« 人生相談 | メイン | ビジネスマン大会 »

2008年06月26日

六本木ヒルズ

会議4日目。今日から会場を都内に移して残り二日間を過ごします。会議は午後からなのですが、藤沢から都内に移動するため、朝早くに例のごとく大型バスで都内へ向かうことに。欠員が出ないように参加者の確認をしつつ...。でも、待てど暮らせどバスが来ない。原因は、バスに湘南台駅南口で待機するようにという指示がでていたからのようでした。湘南台駅には南口なんてないのにね。まぁ、ちょっとしたトラブルはありつつも、無事に雨の中、都内へ向けて移動開始です。

今日の会場は六本木ヒルズ49Fのアカデミーヒルズ。久々に来ましたが、相変わらずすごいところですね、六本木って。田舎者の僕からしたら目がくらむようなところです。会議そのものも無事に終わり、会の運営を手伝ってくれていた学生スタッフさんに感謝です。

その学生さんたちと、お昼ご飯時、レセプションと同じテーブルに座ることがあったのですが、その会話が非常に楽しかったです。やっぱり、若いって良いなぁ。今回手伝ってくださった学生さんは、慶応大学が新しく作った大学院大学メディア・デザイン研究科の学生さんたち。今から18年前、慶応が新しい挑戦として湘南藤沢キャンパスを始めたように、慶応が新たにステップを踏み出す、新しい大学院の登場なんです。そこの一期生である学生さんといろんなお話をしてました。

ランチタイムには、WIDE運動部部長(?)のすぐるさんを交え、ジョギングやダイエットの話で盛り上がり、レセプション時には具体的な研究活動の話や、心構え、考え方など、僕が伝えられることは限られてるけど、僕がWIDEの先輩たちから教わってきて、僕が感じたこと、実践してきたことなんかを色々話しました。

タイに行ってから4年が経ちますが、上手に表現できませんが、こういう感覚ってなかなか味わえてなくって、久々に学生たちと楽しい時間を過ごせました。何が違うんだろう。僕が今勤めるAITにも学生はいるし、学生と話をする機会はたくさんあるんだけど何かが違う。研究の主体が教員側にあるAITと、主体を学生に置こうとする慶応の違いなんだろうか。

投稿者 tsuchy : 2008年06月26日 23:45

コメント