« ジョージブッシュ | メイン | オリンピック »

2008年08月08日

プラーディップ

以前から興味があったアーリー地区のレストラン、プラーディップに行ってきました。ここは、和食とタイ料理のフュージョン系レストランで有名なのです。ただ、僕の行動範囲からかなり離れていることもあり、縁がなかったんだよね。今回は、一緒に行った仲間がお店の常連さんらしく、ここに集まりましょうと言ってきたので出かけてきました。

BTSサナームパオ駅に集合し、タクシーでレストランまで向かったんだけど、ちょっと歩いて行くにはきつい距離。タクシーで行くのが吉。お店はかなり広く、雰囲気も良い。客層はハイソ系タイ人ばかりでした。メニューも日本人向けの和食屋さんよりも若干高めなんだけど、店内は満席。確かにタイ人が好きそうな店作り。成功してるんだろうなぁ。

プラーディップという店名はタイ語で「刺身」という意味なんだけど、仲間がいうにはお刺身はあんまりいけてないので別のものにしましょうとのこと。結局、揚げ春巻き、ピザ、オイスターのカナッペをいただく。ぜんぜん和食じゃないじゃんね(苦笑)

食事をいただきつつ、楽しく話をする。時には先輩風吹かせながら(^^;)

ちょっと店内がエアコンの効きすぎで寒かったってこともあり、僕だけ12時前に撤収。タクシーで帰宅しました。

もう少し便利なところだったらなぁ、また行っても良いのに。タイ人のお友達を見つけたいなら、このお店はおすすめかも!ちょっと和食のメニューもチャレンジしてみたかったので、機会があればまた行ってみることにします。

投稿者 tsuchy : 2008年08月08日 23:45

コメント

あ、懐かしい。最寄り駅はサナームパオよりもアリーじゃないかな?私はアリーから歩いて行っていましたよ。
あのエリア、面白いお店、美味しいお店もあるし、ローカルな雰囲気でもあって、住めば面白いと思っていました。
ちなみに、あたくし、シーロムからその辺までフラメンコを習いに行っていましたよ。
億劫がらずにどんどん探検してみてくださいな。

投稿者 サクライ : 2008年08月09日 19:40

僕もそう思ってたんだけど、タクシーで移動するんだったらUターンが必要ない分、サナームパオの方が便利なんだそうです。僕も引っ越すことがあれば、アリーエリアはありだよな(だじゃれではありません)と思っておりました。

投稿者 tsuchy : 2008年08月10日 07:31

プラー って魚の意味なんですね。
調べたらたまたま「プラーライ(ウナギ)」が出てきましたが、どんな感じで食べるのですか?やっぱりかば焼き。
元気出して頑張りましょう!

投稿者 つねお : 2008年08月11日 07:34

プラー=魚、ディップ=生なので、刺身。
(タイでの)日本の通称が「刺身の国」って…
ウナギは、ドジョウやナマズと同様、鍋物風が激辛ハーブ炒めで食べるイメージがありますが、日本人ならやっぱり蒲焼です!

投稿者 Chompoo : 2008年08月11日 07:58

つねおさん、そうです、魚関係は「プラー」ですね!

Chompooさん、市場でウナギとか売ってるんですか?そしたら、ウナギを割く技術と蒲焼き技術があれば、自分で蒲焼き作れますね!とりあえず、白焼きだけでも良いんだけど!

投稿者 tsuchy : 2008年08月12日 10:49