : 07:01 | コメント (11)

2007年11月25日

水上マーケット

友人と一緒に水上マーケットに。パンダバスの半日ツアー(800B)に参加させてもらいました。パンダバスでは、行き先は関係なくホテルにピックアップが到着するシステムになっているようです。ピックアップはパンダバスのバスターミナル的なところまで参加者を運び、参加者はここで行き先ごとにバスに乗り換えます。これ、よく考えられているなぁ。行き先ごとにホテルをぐるぐる回っていくと、ピックアップで待たされたりしていらいらすることなくなるわけで。今回はツアー仲間は全部で8人。なので、バンサイズの車に乗って一路、水上マーケットに進む。

このツアーは、まずココナッツファームに立ち寄り、その後、水上マーケットに立ち寄るツアーでした。ココナッツファームも水上マーケットもバンコク郊外のサムットソンクランにあります。車で約1時間ぐらいの距離。この辺はホワヒンに行くときに通った道。サムットソンクラン市内に入るために、高速道路から右折。サムットソンクラン市内をぐるぐる周り、ココナッツファームに到着。次回はツアーを使わないようにするために場所を覚えようとするものの、ぐるぐる動くのでわからなくなってしまった。

ココナッツファームは完全におみやげ売り場になっておりました。見るべきものといえば、ココナッツの実から果実をどう取るかといった実演と、ココナッツからどうやって砂糖を作るかという実演。あと、ココナッツミルクがどうやって作られるのかもわかった。ココナッツの果実を搾るとミルクが出てくるのね。削られたココナッツの果実をぎゅっと絞るとミルクが出てきた。ココナッツの中に入っている透明の液体をどうにかするんだと思ってたが違ってたよ。勉強になるね。しかし、おみやげ屋さんで見るべきものは特にない。あー、あったな偽物のルイビトンの鞄が堂々と500バーツぐらいで売られていた。ま、そんなものを買うこともなく、ココナッツファームを離れる。次の目的地は水上マーケットだ。

また、しばらく走って水上マーケットに向かう。途中で看板が出てたので、次回は自分で行けるかな。僕がイメージしていた水上マーケットは巨大な水路がだばーんと広く張り巡らされており、船着き場で船を選んで乗って、その水路を行き来しつつ買い物をするってものですが、ちょっと違ってました。船月場で船を選んで乗って水路で買い物をするってのはイメージ通りなんだけど、水上マーケット業者がいろいろあるみたい。道すがら水上マーケットやってます!という看板がいくつも見え、入り口で営業マンがおいでおいでと呼んでいる。つまり、巨大な昔からある水路で日常的に市場が開かれているのではなく、いくつかの業者が明らかに観光地として水上マーケットを作り出し、自前の水上マーケットに観光客を呼び込むスタイルになっているようです。微妙に興ざめ。

その中の一つにパンダバスが到着。早速、船に乗り込み水路を走る。観光地化されているとはいえ、昔のバンコクではこうしてものの売り買いをしてたのかなぁと、昔のバンコクを想像するのには十分な雰囲気。中には手こぎボートではなくロングテールボートとかいたりして、この狭い水路でそのモータはいらないだろと思ったり。例によってお土産品はバンコクで手に入るものばかりで欲しいものはなーんもないんだけど、果物を売ってたので買ってみた。船越しに20バーツを渡し、ソムオー(ザボンみたいな果物)をもらう。観光地のくせに安い。バンコクだったら40バーツとか50バーツぐらしする量だ。

水路を行き来するものの、その時間はわずか。あれ、まだ水路は続くのにと思いつつもUターン。器用に船を操り、元来た水路を戻る。例によって最後はおみやげ屋さん。しかも陸上。ここで買ったら水上マーケットに来た意味ないじゃんね。

午前中に終わるこの半日のツアーは、ご飯をつけられるようだ。ガイドのテムさんがしきりに参加するように進める。MBKのフードコートで食べるから行かないよと伝えると、美味しくないからこっちで食べろと食い下がる。負けずに断る。

帰り道は爆睡。車のサスペンションが堅く、道路のでこぼこを全てお尻で受け止める。なかなかつらい帰り道だ。

バンコクに到着後、MBKでご飯を食べてから友達をトンローのブアスパに送る。僕はスパはあんまり好きじゃないので家に戻って仕事。

そして、夜ご飯を食べに友達と再び合流。行ったのは、Soi11のロッサビアン。オーソドックスなタイ料理を割とリーズナブルな値段で出してくれるお店。前にワサカと一緒に違う支店に行ったことがある。ハズレがないので安心して連れて行けるお店だ。

食事後は家に戻って再びお仕事。さぁ、明日からプーケット出張だ。

投稿者 tsuchy : 22:09 | コメント (2)

2007年11月24日

久しぶりの休日

本日は久々の休日。朝から髪の毛を切ってマッサージに行くぞ!とか思ってましたが、朝から動く余裕はなく、結局、髪の毛は昼前に切りにいくことに。スタンプカードを見ると前回は9/19に切ったようなので、2ヶ月以上、伸びっぱなしだったみたいです。いつもの美容師さんに髪を切ってもらいさっぱりしつつ、白髪が増えたなぁとショックを受けているところ。まだ、染めるほどじゃないですが、そのうち考えなきゃいけないのかも。ある日突然、僕が茶髪とかになってたら、白髪が増えたんだねと慰めてくださいませ(苦笑)

その後、友達とお昼ご飯をMBKのカノムチンバンコクで食べ、いつものポーマッサージへ。その後、Soi31/1のロビンフッドでビール。BUの森監督とばったり会い、バンコクの狭さをあらためて実感。友達もそういうもんなんだねぇと驚いておりました。

夜は、例によってRuen Mallikaに行きました。僕が今一番好きなタイ料理屋さんです。ここで前菜として頼んだタイ料理(名称忘れた、葉っぱの中にピーナッツやココナッツ、ライム、ジンジャー、唐辛子などを入れ味噌をかけて、それを来るんで食べる奴)で友人玉砕。包みに入れた青唐辛子の量が多すぎる。自爆ってやつですね。その後、ロールキャベツいりのゲンチュー(すましスープ)、トートマンクンフォイなどを食べるものの、ソムタムポラマイが死ぬほど辛くて、友人は再び玉砕。ココナッツアイスクリームをもらい、それを食べつつ舌を慣らしておりました。大爆笑。

本日はロイカトンということもありチャオプラヤ川に向かうものの、大混雑。こんなに人が来ているなんて!取りあえず船に乗ってみると北上する船ではなく渡しの船だったりして、なんとなく川向かいに移動。ミレニアムヒルトンのスリーシックスティはすごい良いバーなので連れて行こうとチャレンジ。だけど、一人2000Bですとかぼったくり価格が提示され、玉砕。あきらめて帰ろうとしたときに、バーの一階下で屋上に出らることが判明。実はそこの夜景がものすごく素敵で、スリーシックスティに行く必要がありませんでした。友人たちと、こっちで十分だったねぇと頷きあう。そろそろホテルに戻ろうとミレニアムヒルトンを出ようとした瞬間にホテルまで花火が上がりました。見た感じでは、スリーシックスティのバーのお客さんたちは、目の前で花火が広がる光景を目にしている感じ。あれだったら2000Bの価値があったかもなぁ。

投稿者 tsuchy : 23:16 | コメント (8)

2007年11月23日

久しぶりのAIT

昨夜、家に着いたのは23時ぐらいだったかなぁ。その後、本日の準備をして寝始めたのが今朝の2時ぐらい。今日はタイでやらなければならないことが溜まっているので早朝から活動開始。まずは、出張チケットの購入をお願いしていた方に借金返済。合計25000バーツぐらい、建て替えてもらっておりました。ありがとうございます。お詫びにベトナムでおみやげを買って帰りました。

引き続き、大学で朝から学生と面談。中間テストの結果が自分の想像と大きく異なり、その説明を求めているのです。僕にしてみたら成績が悪いのには理由がやっぱりあるわけで、昔の大学の先生みたいに扇風機で飛ばして成績を決めるなんてことはしません。一人一人に何でその点数なのかを説明すると、しぶしぶではありますがみんな納得して帰っていきます。

こういう学生は、なんとか交渉して点数を上げてもらおうとチャレンジするグループと、真面目に自分の間違っているポイントを確認したいグループに大きく二分されます。当然、伸びがあるのは後者の学生。前者の学生の目論見は僕とのバトルによって崩れ去るわけですが、こういう学生は、自分の成績が悪いのをいろんな理由をもってきて言い訳するわけです。結果の原因のほとんどは自分にあり、それをちゃんと反省し乗り越えていくような学生じゃないと成長はないですよね。近視眼的生き方をしている学生にはそれができないようです。

さて、今晩は日本から大学時代の友達が訪タイしており、晩ご飯をご一緒させてもらうことになっております。久々に、近くのラープランスワンに行ってこようかと思っています。

投稿者 tsuchy : 19:01 | コメント (2)

2007年11月22日

あり得ないスケジュール

11月の移動を振り返ってみると、とんでもない移動をしていることに気がつく。

11月2日から7日が、日本
11月10日から14日が、インドネシア
11月15日から22日が、ハノイ
11月26日から11月29日が、プーケット

えーと、ぜんぜんバンコクにいないんですが(汗)しかも、バンコクで活動できる日は、11月中で1日、8日、9日、23日、24日、25日、30日だけ。その上、23日から25日はびっちりと予定が入っています。さらに、プーケットから帰ってきた翌日から、日本出張が入ることになりました。30日、平日ですけど、休んで良いですか(汗)

信じられないことに出張は続く、日本から帰ってきたら、すぐハノイですか、そうですか。というわけで、こんなスケジュールが更に待ちかまえております。

11月30日から12月5日が、再び日本
12月9日から12月21日が、ハノイの予定

一体全体、どうなってるんだろう。このスケジュール。10月頭には、12月中旬には日本に帰って日本で仕事をするかなとか思ってたんだけど、そんなの無理、夢物語でした(苦笑) 年末年始も日本で過ごすか?と思ったりしてたけど、それも難しそう。

あー、でも本日は一日仕事をしてからバンコクに向けての移動があります。20時35分発のTG685にてハノイからバンコクに向けて移動です。今晩はバンコクで寝られるよー!いつも使っている枕が恋しいです。明日は朝から夜までびっちり学生とのミーティングが入っていますが、そんなの家で寝られることを思えば、どおってことはありませんですよ!

投稿者 tsuchy : 22:55 | コメント (10)

2007年11月21日

1時間目6:45開始

本日も授業参観。あり得ないことに6時45分の授業開始。夕方じゃないですよー。朝の、早朝の、6時45分ですよー。ベトナムでは大学が二部制になっており、この二部制は日中と夜間の二部ではなく、午前と午後の二部になってます。1コマの単位は45分。これを午前に6コマ、午後に6コマ実施するのです。当然、午前の部と午後の部の学生は異なり、これにより朝は勉強して午後から働くとか、朝は働いて午後から勉強するってできるみたい。ただ、日本の大学と比較すると90分の授業に換算して3コマ分しか授業がないわけで、単位数は大丈夫なのか?と心配してしまうが、日本の大学のように授業と授業の間が隙間だらけだったりしないで、朝1コマ目から6コマ目までびっちり授業が入っており、時間の使い方としては日本の大学より優れているのかもしれない。逆に余裕がないっちゃ余裕がないんだけど。

で、授業見学する関係で朝6時45分に間に合うように5時半に起きて準備。6時15分にホテルを出て大学を目指すが、いつものハノイの喧噪とはほど遠く、バイクも数えられるぐらいしか走ってないし、車の数も少ない。同じ時間帯だとバンコクの方が動いている人の数は多いんじゃないかなぁ。

大学に到着後、まっすぐ教室に向かうものの、教室の前では先生が一人で学生の到着を待っているだけ。時間は授業開始時刻の6時45分なのに。授業見学のお礼を伝えつつ、学生の到着を待つ。6時55分になる。ちらちら学生が現れた。しかし、教室の鍵がかかっており教室には入れない。7時にやっと鍵を持った人が現れ鍵を開けてくれた。この時点で学生の数は15人。40人の授業なのに。やっと授業が始まったのは7時過ぎ。授業開始予定時刻から30分たった時点でも学生の数は20人。

えーと、6時45分から授業をするって、みなさんの想像通り非現実的じゃないんじゃないでしょうか。他の授業でも同じなんだろうか、たまたまそうだったんだろうか。こればっかりはもう1度6時45分からの授業に出てみるしかないですね。意外ときついんだこれが。え?意外じゃないって?そりゃそうか。

ちなみに、朝6時45分からのつらい授業見学のモチベーションは、日本時間7時過ぎからおこなわれる北京オリンピック予選にあるのでした。時差の関係でハノイでは5時過ぎのキックオフ。普通に仕事してたらキックオフに間に合わないので朝早くから出勤して少しだけ早く帰らせてもらったのでした。えへ。

投稿者 tsuchy : 23:50 | コメント (0)

2007年11月20日

授業参観

本日は昨日に引き続き授業参観。昨日は1年生向けのクラス「コンピュータリテラシー」を見学。今日は2年生向けのクラス「C Programming」を見せてもらうことに。昨日に引き続き、コンピュータが80台ぐらい置けそうな広い教室に学生40人が座り、授業を受けております。

中には日本の学生と同じように、授業開始直後から寝ている人もいますが、おおむね先生に注目し、授業を真面目に聞いております。

学生の利用している環境は、Fedora Core 6でした。OpenOfficeを利用して先生が作ったスライドを自分のコンピュータで確認。ある意味、日本より進んでる(苦笑)

正直な感想を言えば、授業スタイルが講義をある程度勧めてから実習という形にしているので、プログラムを組み始めるまで、学生が本当に理解できているのかよくわからないところが問題かなぁ。ちなみに、ツリー構造とリスト構造のプログラムを組んでました。慶応藤沢の一年生がやるプログラミングの授業よりもレベルが高いかなぁ。9月後半から毎週3時間かけて、約30時間が過ぎたところ。その上一年生の時に16単位分勉強しているので、そんなもんか。まぁ、そのぐらい時間かければ余裕でデータ構造とプログラミングみたいな内容までは行けるか。

むしろ、もっと書けるようになってて欲しいなぁと思うべきか。んー。問題あり、前途多難。

投稿者 tsuchy : 22:12 | コメント (0)

2007年11月19日

先生の日

ベトナムには先生を敬う文化が残っており、祝日というわけではないが先生の日ってのが決められているようです。先生に感謝し、お礼を伝える日とのこと。正確には11月20日が先生の日なのですが、何かの事情でハノイ工科大学では本日11月19日に先生の日をお祝いするみたい。というわけで、本日午後4時ぐらいに学生が先生の日のお祝いに是非参加してくださいと招待状を持ってきてくれました。たどたどしい日本語ではありましたが、既に1年半ぐらい日本語を勉強しているらしく、ちゃんと日本語で招待してくれました。招待状はベトナム語でしたが(^^;

夜7時開始ということもあり、オフィスで7時まで仕事をして先生の日のお祝い開始を待ちます。7時になり、10階にある会場へエレベーターで向かうと、いきなりのサプライズ!エレベータのドアがあくと学生10人ぐらいが両側に立ち「ありがとうございます!」とか「ようこそ!」とか思い思いの日本語を使って歓迎してくれるではありませんか。ちょっぴり感動。会場は講堂の脇にあるちょっとした広間に椅子とテーブルを並べた簡易なものでしたが、手作り感があり、良い雰囲気でした。

先生の日のお祝いは、先生への感謝を示すことから始まり、学生の感謝のスピーチ、先生方への花束贈呈とひとしきり儀式をしたあと、なぜか歌謡ショーに。ベトナム語の歌を歌ったり、日本語の歌を歌ったり(キロロのベストフレンドを歌ってました)と学生たちは大盛り上がり。なんだか、先生の日をダシに自分たちも楽しんでいる様子。なんにしても、学生が楽しんでいるのは良いことです。先生方も日本語の授業の先生を中心に「明日があるさ」を熱唱。僕も末席に混ぜていただきました。

歌謡ショーの途中では、なぜか椅子取りゲーム。椅子取りゲームなんて、20年近く見たことなかった。だけど、このルール、世界共通なのね。曲が止まった瞬間に座る。単純だけど面白い。ベトナム人の日本語の先生も交えて7人ぐらいから椅子取りゲームを始めていました。優勝者には賞金あり!みんな誰とともなく応援して盛り上がっております。

宴もたけなわ、8時半ぐらいになりお開き。会の終了後に手作りのカードを二つほどもらいました。中には心温まるメッセージが手書きで、しかも日本語で書いており、感動。日本でこんなに学生から感謝されたことはあったでしょうか(^^;

帰りは歩いてビンコムタワー近くの和食屋さん「ととや」に行き、鮪大根煮、ほうれん草のゴマ和え、ポテトサラダ、鮭のおにぎりを食べて晩ご飯にしたのでした。野菜不足だったので野菜補給なり。

投稿者 tsuchy : 22:36 | コメント (2)

2007年11月18日

変わりゆくハノイ

いつも同じ所に泊まっていると町の変化によく気がつく。あったはずのお店がなくなり、見たことのないお店ができてる。あれ、こんな所にカフェとかあったっけ?と思いつつ、外から店をのぞいてみると、こじゃれた感じのカフェ。ハノイだけに、きっとプリンが美味しいんだろうなぁと妄想。美味しかったサンドイッチ屋に行こうとするものの店がない。あんなに美味しかったのに潰れたなんて。潰れたんじゃなくて新しい場所を見つけて移ったのかも。きっとそうだ、そうに違いない。この町は、急速にその姿を変えてきている。一年も経つと町は大きく変わっているだろう。事実、方々で高いビルの建設が進んでいる。高いビルって言っても十数階のビルだけど。

考えてみれば、僕が町を忘れない程度の間隔でハノイに来させてもらっているなぁ。仕事はつらいけど、つくづく良い経験をさせてもらっていることに感謝。少なくともあと数年、この仕事に関わらせてもらうけど、身をもってこの町の発展に少しでも関われるって嬉しいことです。ちなみに、カンボジアの首都プノンペンが、ハノイのように活気を持って発展し始めるにはもうしばらくかかりそうだけど、ハノイは今が旬かもね。発展しきったバンコクに住んでいる僕は、僕が学生の頃、つまり15年前のバンコクを見てたかったなって今になって思います。時間とお金があれば、もっと海外旅行に出てれば良かったなぁ。

みなさーん、今、ハノイに来ると、10年後とかに今と10年後のハノイの比較ができますよ。そういう体験って貴重だなって思います。

投稿者 tsuchy : 22:37 | コメント (12)

2007年11月17日

北京五輪予選

本日は、幸運なことにU-22の日本代表の公式戦がベトナムである。日本とベトナムが、北京オリンピック最終予選が同じ組になったからだ。うまく出張と重なると見に行けるなぁとか思ってたんだけど、偶然にも(意図的に??)出張が重なったので応援に行けました。

アジアカップの時と同じく、Siam_Breezeさん夫妻にチケットを取っていただき一緒に観戦。Siam_Breezeさんの同僚さんもご一緒させてもらいました。Siam_Breezeさんは仕事の関係で若干送れて合流。ビールを飲んで会場内で待ってましょうと思ったら、なんと購入したビールがビニール袋の中に入れられるではありませんか。アジアカップの時にはちゃんとプラスチックのコップに入れてくれたんですが、まさにアメージングベトナム。ビニール袋にビールをダバダバと入れてるじゃないですか。そして、ストローをさして口を閉じて手渡されました。ビニール袋の中のビールは当然泡だらけ。マジですか。しかも、ストローで飲めとw これで350mlのビアハノイ、15000Bなり。まぁ、ぼったくってないだけましか?!

試合結果は、皆さんもご存じの通り4-0の快勝。アジアカップの時より精神的な余裕があり、落ち着いて見れました。試合自体も楽しかったです。なんでこのチームがボロカスに言われるのかわからないぐらい良いサッカーをしてたと思います。もちろん、ミスもあったり集中力が切れる瞬間もあるけど、総じて面白いし良いサッカーをしてたんじゃないかなぁ。後半はだれてたけど。選手には問題なく監督に問題があるってことか?(謎)

帰りは、タクシーでハノイ市内に向かうことに。ですが、予約していたタクシーが来ない。運転手がどうやら行きたくない、行けないと行っている模様。Siam_Breezeさんが懸命にタクシー会社と交渉。なんとか車を一台回してもらえることになりました。良かったー。だけど、タクシーを捕まえられないタクシー難民がスタジアム周辺に大量発生。想像していたことだけど、あの人たち、無事に帰れたのだろうか。

投稿者 tsuchy : 23:24 | コメント (2)

2007年11月16日

ハノイオフ会

ハノイオフ会というほどでもないけど、今晩は偶然にもハノイに集ったモバイルギア好き3人でご飯を食べることに。ハノイ在住のSiam_Breezeさんがお店を予約してくださり、シンガポール在住の白さんと、バンコク在住の僕がここに集合。お店は、日本人の集いなので和食屋さんに。紀伊というハノイでは有名な和食屋さんに行ってまいりました。仕事が終わってから一度ホテルに戻り、タクシーで紀伊に向かうことに。ちょうど集合時間に到着。白さんは既に到着されていました。仕事が伸びてしまったSiam_Breezeさんの到着をビールを飲みつつ待つ。五分と待つことなく、Siam_Breezeさんが登場。

楽しい話は、モバイル系の話にとどまらず、シンガポーリアン、コンクルンテープ(バンコク人)、ベトナミーズの違いなどに発展し、それぞれの国の違いを面白く語らいあいました。特に、この三つの国には華僑が進出してきているという共通項があるんですが、その同じ華僑でも雰囲気が全く違うようで、この比較は特に面白かったです。

あと、日本の将来の話だとか仕事の話だとか、いろいろと勉強になりました。楽しい時間が楽しい仲間と過ごせて良かったです。異業種交流会といってみればそれまでなんですが、大学教員の僕と、メーカー勤務のSiam_Breezeさん、デベロッパーの白さんと立場の違う3人が海外で集まるのは楽しかったなぁ。

最後になりましたが、白さん、ごちそうになってしまいまして申し訳ありませんでした。是非次はバンコクにいらしてくださいませ!大歓迎させていただきますよ!

投稿者 tsuchy : 22:01 | コメント (0)

2007年11月15日

もはやトランジット

昨日の夕方、18時過ぎにバンコクの自宅に戻ってきて、本日も4時半起き。昨日も4時起きだったのに!朝7時50分のTG682に乗ってハノイ出張に出かけるため、6時の空港到着を目指す。冷静に考えると、家にいた時間は12時間を切っているじゃありませんか。もはやトランジット。バンコク滞在の間、スーツケースの荷物を詰め替え、インドネシア出張からハノイ出張にモードを切り替える。インドネシア出張の洗濯物を洗濯カゴにつっこみ、ハノイ出張の荷物を詰めるわけだけど、パンツとか靴下とか、足りない予感(汗)だけど、せめてもの救いはインドネシア出張の洗濯物は僕がハノイに行っている間にメイドさんが洗濯しておいてくれることか。これでハノイから戻ってきたときに何とか生活できる。

ふー。しかし、鬼スケジュールだな。バンコク滞在時間が12時間を切っている上に、朝4時半に起きて8時前の飛行機に乗るとは。せめてもの救いはエコノミークラスの予約が満席で入らなかったので、ビジネスクラスに乗れたこと。でも、TGのビジネスクラスは2回目だったんだけど、ぶっちゃけ1時間半のフライトでビジネスクラスは必要ないなと思いました。エグジットローが取れるんだったらビジネスと同じぐらいの効果がありそうです。ご飯もエコとビジではほとんど同じ。マイルが少し多めにたまる以外の嬉しさはなさそうです。

10時半ぐらいに6度目のハノイ入国。ホテルが用意してくれていた無料のタクシーに乗っていつもと同じパシフィックホテルへ。週末はサッカーがあるので日本人がちらちら泊まるとか言っておりました。まぁ、豪華なホテルじゃないけどリーズナブルに泊まれるホテルなので、日本からのお客さんがいても不思議じゃないか。

どうにもこうにも体がつらいので1時間ぐらいお昼寝してから出勤。これから長い一週間が始まるなぁ。

投稿者 tsuchy : 22:48 | コメント (0)

2007年11月14日

移動日

本日は4時起きだ。朝7時にインドネシアのマカッサール空港を出てジャカルタに向かうGA611に乗るための早起き。ホテルから空港までは30分ぐらいかかるらしい。5時半集合で、空港に向かうバスが出発するわけですが、例によって遅刻する人がいるわけで、7時の飛行機にちゃんと間に合うのかどうかハラハラしちゃいました。そんな心配も杞憂に終わり、ちゃんと空港到着。早起きして眠かったにもかかわらず、約1時間半の機内では何故か本を読んでPSPで遊んでました。なんのこっちゃ。

ジャカルタに到着したのは8時15分。次に乗る飛行機は13時10分発のTG434。えーと、5時間もトランジット時間があるんですが(汗)。何してすごせっちゅうねん。チェックインカウンターはまだ開いてないので、ラウンジに入ることもできず、仕方がないのでジャカルタ空港の中をウロウロ散歩することに。バティックのシャツ、良いのがあったんだけど、バンコクや日本じゃ着る機会がないよなと購入を断念。ま、懸命な判断か。

そうこうしてたら一足先にマレーシア空港でクアラルンプール経由、ホーチミン行きのセイラが出発するというのでゲートまで見送りに。次に会えるのは2008年6月の日本での会議かな。お互い元気で頑張れますように。

バンコクに向かう我々は、やっとあいたチェックインカウンターでチェックインし、すぐさま出国。ジャカルタ空港は何度目だろ。マラン出張、スラバヤ出張をあわせて3回目か。さすがに3回目となると、だいたいどこに何があるかわかってくるのでショッピングも楽ちん。

Yooと二人でラウンジに入り(ネパール人のマニスとラオス人のベアさんは置き去り!ごめん)、ほどよくお昼ご飯を食べつつ、メールをチェック。ラウンジの中にはUTPケーブルが床の上に直置きされていて驚く。とりあえず、搭乗時間まで仕事をして搭乗。

飛行機の中では、仕事をしつつ、たまっていた日本のテレビをチェック。そして、少し寝る。機内食はパス。もう、TGのご飯は食べ飽きました。

バンコク到着。いつものようにタクシーで自宅に向かう。なんやかんやで18時過ぎにバンコク到着。ぶっちゃけ疲れました。しかし、明日からハノイ出張。オフィスに届けられていたハノイ行きの航空券をゲットして、ご飯に豆腐を食べてから帰宅。あぁ、早く寝なきゃ。明日も早朝起きだ。

投稿者 tsuchy : 23:54 | コメント (0)

2007年11月13日

じゃらんじゃらん

本日は会議最終日。予定ではランチ終了後もミーティングがあるはずだったんだけど、予定より早く議事が進んだのでランチを一時間ほど遅らせてランチ前に全ての議題を終えることに。会議終了後は、いつものようにインドネシア料理のビュッフェをみんなと食べつつ歓談。

午後からマカッサール市内観光に行こうという話が出たのだが、仕事があふれてるので一人だけホテルに帰って仕事したいなぁと思ったり。だけど、ホテルに帰ろうとしている人は僕だけだし、マカッサール市内を観光することなんてこの先一生無いだろうし、観光について行くことにした。

まず向かったのはロッテルダムフォート。インドネシア史の中で、オランダと日本の占領地下にあったことがわかるわけだけど、第2次世界大戦終了後に、敗戦した日本軍が日本に帰国することなく、オランダが再びインドネシアを植民地化しようとしたのに対抗してインドネシア独立を助ける義勇軍になったらしい。そんな話、知らなかったなぁ。このいかにもオランダ風の名前がついているロッテルダムフォート、いつの時代にどういう歴史を経てここに存在し続けているのかわからないけど、きっとそのあたりの歴史と絡んでいるのかもしれない。城塞(フォート)の壁には多くのくぼみがあり、おそらく銃で攻撃された痕なんだろうなと容易に想像できる。城塞の上に立って海を見る。風が気持ちいい。

ロッテルダムフォートからしばらく移動。金を取り扱っている町を通り抜けつつ、おみやげを買える通りにやってきた。ハサヌディン大学のタヒール先生が生まれた町らしい。ここでは時間がたっぷり取ってあるらしい。そうならロッテルダムフォートにもう少しいたかったきもするけど、じゃらんじゃらんも楽しい。

日本に「じゃらん」っていう名前の雑誌があるけど、あれはインドネシア語で「通り」とか「道」っていう意味みたい。じゃぁ、じゃらんじゃらんは?ってことになるわけで、単純い想像すると、道だらけ!っていう意味になりそうなもんだけど、面白いことに「散歩」という意味になるのです。インドネシア語、面白い。

といわけで、小一時間ほどマカッサールの町でじゃらんじゃらん。

正直お土産品や地元の物産品(置物系や洋服系)に全く物欲がない僕はお店をいくつかひやかすものの物を買ったりしない。まったく役に立たない観光客です。バスを降りた通りは海岸通りから一本入ったところなんだけど、海岸に出て見る。潮風が薄いもののやっぱり潮の香りは気持ちいい。バンコクなんて海から遠いから、全く潮風がしない。広島や湘南が懐かしいなぁ。海岸通りから少し入ったところでトウモロコシを焼いて売っていた。あまりにも香ばしそうで美味しそうだったので買い食い。一本1000ルピアなり。もはやいくらかわからなくなってしまったけど、きっと10円以下。安い、でもうまい。個人的には醤油の香ばしいのが嬉しいけど、インドネシアでは塩味でした。買ったトウモロコシをほおばりつつ、引き続きじゃらんじゃらん。

実はこのマカッサールという町は、スラヴェシ島っていう島にある町なんだけど、このスラヴェシ島、コーヒーで有名な島らしいです。みんなも聞いたことあると思うけど、トラジャコーヒーってのがこの島の名産品らしいです。現地人価格的に高いっても、200gで500円ぐらい。とりあえず、intERLab用に200g、自宅用に200gを購入。美味しいと良いな。

そうこうしてるとバスの出発時間に。バスは一路ホテルに向かう。途中、ハサヌディン大学に立ち寄ったりしつつ、夕方6時前後にはホテルに到着。途中の夕焼けが綺麗であった。

晩ご飯は、面倒だったのでホテルで食べることに。これまた国際色が豊かなディナーでありました。ネパール人のマニス、カンボジア人のセイラ、タイ人のユー、ラオス人のベア、そしてタイに住んでいる日本人の僕。5人いて5人とも国籍が違うとは。楽しく話をしつつご飯を食べる。僕が頼んだのはスパゲティカルボナーラ。しかし、この選択が失敗だった。ある意味、想像していたことではあるけどパスタが茹ですぎ。残念。

ちなみに、ユー、マニス、ベアはインドネシア料理を食べていた。懸命な判断。セイラと僕はスパゲティ、お互いに失敗だったと顔を見合わせる。

あ、そうだ。ガンダムおたが、セイラという名前を聞いてシャアの妹か?!と想像するだろうけど、セイラさんは男の人です。既に素敵な奥さまとご結婚されております。

晩ご飯を食べて、ホテルの部屋に戻り、しばしメール仕事。だけど、明日は早朝起き。何時だっけ。7時の飛行機に乗るために4時半ぐらいに起きなきゃいけないんだった。この旅程を組んだのは失敗だったかも。でもまぁ、マカッサールの町をじゃらんじゃらんできるなんて、こんな機会、普通は体験できないので早起きするかいもあったのかな?

次のインドネシア出張はいつになるのでしょう。おいしいご飯を食べに来たいものです。

投稿者 tsuchy : 23:43 | コメント (6)

2007年11月12日

お誕生日おめでとう

本日は会議二日目。しかも、同じ研究仲間であるKeikoさんのお誕生日。みんなでサプライズを計画する。そのタイミングは、晩ご飯の時。会議の参加者全員でインドネシアのシーフードを食べに行くことに。海に比較的近いところにあるレストランらしい。真っ暗になってからの移動なので土地勘もなく、二度と同じレストランにはたどり着けない自信がある。美味しかったんだけどねー(苦笑)

で、サプライズ。ご飯がとりあえず一通り出されて、会が落ち着いた頃に挨拶シリーズ。ここにサプライズが待ちかまえていたのでした。突然、電気が消され、ロウソクに火がついた巨大なケーキが登場。みんなで、バースデーソングを歌う。この歌は世界共通なんだね。みんな歌える。Keikoさん、一気にロウソクを消す。非常に喜んでいるみたい。サプライズ成功。

ホテルに戻ってからは、いつものように村井さんの部屋にみんなが集まって話をする。村井さんはソニーの踊るスピーカー、ローリーで遊んでいる。村井さん、本当にこういうオモチャが好きだよなぁ。この好奇心が活動力の源なんでしょう。物欲があんまりない僕は、そういう点がいけてない。

実は、インドネシアに向けて移動するその日に、Yooから12日がKeikoさんの誕生日であったことを聞かされていたのだ。なので、Yooが誕生日プレゼントを購入するついでに(?!)、僕もKeikoさんにプレゼントを購入。たまたまセラドン焼きの可愛いネコの置物があったので買ってみました。どこかの机の上にでもおいといてもらえると幸いですー。

投稿者 tsuchy : 21:37 | コメント (0)

2007年11月11日

ネコが可愛い

本日からAI3/SOI Asia会議。3日間、いろんな話をする。

話の内容も重要なんだけど、それよりも会場からにゃーにゃーと声が聞こえるのが気になる。休憩時間にネコを探してうろうろすると、手の上にのりそうな小さい赤ちゃんネコが3匹もいるではないですか。ネコのことを何も知らない僕は、生まれて数週間ぐらいじゃないかと思ってたんだけど、ネコ好きに聞いてみると少なくとも一ヶ月、もしくはもう少し経ってるだろうと聞いた。なるほど。そういうものか。だけど、子猫であることには変わりない。

やばい可愛い。

休憩時間にはコーヒーを飲みつつ、ネコと遊ぶ。まだ、怖い物知らずなのか人間をおそれていない。カメラを持って寄っても逃げる気配がない。むしろレンズに近づいてきて人間の方が逃げてしまうぐらい。

この3匹のネコはどうやら兄弟のようだ。だけど母親が見あたらない。ネコ好きに聞くと親がいないとやっぱり大きく育つのは難しいようです。もう一度このネコたちがいるハサヌディン大学にくることはないだろうから、大きく育ったかどうかなんて確認しようがないんだけど、幸せに大きくなってもらいたいものです。

投稿者 tsuchy : 22:39 | コメント (6)

2007年11月10日

ローカルフード

今日はインドネシア出張に向けての移動日。バンコクから会議の会場となるハサヌディン大学近くのマカッサール空港まで移動しなければならない。経路の選択肢はいくつかあるが、バンコクからシンガポール、ジャカルタと飛んでインドネシア国際線でマカッサールに入るか、バンコクからジャカルタ経由、バンコクからデンパサール経由ぐらいが現実的なところ。だけど、乗り換え回数が多いのはつらいので、シンガポール経由は却下。シンガポール航空に乗れるのは魅力だけど。以前のエントリでどう移動するのがベストなのかわからないと書きましたが、結局のところ、デンパサール経由で行くことにしました。

デンパサール空港は、人生2回目。7,8年前に旅行でやってきた。そう、デンパサールはバリ島の空港。飛行機から外を見ると海が見えたりするんだけど、そんなの僕らには関係ない。残念だけど。インドネシアに入国し、国際線のターミナルから国内線のターミナルに移動。インドネシア人も乗らないというガルーダインドネシア航空のGA544にチェックインし、疲れていることもあって早々にゲートへ向かった。

そうすると、マレーシア人の研究者仲間のTCがいるではないですか、どうやら同じ飛行機に乗るらしいです。しばらく話しをして、まだ搭乗時間までかなりあったのでターミナルの中をウロウロ。そしたら、インドネシアから日本に留学しているアバズさんを発見、芋づる式にこたろやめぐ、しょりを発見。みんな同じ飛行機でマカッサールに向かうようです。

僕は機内食をあえて食べないようにしていたので、早々にインドネシア料理を食べることにした。食べたのは、ソトアヤムナシ。鶏のスープにご飯がついてくるインドネシア料理。非常に美味しかったです。満足。インドネシアに来た感じがしました。

GA544は、一路、マカッサール空港へ。マカッサール空港に到着すると、ハサヌディン大学のスタッフが迎えに来てくれていました。感謝、感謝!ホテルまで送ってくれるようです。マカッサール空港は、一応、国際空港らしいんだけど、規模的にはどのぐらいだろう、那覇空港より圧倒的に小さいし、広島空港ぐらいの大きさかなぁ。ゲートの数もそんなに無かったしね。

45分ぐらい車に揺られていたかなぁ、やっと車はホテルに到着。ホテルはClarion Hotel。中華系みたいです。

しばらく落ち着いてからみんなでご飯を食べに行くことに。行ったお店は120%ローカルな地元のお店。外国人なんているはずもない。ハサヌディン大学のスタッフやインドネシア人がご飯をドンドン頼んでってくれる。心強いなぁ。ご飯はどれもおいしかったです。やっぱり、アジアの人はアジアの飯だな。うん。

帰り道で水を買いたかったので巨大なスーパーに寄ってもらう。カルフールみたいな感じ。あそこまで大きくないけど。

さて、明日から会議です。がんばるぞ。

投稿者 tsuchy : 23:41 | コメント (0)

2007年11月09日

びっくり法律旅行社

NHKをつけっぱなしにしたまま仕事をしてたわけなんですが、新しい番組が始まっていたのに気がつきました。その名も「びっくり法律旅行社」。児玉清さんが司会で、アタック25と間違えてしまう(嘘)。番組の内容は、旅行先である外国の法律を知らないと変なことで逮捕されたりしますよー。現地の法律を知って楽しく旅行をしましょうみたいな感じ。1回目のニューヨーク、2回目のローマに続いて、今回がバンコクだったのです。思わず仕事の手を止めてテレビに見入ってしまいました。

さすがにバンコクに住み始めて3年目。番組内で語られていることはほとんど知っており、新しく得られた知識はあんまりないんですが、日本に住んでる人にしてみると「なるほど、そうなんだ。不思議だよなぁ。」と思うことも多々ありそうで、こういう番組を見てタイに興味を持ってもらえると確かに嬉しいかも。

ただ、番組の作りが緩くって、なんというか今ひとつの番組でした。僕がバンコクに住んでるからかなぁ。ただ、出演しているタカアンドトシのボケが面白くって番組の内容以外のところで笑ってました。良いのかな、そんな番組構成でー?!

投稿者 tsuchy : 23:32 | コメント (2)

2007年11月08日

良い季節になりました

久しぶりのキャンパス。仕事も溜まっているので精力的に頑張る。でも、ちょっとお昼ご飯には早いけど、おなかがすいたのでカフェテリアに向かうことにしました。職場からカフェテリアまでは、ほんの数百メートル。歩いていると心地よい涼しい風が吹いてきます。そうか、もう11月。タイは乾期に入ったようです。

東南アジアなので、直射日光の当たるところは日差しがきつく、しばらくすると汗がじわりと出てきますが、日陰に入ると意外と涼しい。風が吹いたりすると心地よいです。仕事とは関係のない本を木陰で読んだりすると最高の気分だろうなぁ。その頃の気温は26度ぐらいだったみたい。気持ちいいお昼休みでした。

確かに、もうエアコンなしで生活できるもんね。いつも窓を開けて寝ているんだけど、気持ちよく寝られる時期が来ました。これからは雨も滅多に降らないし、観光するにしても暑くて倒れるー!ってことはないから、お時間がある人はバンコクに遊びに来てくださいませー。僕がバンコクにいる限り、ご飯、ご一緒させていただきまーす。

投稿者 tsuchy : 22:47 | コメント (2)

2007年11月07日

バンコク帰還

午前中にやらなければならないことをやり、何とかバンコクに帰る準備が出来ました。平日に日本にいられることがあんまりないので、一気にすませる。お昼ご飯には、月曜日に食べ損なったカープ。やっぱり、ここのお好み焼きは美味しいなぁ。次に食べられるのはいつでしょう…。

お昼ご飯のあと、成田空港に向かう。東京からだと成田エクスプレスで1時間。意外と近いよね。2時間ぐらいかかるイメージがあったんだけど。成田空港について、おみやげを一通り買い、いつものように銀だこでたこ焼きをゲット。手荷物検査場を抜けてから出国。ラウンジに入って仕事をしつつ、たこ焼きを食べる。以前、篠田さんに「たこ焼きの持ち込みは禁止だろw」って言われたんですが、やっぱり禁止かな?! 常識外れなことをしてたとしたら申し訳ないです。たぶん、大丈夫と思っているんですが。

そうこうしてたら湧川登場。わっきーは、中国の南京に出張なんだそうです。別々の目的地に行くのにラウンジで一緒になるのはお互いに珍しいらしい。出発までの時間を二人で馬鹿話しながら過ごす。こういう時間は貴重だなぁ。

飛行機は出発が一時間ぐらい遅れた。パイロットさんも頑張ってくれているみたいだけど、やっぱり到着もだいたい1時間ぐらい遅れます。なんだか、気分が乗らないこともあり、機内での仕事はほどほどにしてギャレーでCAさんと立ち話。一人での旅は慣れてるけど、なんだか今回は気分がいつもと違う。映画を見たりしながら時間をつぶす。見た映画は国分太一さんが主演の落語の映画。彼と自分が微妙にかぶり、いろいろ考えさせながら見てしまいました。いつかもう一度見てみたいなぁ。DVDを買っても良いかな。

気がつくと着陸態勢に。いつもと同じようにスワンナプーム空港に到着。ささっとタイに入国して、荷物をピックアップして、タクシーを捕まえて帰宅。でも、到着はやっぱり1時間ぐらい遅かったかな。さて、明日から平常運転です。頑張らなきゃ。

投稿者 tsuchy : 23:50 | コメント (2)

2007年11月06日

お別れ

本日は、いとじゅんさんとお別れの日。一言、お礼と決意を伝えたくってお通夜に参列させてもらいました。少し遅れて行ったんですが、多くの人が参列されていたようで、いとじゅんさんの人望の厚さが伺えました。お通夜には、懐かしい顔があり、久々に挨拶させてもらう方ばかり。でも、こういう形での再会は悲しいですね。

いとじゅんさんにご挨拶をさせてもらってから、やっぱり気持ちの整理がつかないので一人で帰ろうと思ったものの、今泉と湧川といとじゅんさんを偲びつつご飯を食べることになった。二人が知ってるいとじゅんさんの話、僕の知ってるいとじゅんさんの話、それをお互いに伝えあう。僕の知らなかったいとじゅんさんに触れられた気がしました。一人で帰らなくて良かった。こういうときには思ってること、考えてることを伝えなきゃね。

いとじゅんさん、ゆっくり休んでくださいね。いつの日か天国で良い報告が出来るように頑張ります。

投稿者 tsuchy : 21:43 | コメント (0)

2007年11月05日

三田でお仕事

本日は三田でお仕事。日本に帰ったときは藤沢の近くに宿を取り、藤沢で仕事をするんだけど、今回は藤沢には帰らず三田で仕事をさせてもらうことに。東館とかDMCとかで仕事が出来るかなぁと思って工藤に連絡。冷静になって考えれば部外者を部屋に入れるなんて大変なことだろうに、いろいろ手配してくれてDMCで仕事をさせてもらいました。工藤ちゃん、ありがとう。ただ、いろいろ迷惑をかけるのもなんなので、地下にある三田ITCで仕事をさせてもらうことにしました。実は教員向けに共同で使う部屋が用意されているらしく、そこで仕事が出来るようになっているのです。

晩ご飯は、神田のカープに向かう。本当は昨日行きたかったんだけど、日曜日は定休日なので今日行くことにしたのです。しかし、店の前に行ってがっくり。何でか知らんけど休みでした。あとで聞いたところによると、町内会で旅行だったんだみたいです。想定外…。仕方がないので、神田にある檸檬に行ってみる。ここは僕の送別会をやってもらったところ。懐かしい。もう3年も前の話だ。こん時にはタイ生活が4年目に突入するなんて、想像もしなかったなぁ。

投稿者 tsuchy : 22:33 | コメント (0)

2007年11月04日

沖縄@新宿

昨日の新宿サーベイを元に、買い物をするべく再び新宿ヨドバシカメラに向かう。外付けハードディスク320GBが10800円に加えて20%のポイント還元。実質、8460円。やしーな。とりあえず要不要を考えずに買ってみる。荷物になるが、まぁいいか。

その後、映画を見に行く。約一ヶ月前にサウスバウンドという映画が公開されましたが、それを見に行きたかったのです。沖縄の芸人さんベンビーさんが方言指導+出演されている映画。ポッドキャストで彼の放送を聞いているので、どうしても見に行きたくってしょうがなかったのだ。そんなわけで、映画の内容はそっちのけでベンビーさんを探す僕(^^; ネタバレになると何なので書きませんが、どこで出てきたか見つけられました!

映画は、沖縄ものだと思って期待してたぶん、沖縄のシーンがあんまり出てこなくて拍子抜け。だけど、僕が体験していない学生運動の雰囲気とかわかったりして良かったです。「ナンセーンス!」っていう台詞なんて、昔学生運動をやってた人から聞いて以来で懐かしかったです。

夜ご飯は友達と新宿の沖縄料理屋さんに行きました。映画から引き続いて沖縄シリーズ。久々の沖縄料理、美味しかったです。しかし、食べ過ぎたなぁ。目で頼みすぎてしまいました。

投稿者 tsuchy : 23:23 | コメント (0)

2007年11月03日

A社長

NH916でいつものように成田到着。ラウンジでシャワーを浴びてから京成線で都内へ向かう。今回の宿は門前仲町の東横イン。チェックイン出来ない時間だったので、ホテルに荷物を預かってもらい、とりあえず都内へ出かけることにしました。今回の買い物は、MacOS Xの10.5。新しいやつです。あと、画像処理ソフトが欲しいなぁと思っているところ。洋服もいくつか買って帰りたい。服は、カジュアルなのはエディバウアーで、仕事着はブルックスと何となく決めているので、これらのお店とヨドバシカメラがある新宿へ向かう。お昼ご飯は新宿の船橋屋でかき揚げ丼。以前は美味しかったんだけど、なんだか今ひとつ。せっかく日本に帰って食べたご飯なのに残念。次回から、天ぷらは別のところで食べよう。

プラプラしつつ新宿を徘徊。エディバウアーの近くでクリクリを見つける。クリスピークリームだっけ?正式名称は。あり得ないぐらい人が並んでる。どんだけ美味しいか知らんけど、こんだけ待ってまでは食べたくはないなぁ。ここがタイだったら、ドーナツを買って、それを並んでいる人に転売するタイ人がたくさん出てくるだろうなぁと思ったのは、タイ在住が長すぎる証拠か?! エディバウアーは、当たり前だけど全部冬物に。バンコクで着られる服がないよなぁ。結局、何も買わずにウィンドウショッピングで終了。

夕方、A社長ご夫妻とご飯をご一緒に。鶏料理屋さん、スペイン料理屋さん、お寿司屋さんと三連コンボ。もりもり君です。体重が気になりますが、せっかくの日本滞在、気にしないことにします。もりもり君たち、飲み足りなかったのでA社長の自宅で飲むことになってしまいました。A社長、おくさま、どうもお世話になりました!非常に楽しいひとときをご一緒させてもらいました。また、日本に帰ってきたときには遊んでやってくださいませ!

投稿者 tsuchy : 23:16 | コメント (0)

2007年11月01日

905iシリーズ

DoCoMo的には、僕は未だにSH900iを使ってることになってます。もう3年ぐらい使っていることになっているのかな。でも実際にはSH901iを使っています。DoCoMoがPHSを使っている客に対して利用をやめるなら2万円の金券をあげますっていうのをキャンペーンでやっておりましたが、その2万円を使ってSH901iを契約、即解約。こうしてゲットしたSH901iにSH900iに刺さっていたSIMカードを差し込んで使っておりました。お財布携帯機能が欲しかったのです。タイにいるくせにね。

さて、SH901iですが、海外で使えないという以外の問題はなく、まぁ、それなりに気に入って使っておりました。ただ、この問題を解決したかったので、1年ぐらい前に1万円でL600iをゲット。だけど、このLGの携帯電話が使い物にならない(怒)。結局、DocoMoの電話をタイで受けることはなく、自宅にほったらかしになり、週に一度ぐらい着信履歴とメールをチェックするぐらいの使い方しかしておりませんでした。やっぱり、ちょっと不便。

どうにかならんもんかと思っていたところに、DoCoMoが905iシリーズからタイでも使えるようGSMに対応することを発表した。ついに、DoCoMoも心を入れ替えたか!と小躍り。発表されたのは、ちょうど2ヶ月ぐらい前かなぁ。その心待ちにしていたGSM対応の905iシリーズの詳細が本日発表されました!ん、ずいぶん長い前振りじゃ。

見てみたところ、GSMに対応しているのは、次の8機種だけ。D905i、F905i、N905i、P905i、SH905i、SO905i、N905iμ、SO905iCS。んー、たったこんだけか…。全然、心が入れ替わってない…。しかも、海外では一般的に使われているBluetoothは、想像通りPにしか入ってないし。その上、Pの端末は首が2方向に動くタイプ。こういう可動部分が多い機械は壊れやすいから嫌いなんだよな。しゃーない、Bluetoothはあきらめることに。可動部分の話をすると、D、N、SHあたりしか選択肢がなくなる。SONYの携帯は最初から眼中にありません(苦笑)。こんなかでは、SHかNがいいかなって感じ。11月26日から発売されるらしいですね。年末に日本に帰ったときにでもSH905iかN905iに買い換えることにしましょう。

そうそう。バリュープラン、携帯電話機をあまり買い換えない人はバリュープランあるのみじゃない?友達と一緒にいろいろ計算してみたんだけど、普通のプランを使い続ける理由はないと思いました。つか、今までDoCoMoはいったいどれだけぼったくってたんだ。腹が立ってきます。しかし、通話料を割り引くAUよりも基本料金を割り引くDoCoMoの方が上手にやったと思います。だからといって、AUからDoCoMoに客が流れてくるとは思えんが(苦笑)

投稿者 tsuchy : 23:23 | コメント (0)